リスカム(4527m)

  1時間後のpm1:00に再びシャモニの駅前で落ち合うことをエルベ氏と約束し、リスカムへ登る準備のためにいったんアパートに帰る。 濡れたジャケット等の衣類を乾かしながら、破れたスパッツの補修や行動食のセットをしているとあっという間に時間が経ち、マクドナルドでハンバーガーと飲み物を買ってシャモニの駅前に急ぐ。 少し遅れて車でやってきた氏と合流し、リスカムのイタリア側の登山口であるスタッフェルに向けて出発した。 氏も準備に時間が掛かったのか、私達同様に車中でパンを頬張っていた。 国境のモン・ブラン・トンネルは良い天気にもかかわらず不思議と全く渋滞はなかった。 トリノ方面に向かう高速道路も空いていたので、この分だとシャモニから2時間半くらいで登山口に着くことが昨年の経験から分かり、ゴンドラの運転時間にもよるが、何とか夕食前には山小屋に着きそうなので安堵した。 車中で妻に先ほどの雪崩の一件のことを詳しく話すと、驚きを超えて私の異常なまでの山への執着心に呆れていた。

  間もなく車窓からグラン・コンバンが大きく望まれた。 今回も是非登りたいと願っていたが、なかなかこの山も登頂の機会に恵まれない山だ。 高速道路の左手の山の斜面の岩肌が剥き出しとなっている所が時折見えたが、エルベ氏からシャモニ(フランス側)で天気が悪い時はこの辺りの岩場をゲレンデとしてよく使っていると教えられた。 サン・マルティンのICで高速道路を降り、つづら折りの山道へと入っていく。 昨年一度通っただけなのに登山口までの道や車窓から見える風景はとても記憶に新しかった。 グレソネイの集落の手前からはリスカムとモンテ・ローザ山塊のピークの一つであるヴァンサン・ピラミッド(4215m)が雲一つ無い青空の下に大きく望まれ、昨夏の想い出が鮮明に蘇ってきた。

  pm3:15、シャモニから僅か2時間15分でゴンドラの発着場のあるスタッフェル(1818m)に着いた。 急いでシャモニから駆けつけたにもかかわらず、すでに観光のハイシーズンは終わり、昨年同様ゴンドラの発車時間まで1時間以上待たされることとなった。 ゴンドラを待つ間、妻がエルベ氏にヘルメットの使用の有無を訊ねたところ、山小屋までなら(明日リスカムに登らない人は)必要ないと言われたので、初めて明日のリスカム登山がガイドと1対2でないことが分かり、さすがの妻もがっかりしていた。 結局今回も私のサポート役になってしまった妻は、可愛そうに今シーズンは一度もピークを踏むことなく終わってしまった。

  pm4:30発のゴンドラに乗り、中間駅で一回乗り換えてpm4:50に終点のサラティバス(2971m)から山道を歩き始める。 夏のアルプスでは日没がpm8:00過ぎのため陽はまだ高いが、これから上に向かって登っていく人は皆無である。 雪の混じったトレイルを黙々と登り続け、途中ストレンベルク(3202m)というピークを越えてからいったん下り、再び登り返してちょうど1時間でアラーニャからのロープウェイが上がってくるプンタ・インドレインの駅(3260m)に着いた。 水分を補給しただけで休まずにまた黙々と山小屋を目指して登り続けるが、トレイルを覆う積雪は昨年よりも多い感じがする。 明日のリスカムは大丈夫だろうかと少し心配になる。 意外にも氏から今日泊まる山小屋は昨年泊まったニフェッティ小屋(3647m)ではなく下のマントヴァ小屋(3498m)だと告げられる。 ニフェッティ小屋だと到着がpm7:00を過ぎてしまうからであろう。 昨年地元のガイドのジジ氏がマントヴァ小屋の方が空いていて食事も旨いと言ってたことを思い出す。 今日は楽だが明日の山頂アタックに30分ほど余計に時間がかかるのが玉にキズだ。 ニフェッティ小屋との分岐を右に見送り、いったん少し下った後、岩屑の中のトレイルを右に回り込むように登っていくと頭上に山小屋が見えた。

  pm6:50、途中休憩もなく登り続けたので、サラティバスからちょうど2時間で今日の宿泊地であるマントヴァ小屋に着いた。 こぢんまりとしているが、周囲の景観にもマッチした石造りのなかなか良い雰囲気のする山小屋であった。 入口の扉を開けて中に入ると、すでに1階の食堂では夕食が始まっていた。 ニフェッティ小屋とは違い空いているだろうと予想していたが、食堂は宿泊客で溢れ返っていたので驚いた。 宿泊の受付後にエルベ氏に案内されて3階の寝室に行くと、私達と同様に1回目の夕食にあぶれた人達が結構多くいて、週末の日本の山小屋のような賑わいであった。 さすがに国内最高峰のモンテ・ローザの人気はとても高いことをあらためて認識させられた。 1時間以上も待たされ、ようやく2回目の夕食の準備が整い食堂に行く。 前菜は具が沢山入ったミネストローネ(スープ)とボロネーゼ(フィットチーネ)の選択だったので妻と一つずつ選んで分け合った。 エルベ氏は食前にビールを飲んでからお決まりのワインへと続き、私にも良く眠れるからと勧めてくれた。 メインディッシュは温野菜の盛り合わせとカレー風味の羊の肉でまずまずのメニューであったが、ボロネーゼ以外は味付けが濃く、お腹一杯食べる気にはなれなかった。 夕食を食べ終わるとすぐに氏は調理場に行き、明日の朝食の時間を1時間ほど繰り上げるように交渉していたが、am4:30前には用意が出来ないとのことで、「イタリアだから仕方がないか!」と呆れ顔で不満げに私達に愚痴をこぼした。 結局明日はam4:00に起床し、準備が出来次第出発することとなった。 氏からの情報によれば、リスカムは最近登られているようなので、天気さえ悪くなければ登頂は多分大丈夫とのことであった。 就寝前に外のトイレに行くと、モン・ブランの方角の空がちょうど夕焼けに染まっていたので、明日も今日と同じ晴天になることを確信した。 大部屋となっている寝室はマナーは守られているものの、人が多いため色々な雑音があちこちで発生していたが、今朝はam2:00から起きて活動していたので、すぐに深い眠りに落ちた。


クールメイユール付近から見たダン・デュ・ジェアン(中央の岩塔)とロシュフォール稜(右)


アオスタ付近から見たグラン・コンバン


グレソネイ付近から見たリスカム(中央)


ゴンドラの起点のスタッフェルから見たカストール(中央)


マントヴァ小屋へのトレイルから見上げたヴァンサン・ピラミッド(右)とリスカム(左)


マントヴァ小屋へのトレイル


マントヴァ小屋


マントヴァ小屋から見たリスカム


夕食のメインディッシュのカレー風味の羊の肉


マントヴァ小屋から見た夕焼けのモン・ブラン


  9月1日、am3:30起床。 大部屋の寝室は静まり返り、まだ誰も出発の準備をしている人はいない。 外のトイレに行くためにヘッドランプを点けて階下に下りていくと、食堂もまだ真っ暗で朝食の用意もまだされていなかった。 ありがたいことに空は満天の星空であり、目を凝らすとリスカムの黒いシルエットが微かに浮かんでいる。 体調も万全であり、体を早く起こすために準備運動をしながら昨夏涙を飲んだ憧れの頂に思いを馳せる。 誰もいない食堂で身支度を整えていると、今回も留守番役になってしまった妻も起きてきた。 am4:00過ぎに調理場の明かりが灯り、配膳カウンターの横のテーブルにパンやシリアルと飲み物が並べられた。 間もなくエルベ氏も食堂に現れたが、案の定これだけ大勢(多分100人位)の宿泊客の中で今日リスカムを登るのは私だけ(リスカムを登る人は上のニフェッティ小屋に泊まる)のようで、昨夜の夕食時の喧騒が嘘のような静けさであった。

  am4:50、妻に見送られて山小屋を出発。 暗闇の中、上方にニフェッティ小屋の灯が小さく見えるのが何とも不思議な光景だ。 5分ほど岩混じりのトレイルを登った所でアイゼンを着けてアンザイレンする。 遙か眼下の麓の町の夜景がとても綺麗だ。 雪が良く締まっているためアイゼンが良く利いて快適であるが、出発時間がエルベ氏の予定よりも遅かったせいかペースは昨日のように遅くはなかった。 山小屋を出発してから30分足らずでニフェッティ小屋からの明瞭なトレイルと合流すると、しばらくの間は傾斜は殆ど無くなり、逆に氏のペースはとてもゆっくりとなった。 すでにニフェッティ小屋から出発した先行パーティーのヘッドランプの灯火が上方で揺れている。 果してリスカムに向かうパーティーなのであろうか?。 昨年同様大勢の登山者によって踏み固められられたトレイルは明瞭でとても安定している。 傾斜は徐々に強まっていくが、この先のトレイルの状況もまだ記憶に新しく、また氏のペースも依然としてゆっくりなのでとても快適だ。 間もなく背後から勇ましい足音が近づき、若い二人組のパーティーが勢い良く傍らを追い越していったが、氏は彼らのペースに惑わされることなく、依然としてゆっくりではあるが休まずに私を導いていく。 傾斜がさらに一段強まると、トレイルはクレバス帯へと入った。 周囲がようやく白み始めてくると、何故か氏のペースも次第に早まっていった。 自分としては少しオーバーペース気味であったが、リスカムをリクエストした本人がのっけから弱音を吐いていたのでは情けないので、一生懸命氏のペースについていく。 今日は今シーズン最後の登山であり、もうあと数時間で憧れの山の頂に立つことが出来るのだからここは何とか頑張るしかない。 傾斜が緩くなるモンテ・ローザとのトレイルの分岐までの辛抱だ。

  左奥にあるモン・ブラン山群の山々や背後のグラン・パラディゾが淡いピンク色に染まり始め、荒い息づかいとは対照的にアルプスのドラマチックな夜明けのシーンが静かに進行している。 ヘッドランプも不要となった。 エルベ氏は人が変わったかのようにさらにグイグイと私を引っ張り続け、とうとう先ほど追い越していった若い二人組のパーティーに追いつき、今度は彼らを追い越してしまった。 酸欠で視野狭窄にでもなったのか、何となく目が霞んでくるような感じがする。 まるで肩で息をするような状態で呼吸を乱しながら登り続け、am6:30過ぎにようやくモンテ・ローザとのトレイルの分岐に着いた。 正面に見え始めたデュフールシュピッツェ(4634m)やツムシュタインシュピッツェ(4563m)の頂稜部が記憶に新しい。 高度計の数字は4000mを少し超え、山頂までの標高差の半分ほどを稼いだが、核心部のナイフエッジの雪稜を待たずにすでに全身の疲労感が激しい。 酸欠で注意が散漫になり、テルモスをザックから取り出すため不用意にスキー手袋を外して地面に置いてしまったところ、突然ちょっとした風が吹き、スルスルと手袋が斜面を滑っていった。 ザイルが邪魔ですぐに追いかけることが出来なかったので、手袋は20mほど先の雪庇の向こうに消えていった。 エルベ氏が「クレイジー(何たることだ)!」と叫んだが、予備に持っていたオーバー手袋を氏に見せると妙に感心していた。 行動食を頬張りながら写真を撮ろうとしたが、寒さでバッテリーが作動せずとても悔しかった。 上方のリスヨッホからリスカムのナイフエッジの雪稜に取り付こうとしている最初のパーティーの姿が豆粒ほどの大きさに見えたので安堵したが、彼らが途中で引き返してこないことを祈った。 「ペースが速かったら申し出て下さい」と氏が遅ればせながら言ったので、やはり途中から意識的にペースを上げたことが分かった。

  しばらく休憩した後、リスヨッホに向けてトレイルを左に折れたが、こちらの踏み跡は薄く、間もなく膝下のラッセルとなった。新雪に足を取られるとすぐに息が上がってしまい、疲労はますます蓄積されていった。 私達の辿る雪稜にはすでに3〜4パーティーが取り付いているのが見えたが、このトレイルの状況から見て、どうやら先行のパーティーはニフェッティ小屋からではなくジグナールクッペ(4554m)の頂に建つアルプス最高所の山小屋であるマルゲリータ小屋から出発したようであった。 勾配は緩いがすでに体は酸欠状態であるため、何とかごまかしながら足を上へ運ぶ。 間もなくモンテ・ローザとリスカムを繋ぐ稜線の鞍部であるリスヨッホ(4151m)に着くと氏は再び足を止めた。 ザイルを氷河の登高用から雪稜の登攀用に短くセットするためだ。 眼前には爽やかな青空を背景に急峻なナイフエッジの純白の雪稜が朝陽に照らされて輝き、先行パーティーの一筋のトレイルがその稜上に明瞭に刻まれていた。 スイスとの国境となるリスヨッホからはヴァイスホルンを筆頭にヴァリス山群の山々が望まれ、風も弱く登頂の可能性はにわかに高まった。 登り始める直前で待望のご来光となり、暖かな陽射しが背中に当たる。

  am7:30、いよいよ核心部のナイフエッジの雪稜の登りにかかる。 階段上につけられた先行パーティーのトレイルは今日のものだけではなく、昨日登ったパーティーの踏み跡を拡幅しているような感じであった。 見た目よりも痩せた雪稜の両側の傾斜はきつく、滑落したら自分では止めることは出来ない。 なるほど今日は天気もトレイルも安定しているが、もしそうでなければガイドと1対2のコンティニュアスでは登れ(下れ)ないだろう。 刺激的な雪稜はまだ雪が締まっている時間帯なので、登りに関しては全く問題は無かった。 問題なのは私の体の方であった。エルベ氏のペースは先ほどより遅くなり、私にとっても普通のペースであったが、まるで高所登山のように足が重く、すぐに息が切れる。 再び肩で息をしながら景色を愛でる余裕もなくただ夢中で氏の背中を追いかける。

  リスヨッホから20分ほどで200m近くの標高差を駆け上がり、いわゆる“肩”の部分に辿り着いた。 それまで見えなかった山頂方面の展望が一気に開け、山小屋や途中のトレイルから見上げた頂稜部の印象とはまるで違うスケールの大きさに思わず息を飲んだ。 高度計の数字から山頂までの標高差はもう200m足らずのはずだが、その頂はまだ遙か遠くに見えた。 エルベ氏に写真を撮りたいというリクエストをしたところ快諾されたが、その実はバテていたのでほんの僅かでも休みたかったのである。 足下のグレンツ氷河の流れていく先に、ダン・ブランシュ、オーバーガーベルホルン、ツィナールロートホルン、ヴァイスホルンのカルテットが頭を揃え、まるでギャラリーのように私達を見守っているかのようだった。 振り返ると後続のパーティーの姿は見えなかった。私達が殿(しんがり)なのであろうか?。

  肩の部分からは相変わらず痩せた吊り尾根を小刻みに登り下りしながら進み、頂稜部に向けての最後の登りでは尾根は少し広くなり、左に発達した雪庇を避けるように尾根の少し右下にトレイルが刻まれていた。 すでに先頭のパーティーが山頂に到着しているのが見え、次のパーティーがいる位置でルートの状況も良く分かる。 私達もあと30分ほどで山頂に辿り着きそうであった。 登頂を確信し、いつもであれば小躍りしたくなるような心境であったが、今はそんな気持ちさえ起こらないほど足取りが重い。 グランド・ジョラスの時はまだ高所に順応していなかったので仕方がないが、今日は充分に順応しているはずだから本当に情けない。 酸欠のため筋肉の疲労が全く回復していなことが分かり、日頃のトレーニング不足を痛感した。 エルベ氏と繋がれたザイルは張りっぱなしでたわむことはなく、私の不調を察知した氏が時々心配して振り返る。 “こんなことではヴェルトにはとても登れないぞ”と自らに檄を飛ばすが、私のぺースはますます遅くなる一方であった。

  純白のトレイルに岩が混じり始め、指呼の間に人影が見えた。 登頂の喜びよりも、ようやくこの苦しさから解放されるのかという安堵感が先に立っていた。 間もなく錆びた古い十字架が見え、二人組のパーティーがその傍らで寛いでいた。 そこは山頂の僅かに手前の岩場で、山頂(東峰)はさらに5mほど上の雪庇の上であった。 後ろからエルベ氏を確保しながらちょっとした岩を攀じり、am8:40に憧れのリスカム(4527m)の頂に辿り着いた。 山小屋を出発してから4時間足らずであったが、予想に反して辛くて苦しい登高だった。 「メルスィー・ボクー!、サンキュー・ベリー・マッチ!」。 私の強引なリクエストに快く応じてくれたエルベ氏と固い握手を交わし、言葉が足りない分は体全体で感謝の気持ちを伝えた。『ジルバー・バスト(白銀の鞍)』という別名どおり、雪庇の発達した長大なうねるような稜上にはまだトレイルが続き、先行パーティーが西峰(4479m)を目指している姿が見えた。 雪稜は西峰を境に標高をぐっと下げ、カストール、ポリュックス、ブライトホルンの頂がその先に続き、このまま下り基調に縦走を続けていきたい気持ちに駆られたが、幸か不幸か体はもう言うことを聞かなかった。 初めから計画と打ち合わせをしておけば、昨年ガイドのジジ氏が言ってたとおり西峰に縦走した後、クィンティノ・セラ小屋を経由して登山口のスタッフェルに下りる周回ルートを辿ることも可能であったことだろう。 しかしながらモンテ・ローザ同様、ゴルナーグラートの展望台から何度も仰ぎ見た遙かなる高嶺の頂に辿り着けた喜びは格別であった。 雲一つ無い快晴の空の下、モン・ブラン、モンテ・ローザに続きアルプスで三番目の標高を誇る山頂からは、眼前に対峙するモンテ・ローザの主峰のデュフールシュピッツェや今年も厚く雪化粧したマッターホルンとダン・ブランシュ、オーバーガーベルホルン、ツィナールロートホルン、ヴァイスホルンの岩峰のカルテットのみならず、ドムの背後に遠望されるベルナー・オーバーラントの山々やモン・ブラン山群の山々までくまなく見渡すことが出来た。 氏とお互いの記念写真を撮り合った後、大展望に歓喜しながら何枚も同じような構図の写真を撮りまくり、昨日の雪崩の悪夢も忘れさせてくれるような至福の時を過ごした。

  10分ほど経過したであろうか、行動食を食べようとザックを下ろしたところ、意外にもエルベ氏から「少し風が出てきたので、下(リスヨッホ)で休みましょう」と下山を促された。 天気に恵まれたこの展望の頂にもう少し留まりたかったが、昨日の雪崩の教訓を生かして素直に氏の指示に従うことにし、僅か10数分ほどでほろ苦い想い出の山頂を辞した。 いつの間にか高くなっていた太陽の暖かな陽射しをまともに浴びている雪稜の雪は緩み始め、まだアイゼンの爪は利くが、もうしばらくするとコンティニュアスでスピーディーに下るには難しくなりそうであった。 ピッケルをしっかりと打ち込みながら慎重に下るが、安全と思われる所ではその都度氏に声を掛け、立ち止まって写真を撮らせてもらう。 途中ガイドレスと思われる2組のパーティーとすれ違ったが、結局今日リスカムを登ったのは私達を含めて6〜7パーティーであった。

  純白の大海原(氷河)に島のように浮かぶモンテ・ローザの衛星峰を正面に見据えながら、高度感たっぷりの刺激的な雪稜を休まずに下り続け、山頂から50分ほどで雪稜への取り付きであるリスヨッホに無事下山した。 登りでは気が付かなかったが、無数のシュカブラが純白の氷河のキャンバスに芸術的な幾何学模様を描いていた。 先ほど一旦強まった風も収まり、氷河上は照り返しで暑くなってきた。 ジャケットを脱ぎ、今は有り難みを感じない熱い紅茶を一気に飲み干した。 憧れのヴァイスホルンを眺めながら行動食を頬張る。 ヴェルト同様、あの山の頂にも何としても立ちたいものだ。 しばらく休憩した後、朝方ラッセルした自分たちの踏み跡を辿り、モンテ・ローザへのトレイルの分岐に向かう。 分岐に近づくと一人の小柄な登山者が佇んでいる姿が見え、間もなくそれが妻であることが分かった。 内心はとても嬉しかったが、いくら易しいルートとは言え単独で氷河を登ることはアルプスの山では非常識とみなされ、エルベ氏の手前もあるので、気持ちとは裏腹に妻を叱らざるを得なかった。 案の定氏も「クレイジー!」と叫び、軽率な妻の行動に驚いていたが、山(頂)に対するこだわりがない妻にとっても今シーズンはいつも私の留守番役でストレスが溜まっていたのであろう。 早速氏が妻をザイルの中間に繋ぎ、3人で山小屋まで下山することになった。

  ニフェッティ小屋を過ぎてル−ト上からクレバスの危険がなくなった所でザイルが解かれ、am11:15にマントヴァ小屋に到着。 モンテ・ローザに登る登山客を送り出した山小屋は昨日の賑わいが嘘のようにガランとしていた。 エルベ氏と再び固い握手を交わしてお礼を述べ、早速ビールを勧めた。 昨日同様今日も雲一つない快晴の天気が続き、山小屋のテラスで祝杯を上げながらリスカムを眺めて登頂の余韻に浸る。 ゆっくりとランチを食べ、お昼寝でもしていきたい気分であったが、pm1:30からのゴンドラの運行時間に合わせて下山したいという氏の希望もあり、昼食は麓の町でとることにして正午に想い出の山小屋を後にした。 昨日同様途中のプンタ・インドレインで休むことなく一気に山を下り、ゴンドラ乗場のサラティバスまで1時間半ほどで着き、ゴンドラを乗り継いで登山口のスタッフェルにはpm2:00前に着いた。 スタッフェルを車で出発して間もなく、グレソネイという小さな町のレストランで久々にゆっくりと食事をとり、氏と拙い英語で山の話に花を咲かせたが、何といっても一番の話題はやはり昨日の雪崩の一件であり、氏も運命を共にすることになったかもしれなかった私とは何か特別な縁を感じているとのことであった。

  昼食後、モンテ・ローザの銀嶺に見送られてサン・マルティンのICから高速道路に入る。 このまま順調に行けばあと1時間ほどでシャモニに戻れるはずであったが、グランド・ジョラスやロシュフォール山稜を仰ぎ見るクールマイユールの町を過ぎた所でモン・ブラン・トンネルの渋滞につかまってしまった。 道路脇には『ここから1時間、〜45分、〜30分』といった標識が見られ、慢性的に渋滞することを示唆していた。 1時間ほど渋滞にはまり、ようやくトンネルを通過すると、反対(フランス)側の出口付近には大型のトラックが横転しており、この渋滞の原因を作っていたことが分かった。 結局シャモニにはpm6:00に着き、エルベ氏に30ユーロのチップを手渡し、再会を誓い合って別れた。 神田さんの携帯に電話を入れ、リスカムの登頂報告と明日の行動予定を伝えると、明日の朝に滞在費用とガイド料の精算にアパートまで来て下さるとのことであった。 アパートに戻ってシャワーを浴びてから帰国のための荷物の整理を行い、シャモニでの最後の夕食を『さつき』に食べに行った。 若松さんの下山予定は明日だったので、念のため携帯に電話をしてみたが、残念ながら繋がらなかった。


妻に見送られてエルベ氏と山小屋を出発する


モルゲンロートに染まり始めるモン・ブラン


グラン・パラディゾ


モンテ・ローザとリスカムを繋ぐ稜線の鞍部でスイスとの国境となるリスヨッホ


リスヨッホからリスカムの“肩”の部分へナイフエッジの雪稜を登る


“肩”の部分を越えた先から見た山頂


“肩”の部分を越えた先から振り返り見た“肩”の部分


リスカムの山頂


リスカムの山頂から見たモンテ・ローザの主峰のデュフールシュピッツェ


リスカムの山頂から見たモンテ・ローザの衛星峰


リスカムの山頂から見たヴァイスホルン


リスカムの山頂から見たリスカム西峰(右手前)とマッターホルン(中央奥)


リスカムの山頂から見たドム


山頂からナイフエッジの雪稜を下る


リスヨッホから見たデュフールシュピッツェ(中央)とツムシュタインシュピッツェ(右)


モンテ・ローザへのトレイルの分岐から見たリスカム


モンテ・ローザへのトレイルを単独で登ってきた妻をザイルで結ぶ


昨日の賑わいが嘘のように静かなマントヴァ小屋


マントヴァ小屋のテラスでエルベ氏と祝杯を上げる


マントヴァ小屋から見たリスカム


プンタ・インドレインを経てサラティバスへ下る


クールマイユールの町から仰ぎ見たグランド・ジョラス


山 日 記    ・    T O P