2  0  1  2  年     9  月  

《 9日 》    阿弥陀岳

舟山十字路 〜 南稜 〜 阿弥陀岳 〜 御小屋尾根 〜 舟山十字路  (周回)

   直前に天気予報が好転したので、無雪期なら短時間で登れる阿弥陀岳の南稜に山仲間のセッちゃんをお誘いして登った。 偶然にも6年前の夏に行った時と同じメンバーだ。 道の駅『こぶちざわ』に前泊し、翌朝登山口の舟山十字路を4時半過ぎに出発。 まだ周囲は暗く、ヘッドランプを点けて林道を歩く。 立場岳へ続く南稜の末端に上がった所でようやく周囲が明るくなった。 昨今の登山ブームで道は全般的に良く踏まれ、一般登山道と何ら変わりない。 南稜の下部は樹林帯の急登が続くが、ようやく秋を感じさせるような乾いた空気で気持ち良く登れる。 また風も適当にあり、暑さに苛まれることなく立場岳を経て中間点の青ナギを通過する。 眼前の権現岳は緑濃く、まだ夏山の雰囲気が漂っている。 再び樹林帯の急坂をひと登りすると森林限界となり、荒々しい南稜上部の景色が眼前に広がる。 今日は天気が急変したこともあり前後に登山者の影はなく、図らずも南稜は貸し切りとなった。 核心部のP3岩峰のクーロワールはセッちゃんが終始先行し、岩場から草付の斜面を攀じる。 高度感のあるP3岩峰の頂で展望を楽しんでいると、ようやく後続の2人パーティーの姿が見えた。 ほぼ予定どおり9時過ぎに阿弥陀岳の山頂に着く。 タイミング良く、山頂にはまだ2〜3人の登山者しかいなかった。 南アルプスの山々が雲海に浮び、北アルプスの山々や富士山も遠望された。 30分ほど山頂に滞在し、次々と登ってくる登山者と入れ違いに山頂を辞する。 前回は中央稜を下ったが、今日は御小屋尾根を下る。 最初は急だが、樹林帯に入るとカラマツの絨毯が敷かれた癒し系の道となり、登山口の舟山十字路に正午過ぎに戻った。


南稜への取り付き


南稜は全般的に良く踏まれ、一般登山道と何ら変わりない


中間点の青ナギから見た阿弥陀岳


荒々しい南稜上部の景色


P3岩峰


緑濃い権現岳


P3岩峰のクーロワールに取り付くセッちゃん


P3岩峰のクーロワールはセッちゃんが終始先行する


高度感のあるP3岩峰の頂


P3岩峰から指呼の間の山頂へ


山頂直下の岩場


阿弥陀岳の山頂


山頂で寛ぐ


山頂から見た硫黄岳


山頂から見た赤岳


御小屋尾根を下る


カラマツの絨毯が敷かれた癒し系の道


2 0 1 2 年    ・    山 行 の 報 告    ・    T O P