レ・ドロワット(4000m)

  8月30日、am7:00起床。 夜明け前にようやく雨は上がったが、まだ黒い雲が空に残っている。 幸いにも天気の目安となるグーテ稜が微かに見えているので安堵した。 空模様に一喜一憂するのは本当に登山よりも疲れる。 昨日よりも更に気温は下がり、部屋の中にいても寒く感じる。 朝食後山の家へ天気予報の確認に行く。 時々町中やスネルスポーツで見かけていた二人の日本人の若者と天気予報の掲示板の前で出合う。 彼らの旅の話を伺うと、私達とほぼ同時期にスイスに来られガイドレスでマッターホルンを目指されたが、同峰が降雪で登れないためシャモニに転進し、ダン・デュ・ジェアンに目標を変えたが、こちらもコンディションが悪いようで、仕方なく明日モン・ブランを登られて帰国されるとのことであり、お互いの最後のチャンスへの健闘を祈念し合った。 天気予報は昨日のものと変わらなかったが、明日の最高気温は標高1500mで0度、3800m〜4800mでマイナス10度とのことで、この時期にしてはかなり寒い感じであった。am9:30にスネルスポーツで神田さんとエルベ氏を交えて最終打ち合わせを行う。 とりあえず明日からは天気が良いので、予定どおりドロワットを再び登ることに決定し、前回より1時間遅いpm1:00発の登山電車でモンタンヴェールに向かうことになった。

  昼食後に今回もまたサポート役となる妻と共にアパートを出発。 約束の時間にエルベ氏とシャモニの駅前で落ち合い、すぐに入線してきた登山電車に乗り込む。 前回よりも少し天気が良いので乗客も多い。 樹林帯を抜けるまで車窓からは目新しい景色もないので、しばらく目を閉じて電車に揺られていく。 20分ほどでモンタンヴェールに到着。 前回にも増してドリュの岩峰は新雪で真っ白に染まり、陽光に暖められて雪煙をなびかせていた。 メール・ド・グラスに下る鉄梯子の所で昨夜クーヴェルクル小屋に泊まり、今日下ってこられたという日本人のハイキングのグループと出会った。 リーダーらしき方の話では、山小屋の周辺の降雪は僅かであるとのことであった。 雪が少ないとヴェルトの登攀ルートであるウインパー・クーロワールは登れないし、逆に多いとドロワットには登れないし、いったい今回のリベンジにはどのような結末が待っているのであろうか?。 今日も氷河上はトレーニングをする人達で賑わっていた。

  取り付きからはエルベ氏の判断でアイゼンを着けずに氷河を辿る。 午後の出発であったが、空にはまだ厚い雲が残り、歩くには涼しくて快適であった。 短期間にこの氷河(クーヴェルクル小屋)を2回も往復した日本人はそうはいないだろう。 今日は雲間から時々ジョラスの頂や周囲の針峰が望まれ、退屈な氷河歩きを救ってくれる。 氏はモレーン上の目印のドラム缶を見送り、さらに氷河を詰めた先からモレーンに上がったため、その後のルートファインディングには苦労した。 一昨日往復したルートなので、私達の方が良く分かっているようだった。 氷河を離れ、絶壁に取り付けられた211段の鉄梯子を登るとようやく青空が広がり始め、眼前に神々しいジョラスの北壁が望まれた。

  pm5:00に山小屋に到着。 宿泊客は前回よりも多く20人ほどであったが、どうやらまた私達以外には山を登る人はいないようだった。 一昨日ここで同宿したドイツ人のパーティーと再会したので彼らに話を伺ってみると、ハイキングではなくこの周辺の水晶を採りに来られたようであった。 夕食の時間まで食堂の暖かい薪ストーブの傍らで寛ぐ。エルベ氏はルートの下見に行かれたのか、あるいは昼寝をされているのか、夕食の時間まで食堂には現れなかった。 前回と同じく山小屋の夕食は今日も大変美味しかった。 コンソメスープとチーズの前菜は前回と同じで、メインディッシュはマカロニサラダが添えられた豚肉のピカタ(トンカツ)であり、肉も柔らかくまたお代わりも自由であった。

  夕食後エルベ氏と片言の英語でしばらく歓談する。 氏は53歳で、ジュネーヴの近郊の町でスポーツ用品店を奥様と共に営まれ、夏のシーズン中だけ山のガイドをされているとのことであった。 残念ながら日本には来られたことはないとのことであったが、クリストフ氏と同様に世界の山々、特に高い山に興味を持たれ、エベレスト(南西稜)を始め、ガッシャーブルムII峰(8035m)、ガウリサンカール(7134m)といったヒマラヤの難峰を登られたことがあるという一方、アラスカのマッキンリーやエクアドルのチンボラッソやコトパクシといった各国を代表するような名山にも興味があり、登られたことがあるとのことであった。 氏から明日は前回よりも1時間早いam2:00に起床し、準備が出来次第出発しますとの指示があった。


ドロワットを目指して再度メール・ド・グラスを辿る


クーヴェルクル小屋の手前にいたマーモット


クーヴェルクル小屋から見たグランド・ジョラス


夕食のメインディシュの豚肉のピカタ(トンカツ)


  8月31日、am2:00起床。 朝というよりはまだ夜中という感じであるが、昨夜は夕食をお腹一杯食べて8時過ぎには寝たので、眠さは全く感じない。 妻の話では隣室の宿泊客が消灯後もうるさかったので、エルベ氏がわざわざ注意しに行ったとのことであった。 3日前の朝と全く同じ要領で朝食を済ませ、手際良く身支度を整えてam2:45に妻に見送られて山小屋を出発。 前回と同じように満天の星空であったが、ずっと不安定な天候が続いているので今回も全く安心は出来ない。 ヘッドランプの灯を頼りに小さなケルンを探しながら分かりづらいタレーフル氷河への下降路を模索するが、3日前にここを辿った私の方が氏よりもルートが分かっているようで、前回に増して岩場を強引に下ることが多かった。

  タレーフル氷河に降り立つと風は多少あったが気になるほどではなかった。 前回に比べて雪の量はそれほど多くなく、せいぜい新雪が10cmほど積もったような感じであった。 この程度の雪の量ではとうてい明日予定しているヴェルトのウインパー・クーロワールは雪で埋まらないだろう。 堆積している大小の岩も雪で大分埋まり、氷河上は前回に比べて歩き易くなっていた。 まだ周囲が暗いせいかエルベ氏のペースは遅く、アプローチの歩行は全く快適そのものである。 40分ほどで目印の大岩があり、今回もその傍らでアイゼンを着けてアンザイレンする。 まだam4:00であり、グランド・ジョラス同様に山頂までの長い道のりが予感される。

  しばらくすると傾斜が徐々に強まり、3000mを越えた辺りからは新雪の量が目に見えて増えてきた。 これならウインパー・クーロワールが雪で埋まっているかもしれないという期待が湧いてくる。 3日前に往復しているとは言え、周囲はまだ真っ暗なため正確なルートの状況は分からないが、前回の最終到達地点である稜線のコル付近からクリストフ氏が下降に使ったルートを登っているような気がした。 今日もトレイルは皆無であり、また他に登るパーティーもいないため、登頂の成否は全く予想がつかない。 登るにつれて新雪の量は多くなり、先頭のエルベ氏は膝下くらいのラッセルとなったばかりか、後ろの私も脆い雪に足を取られ、とても登りにくくなった。 一人でラッセルを強いられている氏のスピードは当然のことながらさらに遅くなった。 前回より1時間早出をしたのはこのためだったのだろう。 幸か不幸かクレバスの存在も全く分からない状況である。 新雪が深いと斜面の傾斜がさらにきつく感じられる。 前回は鼻歌交じりであった氷河の登高も今日は体力の消耗が著しい。 常に先頭でラッセルをしなければならない氏はなおさらのことであろう。 ダイアモンド・ダストのような細かい雪が目の前をチラつき始め、ヘッドランプの灯火に照らされてキラキラと輝く。 幻想的な光景に思わず嬉しくなるが、天気のことが心配になる。 空を見上げるとまだ星が見えていたので安堵したが、この雪が上空の強い風によって運ばれてきたものだとは思いもよらなかった。 新雪はさらに深まり、所々の吹き溜まりではセカンドの私でさえも足の付け根までもぐることもしばしばであった。 ふと“深雪のためまた登れないのでは・・・?”という不安が頭をよぎった。 高度計を見るとすでに前回到達した地点付近まで登ってきていることが分かった。 あと1時間もすれば稜線のコルに出られるはずだ。 相変わらずサラサラと細かい雪が舞い続けていたが、この雪がその直後に襲ってきた雪崩の前兆だったとは知る由もなかった。

  突然得体の知れぬ強烈な圧力が前方から襲いかかり、まるで後ろからも引っ張られるように勢い良く吹き飛ばされた。 暗闇の中、余りにも唐突にそれが襲いかかってきたので、それが雪崩だと認識するには数秒の時間を要した。 そしてそれが雪崩だと分かった次の瞬間、4か月前のGWに妻とスキーで行った針ノ木岳で悪天候のため雪渓を引き返した時に出会った若い男性と4人パーティーの内の2人の女性が私達と別れた直後に雪崩に遭って亡なられた不幸な事故のことが真っ先に頭に思い浮かんだ。 次の瞬間雪崩は体全身を強く圧迫し、呼吸を止められ、足がもぎ取られそうになった。 “あゝ私も彼らと同じような運命を辿るのか、彼らもこうして死んでいったのだ・・・”。 体の自由が全く利かなくなり、死がいよいよ現実のものとなってきたことを自覚したが、生への唯一の希望があった。 それは氏と結んだザイルであった。 このままどんなに流されようとも雪崩は傾斜の緩やかなところで止まり、何かに激突する心配はないので、どちらか一人が雪崩に埋まっていなければ助かる(助けられる)可能性はある。 体を浮かせる努力をして雪崩の表面に出れればしめたものだが、自然の猛威に対してそんな器用なことは到底出来ず、なすがままに身を任せるしかなかった。 いちばん辛かったのは呼吸が出来ないことだった。 呼吸が出来れば恐怖感はかなり緩和されたことだろう。

  どの位の時間が経過したであろうか?。 雪崩に揉まれている間はとても長く感じられたが、それはせいぜい20秒前後であっただろう。 突然再び強い衝撃が全身に加わると同時に体が急に軽くなった。 周囲が暗いため先ほど雪崩が襲ってきた瞬間と同じように、現状を認識するのに数秒の時間を要した。 冷静さを取り戻して我に帰ると、大きな雪のブロックを跨ぐ恰好で座っていることが分かった。 助かった!!!。 呼吸が出来ない恐怖感からも解放され、例えようのない嬉しさと安堵感がこみ上げてきた。 それは正に九死に一生の出来事であった。 幸運なことに目出帽の下にしていた眼鏡とヘッドランプは無くさなかったので周囲の状況が良く分かった。 そこはまさにデブリの真っ只中であった。さらに幸運なことに、足を少し捻った程度で五体満足であり、装備も片方のスパッツが裂けただけであった。 10mほど左にはエルベ氏の姿も見えたので安堵した。 「アイム・オーケー!、アイム・オーケー!、アー・ユー・オーケー?」。 自分の無事を大声でアピールしたが、エルベ氏からの反応はなかった。 “もしや・・・”と思い直ぐに氏のもとに歩み寄ると、氏は無事ではあるもの雪崩に揉まれながら雪を相当吸い込んだらしく、しばらくの間うずくまったまま苦しそうにむせ返っていた。 ようやく氏も落ち着きを取り戻すと、今度は「クレイジー!、クレイジー!!、クレイジー!!!」と何度も吐き捨てるように大声で叫んだ。 恐らく氏の方が雪崩の圧力が強く、肉体的にも精神的にもショックが大きかったのであろう。 また手にしていたピッケルとストック、そしてヘッドランプも失っていた。 しかし幸いにも私と同様に足を少し捻った程度で怪我はないようで安堵した。 「ゴー・ダウン?」と念のため氏に確認すると、「イエス、デンジャラス(ここにいたら危ない)!」とのことであり、氏は失った装備を探す素振りもせず、直ぐに下山することを指示した。 ガイドとしてのプライドもあるであろうから、氏にピッケルを差し出して私が先行することを提案したが、氏がヘッドランプだけを借りて先行することになった。

  後ろから再び不意打ちを食らう恐怖感に怯えながら、コンティニュアスでスピーディーに下る。 深雪とは言えスリップは厳禁だ。 10分ほどで標高差にして200mほど駆け下りると傾斜も緩やかになり、ようやく一息つけるようになった。 氏は20mほど下に何かを見つけて指さした。 それはまるで蛍のような淡い光を雪の上に洩らしていた。 直ぐにはピンとこなかったが、間もなくそれがエルベ氏のヘッドランプであることに気が付き(もちろん氏は最初から気が付いていた)、氏がそれを拾い上げると、まるで自分達の分身のようにとても愛しく感じた。

  間もなく夜が白み始め、先ほどの悪夢が嘘のように清々しい夜明けのシーンが始まろうとしていた。 目印の大岩の所まで下るとザイルが解かれた。 エルベ氏は先ほどの雪崩の原因について、上空でかなり強い風が吹いているため、コルの直下に積もった新雪が雪庇となり、その一部が崩れ落ちてきたのではないかと説明してくれた。 先ほど生死の境目をさまよったばかりであるが、意外にも後遺症や気持ちの動揺が感じられないのが自分でも不思議であった。 恐らく暗かったことと突然の出来事で何も見えないうちに完結してしまったからであろう。 それ以上に理由こそ違え同じ山で2回も続けて敗退したことの悔しさが先に立っていた。 今日は風が強いものの良い天気になりそうだし、明日も引き続き良い天気が予想されているため、私の頭の中は雪崩のことよりも明日の計画のことで一杯であった。 明日再びドロワットにアタックするのは気分的に嫌だし、また雪崩の危険性もあるので、本命のヴェルトについてエルベ氏に水を向けたところ、ピッケルを失ったこともあってか、即座に「ノー!」という答えが返ってきた。 これからすぐに下山したとしてもシャモニに着くのは午後になってしまうので、明日アタック出来る山はリスカムしか選択の余地がなかった。 リスカムなら妻も一緒に登れるし、今の状況ではベストであろう。 今回の計画では最下位の希望となっていたリスカムに何としても行きたくなってくるから不思議だ。 リスカム登山のB.Cとなるニフェッティ小屋までは昨年も行ってるので、今日これからのスケジュールの見通しがつく。 エルベ氏は私のこの提案に少し驚いていたが、私の心情を察してか二つ返事で了解してくれた。 雪崩はおろか氏もとんだお客に捕まったものだ。

  氷河から山小屋の建つ岩棚への取り付き点をエルベ氏と探しながら下ってきたが、ケルン等の目印が見つけられず、高度計の標高を頼りに強引に岩を攀じって登り返す。 空の色は灰色から淡いピンク色、水色、そして青空へと短時間で変わり、悔しいことに予報以上の快晴の天気になってきた。 am7:20に山小屋に戻ったが、すでに妻も朝食を終えて周囲の散策に出掛けてしまって不在であった。 明日リスカムに登るためには正午までにシャモニへ下山しておきたかったので、妻を探すため周囲を双眼鏡で見渡してみたが、妻の姿は捉えられなかった。 笛を吹き鳴らし、大声で何度も叫んでみたが、その声も虚しくこだまするだけであった。 仕方なくデポした荷物をまとめながら妻の帰りを待つが、いっこうに帰ってきそうな気配はなかった。 このままだと時間切れになってしまうので焦るが、山を登りにきたのに一体自分は何をやっているのかと情けなくなる。 ようやくエルベ氏が双眼鏡で妻の姿を見つけてくれたが、やはり妻は全く気付いていないようであった。 妻のいる所まで猛然と早足で駆け登り、大声で叫ぶとようやく妻も気付いたが、天気が悪かった前回ならともかく、なぜ見当違いの方向から突然私が現れたのか妻は理解出来ずに驚いていた。 詳しい理由は後で説明することにして、妻にも急いで帰りの支度をするように伝える。 毎度ハプニング続きのアルプスの旅であるが、妻にとってこのドタバタ劇は本当に迷惑なことであった。

  am8:40に山小屋を出発してシャモニへの帰途につく。 ヴェルトへの憧れの気持ちが失せなければ、またいつかここを訪ねることになるだろう。 再訪を誓って足早にトレイルを下り始めたものの、振り返りながら青空を背景に屏風のように屹立するヴェルトとドロワットの写真を何枚も撮る。 雪崩に遭ったコル付近は相変わらず白い雪炎が舞っていた。 風が強く湿度も低いためか、ますます空の色は青みを増し、シャモニに来てから一番の快晴の天気となった。 モンタンヴェールの駅へとメール・ド・グラスを急いで下りながらも、モン・ブラン、ジョラス、ロシュフォール、そしてシャモニ針峰群といった素晴らしい被写体に釘付けとなる。 山の写真を撮るにも絶好の日和である。 オート・ルートを縦走中の若松さんも稜線上でこの青空に歓喜しているに違いない。 氷河から333段の鉄梯子を登り、am11:30にモンタンヴェールの駅に着き、すぐに入線してきた登山電車に乗って目標にしていた正午ちょうどにシャモニに着いた。 神田さんに電話を入れ、雪崩の件を簡単に報告し、明日の計画を大幅に変更してこれからリスカムに向かうことを伝えた。 神田さんから明日も天気は良いとの太鼓判を押されたので安堵した。


雪崩が起きた後にタレーフル氷河の末端から見た未明のドロワット


タレーフル氷河の末端から見た未明のモワヌ針峰


タレーフル氷河の末端から見た未明のモン・ブラン


クーヴェルクル小屋付近から見たグランド・ジョラス


クーヴェルクル小屋付近から見たドロワット


クーヴェルクル小屋付近から見たモン・ブラン


メール・ド・グラスとグランシャルモ


メール・ド・グラスの源頭部(右奥がトゥール・ロンド)


モンタンヴェール駅付近から見たメール・ド・グラスとグランド・ジョラス


山 日 記    ・    T O P