エギーユ・ド・プラン(3673m)

  8月23日、am5:30起床。 夜明けの時間が遅いため周囲はまだ真っ暗であるが、純白のグーテ稜が微かに望まれ安堵する。 朝食を済ませ、今日は一緒に山に登る妻とam6:00過ぎにアパートを出発する。 早朝のシャモニの町を歩いている人は私達以外には見られなかったが、ロープウェイ乗り場に着くと、すでに十数人の人達が列を作っていた。 約束のam6:30にクリストフ氏がやってきたが、ロープウェイの始発はつい先日でハイシーズンが終わったため、am7:00からとなっていた。 am7:00直前に次々と登山者や観光客が集まってきたが、前売りの乗車券を持っている人が多く、改札が始まると同時にまだ切符を買っていない私達より先にどんどんロープウェイに乗り込んでいったため、結局始発には乗ることが出来なかった。 すっかり出端をくじかれた感があったが、ロープウェイの車窓からは朝陽に照らされて輝いているエギーユ・デュ・ミディの頂とその背後に素晴らしい青空が望まれ、今日の山行への期待が大いに膨らんでくる。 間もなく左手にまるで剣山(けんざん)のような針峰群を身にまとったプラン針峰がその険しい山容を披露してくれたが、果して本当にあんな所を登ることが出来るのであろうか?。

  am7:30過ぎにミディの山頂駅に到着。 さながら満員電車のようなロープウェイから解放され、駅舎の片隅で身支度を整えて氷河の出口へと向かう。 昨日とは違いロープウェイで労せずして登った山であるが、雲一つ無い快晴の天気の下、想い出と言うにはまだ記憶に新し過ぎるグランド・ジョラスがヴァレー・ブランシュを挟んで眼前に望まれ、何とも言えない嬉しい気分だ。 今日の目的の山であるプラン針峰がちょうどエギ−ユ・ヴェルトの前山のように眼前に鎮座し、素晴らしい山岳景観を造り出している。 だが“好事魔多し”との諺どおり、その後に展開する意外な結末をこの時は知る由もなかった。

  私の持っている古いガイドブックによれば、シャモニ針峰群の一峰であるプラン針峰(3673m)への登攀は、一般的にエギーユ・デュ・ミディ(3842m)から出発し、一旦コル・デュ・プラン(3475m)まで雪稜を下った後、ミックスの雪稜をロニヨン・デュ・プラン(3601m)及びコル・スーペリア・デュ・プラン(3535m)と辿って最後に岩を少し攀じってその頂に至り、再びコル・スーペリア・デュ・プランまで下った後、アンベール・デュ・プラン氷河を下ってルカン小屋(2516m)を経由し、メール・ド・グラスを歩いてモンタンベールの鉄道駅に日帰りで縦走するというものであった。 クリストフ氏にその話を向けたところ、現在ではルートの状態が良くないので、一般的にはエギ−ユ・デュ・ミディからの往復となっているとのことで、少々がっかりした。

  氷河の出口でクリストフ氏とアンザイレンし、ナイフエッジの雪稜をヴァレー・ブランシュへと下る。 行き先や目的は皆それぞれ違うのであろうが、すでに30人ほどの登山者が列をなしていた。 岩場ではないので渋滞は無いだろうと考えていたのは甘かった。 一人の年配の外国人女性がガイドとスタカットで下っているのが見えたが、この人は全くの初心者のようで、渋滞の原因を作っていた。 僅か100mほど下るのに朝の貴重な時間を30分以上も費やしてしまった。 ヴァレー・ブランシュへと下っていく大半の登山者と別れ、私を先頭にコル・デュ・プランに向けて緩やかに幅の広い雪稜を下る。 最高の天気、そして最高の展望であったが、前後に多くのパーティーがいるため、後ろの氏から「急いで行きましょう!」との指示があり、写真撮影も最小限に抑え小走りにどんどん進む。 何とか先行していた一組のパーティーを追い越したものの、昨夜エギーユ・デュ・ミディ直下にあるコスミック小屋に泊まりそこから出発したパーティーもいるようで、焼け石に水であった。

  高度感のある長いナイフエッジの雪稜を下り終えたコル・デュ・プランからはミックスの雪稜となったが、険しい岩塔が連なる稜上は行かずにシャモニ(左)側の岩塔の基部に沿って雪の急斜面をスタカットで登る。 コンティニュアスで登るベテランのパーティーもあり、複数のパーティーとのザイルが交錯することもしばしばであった。 静かだった昨日とは全く違う光景に戸惑いながらも、クリストフ氏が先行している間に周囲の絶景の写真を撮る。 日本ではあまり知られていないプラン針峰への登攀であるが、地元では相当メジャーであることが良く分かった。 これはロープウェイを使えば日帰りが可能というアクセスの良さと、素晴らしい山岳景観によるところが大きいからに他ならない。 ガイド登山であれば、ロシュフォール稜の登攀と同様に胸のすくような稜線漫歩を気軽に楽しむことが出来るのである。

  am10:00前、岩場に取り付くこともなくエギーユ・デュ・ミディを出発してから2時間足らずでロニヨン・デュ・プランという広々とした平坦な雪のピークに着いた。 ここはルート上のオアシスのような所で、およそ針峰群の真っ只中にいるとは思えないような感じがする。 今まで先を争っていた各パーティーもここで一息入れていた。 クリストフ氏も私達に休憩を促し、何枚も記念写真を撮ってくれた。 快晴無風の天気は変わらず、行動食を頬張りながら周囲の写真を撮りまくる。 被写体は自然とジョラスとヴェルトが中心になってしまう。 すでにミディもだいぶ遠くになり、逆にプラン針峰の頂が指呼の間に望まれる。 最初は半信半疑であったが、もうここまでくれば登頂は間違いないと思った。

  しばらく休憩した後、再び稜上の岩塔をシャモニ(左)側に巻いて少し登った岩場で、先行している数組のパーティーが順番待ちをしている姿が見えたが、この先によほど困難な箇所があるのであろうか、先に進む気配が全く感じられなかった。 結局私達も1時間近くそこで待たされることになってしまった。 渋滞の原因は目の前に見える主稜の反対に抜けるための狭い岩のギャップの通過だと思われたが、実際はその先のミックスの岩場の下降にあった。 一人がやっと通れるくらいの幅の狭い高さ3mほどのギャップを越えて、陽の当たる主稜の南側に出た所は雪の溶け始めたミックスの岩場となっていたが、セルフビレイや支点を取るために適当な所が無く、各パーティーが思い思いの方法で下っているため、時間が掛かっていることが分かった。 実際に下ってみるとこの急斜面のミックスの岩場は雪が脆く、ベテランでもちょっと不安を感じるような所であった。

  縦走路中の一番の核心部と思われる所を下り終え、ようやく最後の詰めに入ろうかという所で再び渋滞は始まった。 眼前には手の届きそうな所にコル・スーペリア・デュ・プランから屹立するプラン針峰が神々しく望まれた。 先ほどとは違う陽光に恵まれたビューポイントであったが、10分、20分と何もせずただ時間が経過していくのがとても辛い。 クリストフ氏に「通常ここから山頂までどの位掛かりますか?」と訊ねたところ、約1時間であるとのことであったが、氏は「pm1:00までに山頂に着かなければ、その時点で引き返すことにします」とつけ加えた。 すでに時刻はam11:30を過ぎ、現在の渋滞の状況ではpm1:00までに山頂着くかどうかは微妙であった。 通常の登山とは逆に帰路が登り基調となるため、仮にぎりぎりプラン針峰に登れたとしても、ロープウェイの最終であるpm5:00までに焦ってミディまで戻らなければならないことを危惧した妻が、「山頂は諦めて、ゆっくり景色を眺めながら戻りたい」と言った。 登頂の可能性はまだ残っていたが、いつも留守番役をしてくれている妻の意見に従い、いつの日かまた再訪することを心に誓ってここで引き返すことにした。

  ギャップを乗越し、ロニヨン・デュ・プランの手前まで戻って後ろを振り返ると、先頭のパーティーがようやくコルを通過し、トレイルの印されていない最後の雪の斜面を登っている姿が見えた。 それを見るなり後悔の念が湧いてきたが、意外にも私達に同調したかのように、他のガイド登山のパーティーも次々に引き返してきていることが分かった。 やはりこの渋滞では登頂は充分可能であっても、何かのアクシデントでロープウェイの最終に間に合わないと困る(ガイドもクライアントも明日の予定が入っているであろうから)ので、時間(正午)で見切りをつけたのであろう。 それを見て私達の心も幾分軽くなったが、今シーズンは妻が一つもピークを踏めなくなるとはこの時は知る由もなかった。

  急ぐ必要は全く無いので、モン・ブラン山群の大パノラマを満喫しながら、まるでガイドレスのような気楽さで、所々で足を止めては写真を撮り、登頂という栄誉と引き換えにした稜線漫歩を楽しむ。 ロシュフォール稜の縦走の痛快さにも迫る素晴らしさだ。 雲一つ無い抜けるような青空を背景に、プラン針峰とその背後に連なるシャモニ針峰群の無数の矛先、モン・ブラン、トゥール・ロンド、ダン・ジュ・ジェアン、ロシュフォール、ジョラス、ヴェルト、ドロワット、クルト、トリオレ、タレーフル、レショ、そしてミディの針峰群が勢揃いし、少し隔てた所からグラン・コンバンがその大きな図体を誇示し、目を凝らせばその背後にマッターホルン、ヴァイスホルン、グラン・パラディゾ等の大きな山が遠望される。 だが何といっても今日の一番のお気に入りはグランド・ジョラスであったことは言うまでもない。

  pm3:00前、コースタイムの1.5倍位の時間をかけてミディの展望台に到着。 氷河への出口にも観光客が出入りし、展望台は鈴なりの賑わいであった。 事情を良く知っているクリストフ氏はザイルを解くと、私達と荷物を残して一目散にロープウェイの整理券を貰いに行ってくれた。 氏に改めてお礼を述べてチップを手渡すと、意外にも「また後日お会いしましょう(一緒に山に行きましょう)」という感じの言葉が返ってきたが、神田さんからガイドは同じ人にはならないと言われていたので、これはてっきり社交辞令だと思った。 夕方に用事のある氏と別れ、展望台で少し休んでいこうと思ったが、余りの観光客の多さに驚き、私達も早々に下山することにした。 中間駅のプラン・ドゥ・レギーユで下車し、あらためて下からプラン針峰と辿ったルートを眺めながら写真を撮り、pm4:00過ぎにロープウェイでシャモニに下りてきたが、まだまだ展望台に向かう観光客が大勢列を作っていたのには驚いた。

  洒落たオープン・カフェに入り遅い昼食を食べた後、真っ直ぐアパートに帰る妻と別れ、山の家に日課である天気予報の確認に行く。 明日はやはり天気が崩れ、明後日もまだ天気は回復しないとの予報であった。 夕食前に若松さんから電話があり、グランド・ジョラスの登頂の報告をすると、「酒井さん以上に嬉しいかもしれない!」と興奮気味に登頂を祝ってくれた。 若松さんは予定どおり明後日の金曜日の夕方にシャモニに来られるとのことであり、天気予報が変わらなければ(天気が悪ければ)、無事再会することが出来そうであった。


ロープウェイの車窓から見たエギーユ・デュ・ミディの頂


エギーユ・デュ・ミディから見たプラン針峰(エギーユ・デュ・プラン/手前)とエギーユ・ヴェルト(奥)


エギーユ・デュ・ミディから見たグランド・ジョラス(中央左)とダン・ジュ・ジェアン(中央右の尖峰)


ヴァレー・ブランシュへ下る雪稜は30人ほどの登山者で渋滞していた


プラン針峰(左)への稜線    奥はエギーユ・ヴェルト


険しい岩塔が連なる稜上は行かずにシャモニ(左)側の岩塔の基部に沿って雪の急斜面をスタカットで登る


他のパーティーとしばしばザイルが交錯する


ロニヨン・デュ・プラン(左)


ロニヨン・デュ・プランの直下


エギーユ・デュ・ミディを振り返る


ロニヨン・デュ・プランから見たモン・ブラン


ロニヨン・デュ・プランから見たグランド・ジョラス(左)


ロニヨン・デュ・プランから見たトリオレ(左)・タレーフル(中)・レショ(右)


先行するパーティーの順番待ちで1時間近く待たされる


無数の針峰群の向こうに見えるエギーユ・ヴェルト


プラン針峰が指呼の間となる


コル・スーペリア・デュ・プランへの下りで再び順番待ちとなる


ロニヨン・デュ・プランからコル・デュ・プランへの下り


コル・デュ・プランからの登り返し(右手に先行パーティーが見える)


プラン針峰(左端)から辿った稜線を振り返る


雪稜を登り返す後続のパーティー


プラン針峰(左)とエギーユ・ヴェルト(中央)


エギーユ・デュ・ミディを背景にクリストフ氏と


グラン・コンバン(中央)


ロープウェイの中間駅のプラン・ドゥ・レギーユから見たプラン針峰


プラン・ドゥ・レギーユから見たエギーユ・ヴェルト


プラン・ドゥ・レギーユから見たエギーユ・ルージュ(赤い針峰群)


山 日 記    ・    T O P