2009年7月

《 20日 〜 21日 》    リャンガヌーコ湖 & ラグーナ69

    カルアス ⇒ リャンガヌーコ湖 ⇒ ポルタチュエロ・リャンガヌーコ峠 ⇒ ユラクコラル ⇒ ラグーナ69 ⇒ カルアス

  7月20日、青空は見えているが今日も雲が多い天気だ。 冬なので日の出の時間は6時くらいと遅く、気温は日本の秋のような感じだ。 ホテルの朝食は夕食と同様に丁寧な作りで気持ち良い。 今日は高所順応のためワスカランの山麓にあるリャンガヌーコ谷のユラクコラルのキャンプ場(3880m)に車で移動して宿泊し、昼間はさらに車でその先のポルタチュエロ・リャンガヌーコ峠(4767m)まで上がり、そこから歩いて下るハイキングをする予定である。

  カルアスからエージェントの車で幹線道路をユンガイ(2500m)に向かう。 30分足らずで通過したユンガイの町は人口が僅か1200人ということであるが、1970年5月に起きた大地震とそれに誘発されたワスカランの雪崩と土石流により町が全て埋まり、2万人が亡くなるという不幸な歴史を持つ町である。 ユンガイから北東へリャンガヌーコ谷への山道に入る。 道幅は広いが凹凸が激しく、車がマイクロバスのせいもあり激しく揺れる。 乗り物に弱い人は乗ってられないだろう。 雲が多いながらも車窓から双耳峰のワスカランと4つのピークを持つワンドイ(6395m)が見え始め、皆の目が釘付けとなる。 途中2箇所のビューポイントで車を降り、憧れの山と対峙しながら撮影大会となる。 ワスカランは南峰(6768m)と北峰(6664m)との双耳峰であるが、両峰の間のコル(6010m)からの独立度を考えると南峰と北峰は全く別の山であり、麓からの標高差も大きく、ペルー・アンデスの最高峰に相応しい大きな山であることが良く分かった。 途中、国立公園の管理事務所とゲートがあり、@65ソーレス(邦貨で約2000円/1シーズン有効)を支払う。 ワスカラン国立公園は1985年にユネスコ世界遺産に登録された自然の楽園である。 間もなく眼下にリャンガヌーコ湖(チナンコーチャとオルコンコーチャという上下二つの湖に分かれている)という美しい湖が見え、湖畔にある宿泊地のユラクコラルのキャンプ場に着いた。

  広く開放感のある湖畔のキャンプ場には、すでに先行していたエージェントのスタッフにより各人のテントと大きな食堂テントが設営されていた。 ラウルという若いコックが昼食にトゥルーチャ(鱒)のから揚げを作ってくれたが、味付けが日本人好みでとても美味しく、これからの山中での食事に期待が持てた。 パルスの数値は64%しかなかったが、特に何かの症状が出ている訳ではないので気にしないことにする。

  昼食をゆっくり食べ充分休憩した後、高所順応のため再び車に乗り、道路の最高点となるポルタチュエロ・リャンガヌーコ峠(4767m)に向かう。 これまでになく道路は勾配を増し、九十九折れのヘアピンカーブが断続的に続く。 ようやく辿り着いた峠は、凹型に両側の岩壁を粗く削り取って反対側のモロコチャ谷に抜けていた。 ガイドブックによれば、この峠からの展望は素晴らしく、ワンドイ(6935m)、ピスコ(5752m)、チャクララフ(6112m)、ヤナパクチャ(5460m)、チョピカルキ(6354m)、そしてワスカランが一望されると記されていたが、午後になるにつれて天気は悪化し、青空もなくなってしまったばかりか、山々は全て灰色の雲の帽子を被っていた。 高所順応とは言え、せっかくの楽しみがなくなってしまい残念だ。

  峠からは辿ってきた車道とは別に湖畔のキャンプ場の近くまで通じているトレイルがあり、バスを下に返して予定どおりキャンプ場に向けて下る。 小雨がパラつき始め、一時は雪のようなあられとなった。 下りとは言え高所順応が目的なので、意識的にゆっくり歩く。 写真を撮るような景色ではないので、目線は足元の高山植物にいく。 日本にはない高山植物もあり、意外にもルピナスの群生がそこらじゅうに見られた。 約1時間で450mほど下り、先ほどの車道に合流するとエージエントの車が待っていた。 さらに車道を歩いてキャンプ場まで下ることも出来たが、天気も悪いのでここで今日のハイキングは終了となった。

  キャンプ場に戻り食堂テントでお茶を飲みながら寛いでいると、リサというベロニカの高校生の娘が現れた。 学校がインフルエンザのため休校となったので、母親の仕事の手伝い、一段上のキャンプ場にいるアメリカ人のグループの世話をしているとのことだった。 夕食は炒飯や酢豚などの中華料理だった。 コック(コシロネ)のラウルは料理上手のみならず、人一倍研究熱心なようで、その明るいキャラクターも手伝って、滞在中は皆のアイドル的な存在となった。 パルスの数値は80%であったが、時々思い出したかのように軽い頭痛がするだけだったので、順応が比較的遅い私にとってはまずまずの体調だった。


ホテルの朝食


ユンガイ付近の山麓から見たワスカラン( 右が南峰・左が北峰)


ユンガイ付近の山麓から見たワンドイ(西峰)


リャンガヌーコ湖(チナンコーチャ湖)


ユラクコラルのキャンプ場


リャンガヌーコ谷とリャンガヌーコ湖(オルコンコーチャ湖)


ポルタチュエロ・ リャンガヌーコ峠


キャンプ場へ下る


料理上手のラウル


  7月21日、まだ薄暗い6時に洗面器に入ったお湯と暖かい飲み物がスタッフからテントに届けられて驚く。 ポーター(ポルタドール)やロバ(ブーロ)などに依存する一般的なペルーでのトレッキングではこれが基本のスタイルらしい。 パルスの数値は75%とあまり良くないが、頭痛もなくすっきり眠れた。 伊丹さんがだいぶ辛そうだが、毎度のことなので大丈夫だろう。 朝食には少しやわらかいご飯も出され、食べ物には何一つ不自由はない。

  今朝も快晴ではないが、昨日より青空の占める割合は多い。 今日は高所順応のハイキングとしてここからデマンダ谷を遡り、ラグーナ69(4550m)という名の湖まで歩いて往復し、車でカルアスに戻る。 写真で見たラグーナ69は光沢のあるブルーの水を湛えた神秘的な湖だ。 8時前にキャンプ場を出発し車に数分乗ると別のキャンプ場の標識があり、路肩に数台の車が停まっている場所で車を降りる。 U字谷の側壁の上にヒマラヤ襞の発達した荒々しいチャクララフの白い頂稜部が見え、その迫力ある姿に息を呑む。 道路から樹林帯を少し下りデマンダ谷に下り立つと、セボヤパンパという草原が広がり、川沿いにあるキャンプ場には沢山のテントが張られ、ブランカ山群で一番登られている山のピスコとワンドイへのトレイルを示す標識があった。

  キャンプ場を過ぎても草原の中のトレイルは勾配が緩く、時々左手の側壁の背後からワンドイ南峰の尖ったピークが顔を出す。 後ろを振り返ると、全く期待していなかったワスカラン北峰の巨大な山塊が圧倒的な高さで聳え立っていた。 やはり天気が不安定なのか、山頂には笠雲が取り付いていたが、次第に南峰も見えるようになってきた。 今日もあくまで高所順応が目的なので各々のペースで意識的にゆっくり歩く。 車を降りてから1時間半ほど過ぎた辺りで谷が狭まり、トレイルの勾配が増してきた。 氷河から流れ出す滝を擁する大きな岩壁の上にチャクララフを見据えながらジグザグを切って登っていくと小さな池が現れ、そこからはピスコ東峰(5700m)と西峰(5752m)が良く望まれた。 再び勾配のない広い草原の脇をしばらく歩いた後、再び勾配がきつくなったトレイルを30分ほど頑張って登る。 振り返るとヤナパクチャ(5460m)の眺めが良かった。

  モレーンの背に乗るとピスコが次第に近づき、間もなくラグーナ69の鮮やかな青い湖面が目に飛び込んできた。 眼前にはチャクララフがまるで屏風のように屹立し、ピスコが名脇役のようにその絶景を引き立てている。 休む間もなくカメラのシャッターを切り、少しでも良い撮影ポイントを探すため湖畔を奔走する。 10年前に訪れたカナダのロッキー山脈の山奥で数々の神秘的な湖沼を見たが、それに負けるとも劣らないラグーナ69の湖面の美しさにいつまでも感動が覚めやらない。 しばらくすると皆も休憩を終えて動き出し、湖畔で撮影大会となった。

  青空は見えるが天気はそれほど良くなく、湖畔で休憩中にも一時小雪が舞うほどであったが、正午から2時間ほど湖畔に滞在し、後ろ髪を引かれる思いでラグーナ69を後にした。 天気はその後も良くならず、帰路ではもうワスカランは雲で見えなくなっていた。 ラグーナ69から2時間ほどで登山口に戻ると、ちょうどピスコを登られて下山してきたという日本人の男性2人と出会った。 彼らはこれからアルパマヨ(5947m)とキタラフ(6036m)に行かれるとのことだったが、結局今回の滞在中に山中であった日本人はこの方達だけだった。

  登山口で待っていたエージエントの車でカルアスに帰る。 車の揺れは激しかったが、疲れと時差ボケのせいで途中のユンガイまで居眠りをする。 カルアスのホテルには予定より遅く着いたので、外食はやめてホテルで夕食を食べる。 今晩は鶏肉がメインだったが、先日同様センスの良い美味しい料理に舌鼓を打つ。 何となくではあるが酸素の濃さを実感する。

  翌7月22日は予定どおり休養日となったが、平岡さんの提案で午前中の空いている時間に『チャンコス温泉』というこの辺りでは有名な温泉施設に皆で行くことになった。 ホテルから車で数10分のところにあるチャンコス温泉は、外見からはそれが温泉施設なのかどうか分からないような地味な造りで、2ソーレス(邦貨で約60円)の入場料を払って中に入ると、水着を着て入る温水プール、別料金となる洞窟状のサウナ風呂、そして3畳ほどの広さの個室の風呂が20部屋ほどあった。 湯舟に浸かれたのは嬉しかったが、お湯の温度が低かったので、あまり快適な居心地ではなかった。

  昼食は町外れにある田舎風のレストランに行き、その中庭で牛肉のステーキなどを食べる。 明日から向かうイシンカ谷方面には、ウルス(5495m)やランラパルカ(6162m)といった山々が見えたが、イシンカやトクヤラフはそれらの山々に隠されて見えなかった。 夕食は地元の人達で賑わう庶民的な鶏肉料理の店で蒸し焼きの鶏肉を堪能した。


セボヤパンパのキャンプ場


セボヤパンパから見たチャクララフの白い頂稜部


デマンダ谷から見たワスカラン南峰(左)と北峰(右)


デマンダ谷とワスカラン北峰


チャクララフ


小さな池を過ぎるとピスコ東峰が正面に見えるようになる


ヤナパクチャ(左)


ラグーナ69手前のモレーン上から見たピスコ東峰(中)と西峰(左)


神秘的なラグーナ69


ラグーナ69とピスコ東峰(左)


チャクララフ


チャンコス温泉


昼食は町外れにある田舎風のレストランの中庭で牛肉のステーキなどを食べる


イシンカ谷方面の山々 左がウルス(5495m)



夕食は地元の人達で賑わう庶民的な鶏肉料理の店で蒸し焼きの鶏肉を堪能した


B A C K  ←  プロローグ

N E X T  ⇒  イシンカ


2 0 0 9 年    ・    山 行 の 報 告    ・    T O P