シュヴァルツホルン(2928m)

  8月19日、am6:00起床。 夜中の天気は悪かったものの、今朝は雲もなくなり好天の兆しが見えるが、テレビの天気予報では今日は午後から雨となっている。 明日からの天気も悪そうで、まさに下り坂の様相を呈していた。 当初の予定では、前回の滞在時に曇天のため山頂からの展望が得られなかったシュヴァルツホルン(2928m)への登山を考えていたが、天気が一日もたないようなので、起点となるグローセ・シャイデック(1961m)から天気の状況を見ながら、場合によっては山(シュヴァルツホルン)には登らず、そのままハイキングトレイルをフィルストの展望台に向けて歩き、バッハアルプゼー(湖)周辺のハイキングに切り替えることにした。

  アパートから歩いて5分ほどの所にあるバス停からam8:06の始発のポストバスに乗り、グローセ・シャイデック(峠)へと向かう。 車窓からは依然としてアイガーが良く見え、もしかしたら天気予報が外れるかもしれないとの期待が高まる。 月曜日の朝のせいか、乗客は私達を含めて10人ほどしかおらず、30分ほどで終点のグローセ・シャイデックに着くと、他の乗客はそのまま峠の反対側のマイリンゲン方面へと乗り継ぐのか、誰もフィルストの展望台に向かって歩き始める人はいなかった。 覆い被さるようなヴェッターホルンの巨大な岩壁の基部に位置するユニークな峠からは、グリンデルワルトの町から屏風のように屹立しているアイガーの北壁や、カミソリの刃のような同峰のミッテルレギ(東山稜)が高度感たっぷりに望まれ、順光となるこの時間帯が写真を撮るには最適なため、ここぞとばかりに何枚も同じような構図の写真を撮る。 昨夜降った雨でうっすらと麓から霧が湧き始めているが、まだ上空は青空であり、しばらくの間この絶景を楽しめそうだ。

  今日の目的地であるシュヴァルツホルンは、3000mに迫る山でありながら、山頂までトレイルがつけられている山で、天気さえ良ければ山頂からの素晴らしい展望が約束されている。 フィルストの展望台方面へ向かう起伏の少ない車も通れるような幅の広い砂利道のトレイルをヴェッターホルンを背にして進む。 間もなくグロース・フィーシャーホルンやシュレックホルンの雄姿も見えてきた。もちろんこれから登るシュヴァルツホルンも青空の下に良く見えている。 麓あるいは他の山から眺めた山を登り、またその登った山を麓あるいは他の山から眺めることは、そのどちらもとても嬉しいことだ。 午後からは天気が下り坂ということで、自然と歩くペースも速くなり、30分ほどでシュヴァルツホルンへのトレイルが分岐するオーバーレーガーの小さな山小屋に着いた。 残念ながらグリンデルワルトの谷から湧き上がってくる霧によって周囲の高い山々は次第に呑み込まれていったが、まだ雨の心配は無さそうなので、予定どおり山頂を目指すことにした。

  分岐の標識に従って右に折れると、ここからは牧草地の中を通る山道となった。相変わらず私達の他にシュヴァルツホルンに登るハイカーの姿は見当たらない。 間もなく周囲は深い霧に包まれ、視界は殆ど無くなってしまった。 前回の記憶では、ここから山頂まで2時間半ほどであったが、果して今日は正午まで天気が持ってくれるだろうか?。 歩く人が少ないためか、放牧された大きな牛たちが所々でトレイルを塞いでいるので、迂回しながら登ることもしばしばであった。 霧で視界が遮られているため、トリカブトと大きな野アザミが群生しているトレイルを黙々と登り続け、オーバーレーガーの分岐から1時間少々でフィルストの展望台からのメイントレイルと合流した。 牧草地の中のトレイルは次第に岩屑のアルペンルートに変わり、間もなくシュヴァルツホルンの西尾根の長い鉄梯子を登るバリエーションルートとの分岐点に着いた。 バリエーションルートには先行する3組のパーティーが見えた。前回は雨混じりの天気だったので迷わず一般ルートをとったが、今日も少し雲行きが怪しくなってきたので、やむなく右の一般ルートをとった。

  時々霧が晴れてヴェッターホルンやシュレックホルンも垣間見られたので、何とか天気は持ちそうだと思ったが、間もなく大きな雷鳴が轟くと、やや強い雨が降ってきた。 雨具を着込み傘をさしてしばらく待機し、空を見上げながら進退について悩んでいると、バリエーションルートを登った最初のパーティーが濡れ鼠で下ってきた。 天気の回復の見込みは無さそうだったので、私達も下山しようと思ったところ、不思議と短時間で雨がやんだので、だましだまし山頂まで登り続けることにした。 この状況では今回も山頂からの展望は叶えられないと諦めていたが、山の神の計らいにより山頂直下から周囲の霧が晴れ、山々を覆っていた雨雲も風が運び去り、不思議なくらいの青空となった。

  予定どおり正午過ぎにシュヴァルツホルンの山頂に着き、バリエーションルートを登ってきたヘルメットを被った2組のパーティーと共に良い天気になったことを喜び合った。 予想どおり山頂からの360度の展望は素晴らしく、手の届きそうな所に見えるヴェッターホルンや眼前の4000m峰を眺めながら、1時間ほどゆっくりと寛いだ。 運良く正にピンポイントで一番良い時間帯に山頂に着いたようで、再び雲や霧が山々を覆い始めたので、帰りもバリエーションルートではなく一般ルートで下ることにした。 案の定、30分ほど下ると再び雨が降り出し、今度は次第に雨足が強まっていった。 フィルストの展望台の直下まで下るとようやく雨がやんだので、ゴンドラには乗らず、そのまま1000m下のグリンデルワルトまで幅の広いハイキングトレイルを下ることにした。 さすがにこの辺りは人気のコースで、曇天にもかかわらずハイカーの姿が多い。 雨はやんだもののすでに青空は無く、周囲はモノトーンの世界となったが、時折雲間から見える山並みに一喜一憂しながら2時間ほどでグリンデルワルトに下った。

  メインストリートを散策しながらpm5:00頃にアパートに帰宅し、夕食はスパゲティと生野菜とスープを自炊した。 pm7:50からの詳細な天気予報を見ると、明日以降の悪い天気は変わらず、明日に計画していたゼフィーネンフルゲ(峠)へのハイキングは、明朝の天気予報を見てから決めることにして早々に床に就いた。


グローセ・シャイデックから見たアイガー(右)とメンヒ(左)


グローセ・シャイデックからフィルストの展望台方面へのトレイル    雲の中がシュヴァルツホルン


グリンデルワルトの町から屏風のように屹立しているアイガーの北壁


シュヴァルツホルン(中央)


オーバーレーガー付近から見たヴェッターホルン(左)とシュレックホルン(右)


シュヴァルツホルンの西尾根


長い鉄梯子を登る西尾根のバリエーションルート


シュヴァルツホルンへのノーマルルート


上から見た西尾根(手前)とファウルホルン方面への縦走路


山頂直下の痩せた岩尾根


アイガーを望むシュヴァルツホルンの山頂


山頂から見たヴェッターホルン


山 日 記    ・    T O P