パロットシュピッツェ(4436m)

  8月29日、am6:30起床。 一階の食堂に行くと、すでに早起きの西廣さん夫妻は朝食を食べていた。 三ツ星であるが、@88ユーロ(邦貨で約12300円)と安価だったのでバイキングには期待していなかったが、クロワッサンや温かい惣菜もあり、過去に泊まった三ツ星ホテルの中でも上等な方であった。 朝食後にモン・ブランの写真を撮りにホテルからは目と鼻の先のバルマ広場に行ってみると、朝陽に輝くモン・ブランはもちろんのこと、意外にもドリュの矛先が広場から見えて、私達の目を楽しませてくれた。

  am8:00前に神田さんとガイドのフィリップ氏、そしてジジ氏が相次いでホテルにやってきた。 意外にもジジ氏は外国人としては小柄で、背丈は私と変わらなかった。 神田さんは「彼は小さいがパワーは凄いですよ」と言った。 簡単な自己紹介をした後、早速神田さんが氏にリスカムのことを訊ねると、いつもなら全く問題ないが、痩せ尾根の雪庇の通過が難しいので、大雪の後はまだ誰も登っていないのではないかとのことであり、これから情報収集をしながら、登れるか否かは明日の朝に決めますとのことであった。

  神田さん、西廣さん夫妻、そしてフィリップ氏に見送られ、ジジ氏の車で登山口のアラーニャへと向かう。 すぐにイタリアとの国境のモン・ブラン・トンネルに入るが、不思議と全く渋滞はなかった。 それもそのはず、確か以前は大惨事の直後ということもあって制限速度は40kmであったが、今日は70kmであった。 トンネルを抜けるとイタリア側は残念ながら曇っていた。 すかさず氏が「昨夜雨が降った影響で今日は少し曇りがちですが、明日は良い天気になるので大丈夫ですよ」と言って、不安げな顔をしていた私達を気遣ってくれた。 ジジ氏もフィリップ氏と同様に私達と同じ位の年で、また小柄なこともあってか、とても親しみ易かった。 間もなく青空が覗き、イタリア側から全く形の違うモン・ブランの雄姿も僅かに望まれた。

  道はいつしか高速道路となり、車は100km以上のスピードでアルプスの南側の山裾を駆け抜けていく。 これならシャモニから登山口まで時間的には近いことが分かった。 間もなく長いトンネルが連続するようになると、昨日までの疲れも手伝って後部座席で妻と居眠りをしてしまった。 古代の遺跡や中世の建造物が多く見られるというアオスタの市街を遠目に見ながらしばらく進むと、その奥に大きな山が見えてきたので、山名をジジ氏に訊ねてみると、今回やむなく計画から外したグラン・コンバンとのことであった。 更に氏は「とても美しい山ですよ!」と付け加えたので、ますます同峰への興味が高まった。

  シャモニから1時間15分、『サン・マルティン』という名称のICで高速道路を降り、『グレソネイまで30km』という道路標識に従って車はつづら折りの山道へと入っていった。 どうやら行き先はアラーニャではないようだ。 事前の準備不足でアラーニャ以外からもB.Cのニフェッティ小屋にアプローチする方法があるとは知らなかった。 山の斜面はぶどう畑が多く、スイスのような牧草地は少ないため山肌は茶色く、スイスとは違った雰囲気で日本の山間部の風景に近い感じがした。 また所々の小さな集落にある教会も歴史が古いためか、一様に地味な感じで、スイスの教会の方が明らかに立派であった。 車は谷の右岸(左側)を遡っていったが、観光地でもないのになぜか道路脇にはホテルが多かった(当日は曇っていたので山は見えなかったが、帰路ではモンテ・ローザの山並みが良く見えて素晴らしかった)。

  グレソネイ・ラ・トリニテという集落を過ぎ、サン・マルティンのICから1時間弱でゴンドラの発着場のあるスタッフェル(1818m)に着いた。 結局シャモニからの所要時間は僅か2時間であった。 後で地図を見ると、アラーニャは3000m級の山並みの一つ向こう側の谷にあり、直線距離は10kmほどであるが、実際の移動距離はここから100km以上もありそうだった。 スタッフェルからは二つの違った方向へゴンドラが延びていたが、なぜかいずれのゴンドラも止まっていた。 窓口へ切符を買いにいったジジ氏から、am11:30に運転が再開されると聞かされたので、てっきり故障かと思ったが、実はこの辺りのゴンドラは冬場のスキーシーズンのためのものであり、他の季節にはスイスの観光地のようにお昼休みを除いて常に動いている訳ではなく、電車やバスのように1〜2時間毎に動くものであることが後で分かった。 ゴンドラの発車を待つ間、ジジ氏から幾つもの衛星峰を持つモンテ・ローザ山塊の体系について教えてもらったり、雑談を交わしたりして時間をつぶす。 氏はアラーニャの出身で現在43歳、ガイド歴は18年であり、春と秋にはヒマラヤでもガイドの仕事をされているとのことであった。 また4年前のモンテ・ローザ登山の時のガイドであったホギー氏のことは、同郷なので良く知っているとのことであった。 誰に教わったのであろうか、「“ジジ”は日本語で“爺(じじい)”という意味ですね」と、氏は自ら笑いながら言った。

  1時間以上も待たされた後、am11:30発のゴンドラに乗り、中間駅のガビエットで一回乗り換えた後、終点のサラティバス(2971m)に正午ちょうどに着いた。 ジジ氏の話では、メインの登山口であるアラーニャからロープウェイで上がった場合の終点であるプンタ・インドレインの駅(3260m)までここから1時間ほどかかるとのことであったが、それでもこの行程の方がシャモニからは時間的に早いのであろう。 サラティバスからプンタ・インドレインまでのトレイルには標識等は一切なく、所々の岩にペンキマークが付いているだけのアルペンルートで、スイスのハイキングトレイルとは趣を異にしていた。 途中ストレンベルク(3202m)というピークを一つ越えていくため、標高差以上に時間がかかる。 山には霧がかかり、上の様子が良く分からない。 “明日は本当に晴れるのだろうか?”と心配になる。 私達の前後には他に二組のパーティーしかいないようであった。 間もなく上の方から機械音が聞こえてきたので、プンタ・インドレインの駅が近いことが分かった。 サラティバスから休まず登ったため、プンタ・インドレインの駅には1時間弱で着いたが、ジジ氏はリクエストがなければそのまま先へ進んでいってしまいそうだったので、「ここでランチにしませんか?」と氏を誘って駅舎の中に入る。 意外にも駅舎の二階には50席ほどある広いレストランがあったが、お客さんはあまりいなかった。 いかにも地元の方といった雰囲気のする親子(ベテラン風の父親と若い娘)のパーティーが隣のテーブルにいたが、結局その親子とは山小屋で同室することとなった。

  昼食のため30分ほど休憩した後、pm1:30にプンタ・インドレインを出発。 ここからニフェッティ小屋まではメインのトレイルとなるため、登山者の姿も多く見られるようになった。 大小の岩がゴロゴロした足場の悪い雪混じりのアルペンルートをしばらく緩やかに登っていくと、間もなく氷河の末端の長い雪渓をトラバースするようになった。 ようやく霧も少しあがり、周囲の状況が微かに掴めてきた。 ジジ氏は登山を終えて下ってくる地元のガイドをつかまえては、上(リスカム)の情報を収集してくれた。 荒縄のような太い固定ロープが幾つもつけられている急な岩場を登り支尾根を乗っこすと再び雪渓となった。 マントヴァ小屋(3498m)へのトレイルを左に分け、再び霧に閉ざされた急な雪面をキックステップで登っていく。 間もなく左手の崖の上に朧げに山小屋の輪郭が見えてきた。

  pm2:45、途中休憩もなく登り続けたので、プンタ・インドレインから1時間15分ほどで今日の宿泊地であるニフェッティ小屋に着いた。 氷河から突き出した岩にへばりつくように建てられた山小屋は想像していたよりも大きく、さすがに国内最高峰へのB.Cにふさわしいものであった。 ジジ氏によれば夏の最盛期やスキーシーズンの混雑は凄く、その時期には下のマントヴァ小屋に泊まる方が良いとのことであった。 山小屋は木の香りが漂う旅館のようなイメージであり、一階がバー(談話室)、二階が100席ほどある大食堂、三階はこぢんまりとした四人部屋のスキーヤーズ・ベッドの個室になっていた。 氏はガイド専用の部屋に泊まるようで、間もなく先ほどの親子のパーティーが部屋に入ってきた。 父親は現役の山ヤさんなのか、年配ながらガイド顔負けのたくましい体つきであった。

  山小屋の中やテラスを徘徊していると、霧が上がって天気が急速に回復しはじめ、アルプスの青空になってきた。 慌ててカメラを持って山小屋の上の岩場へと駆け上がったが、ありがたいことにジジ氏の予報どおりその後は翌日までずっと晴天が続いた。 モンテ・ローザ山塊のピークの一つであるヴァンサン・ピラミッド(4215m)が氷河を隔てて眼前に鎮座し、その左隣には憧れのリスカムの東峰がツェルマットから見慣れた穏やかな純白の頂とは全く違った黒々しい岩肌をさらした荒々しい山容で屹立している。 さらにその左手の稜線の先にはカストール(4228m)の頂も望まれ、モンテ・ローザの主峰は見えないものの、この雄大な素晴らしい景観が見られるだけでもこの山小屋に来る価値はあると思えた。 クレバスの多い氷河に刻まれたトレイルは明瞭で、モンテ・ローザの各ピークに登ったパーティーが次々と下ってくる姿が見える。 あの中にリスカムの東峰を登ったパーティーが沢山いることを願いながら、陽射しに恵まれた暖かな山小屋の上の岩場で、妻といつまでもため息をつきながら絶景を堪能した。

  pm7:15の夕食の時間となり二階の食堂に行くと、入口には行列ができていた。 先頭の方を見ると、どうやらカフェテリア方式となっているようであった。 スープ、ミートソースのかかったペンネ、煮込んだ豚肉、温野菜の盛り合わせと、期待していた以上に豪華なメニューであり、またどれもとても美味しかった。 ジジ氏は小柄な体格に比例して小食であったが、隣のテーブルの猛者は食べ終わると再び行列に並んでいた。 夕食後は氏との親睦を深めるため、いつものように片言の英語で私達のアルプスでの登山経験を話す。 今年はシャモニに来る前はツェルマットに滞在し、ヴァイスホルンの登頂の機会をうかがっていたが、生憎の大雪で計画が全て白紙になってしまったことを話すと、氏も三日前にマッターホルンの隣のダン・デラン(4171m)にガイドとして登りに行かれたが、大雪のため山頂まで登ることが出来なかったとのことであった。 明日予定しているリスカムについては、今日出会ったガイドの話を総合すると、山頂までのトレイルはまだつけられおらず、皆途中の稜線の肩の所で引き返しているとのことであり、明日肩から山頂までラッセルをして仮に登れたとしても下りのゴンドラの最終には間に合わず、明日中にシャモニに帰れなくなるとのことであった。 また、イタリア側からのリスカムの登山は、ニフェッティ小屋からの往復でも良いが、ピーク(東峰)から西峰に縦走した後、クィンティノ・セラ小屋という山小屋を経由して先ほど乗った反対側のゴンドラでスタッフェルに下りてくる周回のルートが理想的であるとのことであり、今回無理して登るよりも、ルートの状態が良い時に行った方が楽しめますよと、リスカムに固執している私を諭すように説明してくれた。 但し、途中のリスヨッホまではモンテ・ローザとルートは一緒なので、その時に実際目で見てから最終的な判断をするとのことであり、リスカムへの登頂の可能性は僅かに残った。


朝食のバイキング


バルマ広場から見た朝陽に輝くモン・ブラン(中央奥)


小柄なガイドのジジ氏


氷河の末端の長い雪渓をトラバースする


荒縄のような太い固定ロープが幾つもつけられている急な岩場を登る


ニフェッティ小屋


こぢんまりとした四人部屋のスキーヤーズ・ベッドの個室


ニフェッティ小屋から見たリスカムの東峰


ニフェッティ小屋から見たカストール


ニフェッティ小屋から見たヴァンサン・ピラミッドと下山してくるパーティー


カフェテリア方式の夕食


  8月30日、真夜中にトイレに行くと、窓から外の様子が見えた。 星空で風もなく安堵する。 am4:30前に起床し、身支度を整えて階下に下りていくと、朝食は大食堂ではなく一階のバーに用意されていた。 モンテ・ローザに登るパーティーと出発時間に差があるためか、バーは空いていた。 朝食はパンにジャム、シリアル等といった簡素な定番メニューであったが、体調が良いせいか何でも美味しく感じられる。

  am5:20、山小屋の上の岩場でアイゼンを着け、ジジ氏とアンザイレンして出発。 リスカムの黒いシルエットが微かに浮かんでいる。 星は真夜中ほど見えなくなったが、三日月が頭上で輝き良い天気が期待出来そうだ。 前方にはヘッドランプの灯火は見えず、どうやら私達が先発隊のようである。 今シーズンはまだ新しい4000mのピークを踏んでいないので、今日は何とかそれが叶いますようにと山の神に祈る。 それがあのリスカムであれば言うことはない。 氏のペースは客観的に見ても遅くはなく、これが最初の山だったら少々きつかったかもしれないが、体はかなり順応しているので前を歩く妻も何とかついていけるだろう。 緩やかな登りから少し傾斜がきつくなってきた所でジジ氏のアイゼンの調子が悪くなり、数分おきに三回ほど立ち止まってアイゼンを調整していると、後続のパーティーが相次いで傍らを通過して行った。

  リスカムがモルゲンロートに染まり始め、歩きながら写真を撮る。 左奥の山並みも茜色に染まり始めている。 アルプスのドラマチックな夜明けのシーンに今日も立ち会うことが許された幸せを噛みしめる。 遠望された独立峰は紛れもなくモン・ブランであった。 時計を見るとam6:45であり、予定どおりであればちょうど今頃西廣さん夫妻が山頂付近にいるに違いない。 絶好の天気に恵まれ、お二人が山頂で歓喜する姿を想像するだけで自分のこと以上にワクワクする。 同じ山に登って喜びを共有するのも良いが、違う山に登ってお互いの土産話をするのも楽しみである。 間もなくリスヨッホの手前でリスカムに向かうトレイルが左に分岐していたが、ジジ氏はこれをあっさりと見送ったので、念のため氏を呼び止めてリスカムへの登山の有無を確認したところ、やはり肩から上にトレイルがないので、リスカムには登らないとのことであった。 天気も良さそうだしコルからの標高差もあまり感じられず、“これは行けるぞ”と勝手に思い込んでいたので氏の判断には不満であったが、拙い英語で一生懸命私を納得させようとする氏の姿に負け、造り笑顔で「オーケー、ノープロブレム」と答えた。 だが結果的にはこの氏の判断もまんざら悪いものではなかった。 目標がモンテ・ローザと決まったところで、あらためて氏にこれからのスケジュールを訊ねたところ、意外にも正面に見え始めたツムシュタインシュピッツェ(4563m)、ジグナールクッペ(4556m)、そしてさらにパロットシュピッツェ(4436m)の三山を登るとのことであったが、果して時間的に三つも登れるのであろうか?。

  気持ちの切り換えがつかないままリスヨッホを過ぎると、マッターホルン、ダン・ブランシュ、オーバーガーベルホルン、ツィナールロートホルンのカルテットがグレンツ氷河越しに顔を揃え、昨日シャモニへ移動したばかりなのに、再びツェルマットに戻ってきたような錯覚を覚える。 マッターホルンの雪もだいぶ無くなり、もうじき登れそうな感じに見えた。 間もなくツムシュタインシュピッツェに向かう明瞭なトレイルを外れ、右手のパロットシュピッツェへのか細い踏み跡に入る。 傾斜は次第に増して尾根は痩せ、最後のナイフリッジではストックからピッケルに持ち替えて登る。 先ほどまでとは全く違い、稜線上は風が強い。 振り返ると背後のリスカムの頂がいつの間にか目線の高さになっていた。

  am8:00ちょうど、右側に雪庇が張り出したどこが山頂か分からないような細長く平らなパロットシュピッツェの頂に辿り着いた。 最高点らしき所を通り過ぎたが、ジジ氏はそのまま立ち止まらずに行ってしまったので、少しトレイルが安定した所で氏を呼び止めて記念写真を撮る。 今回登頂が叶わなかった憧れのリスカムがリスヨッホを挟んで眼前に大きく鎮座し、右にマッターホルン、左にモン・ブランが遠望された。 リスカムを眺めるには最も理想的な位置にあるこの頂からは、同峰が東峰と西峰の双耳峰であることが良く分かり、“ジルバー・バスト(白銀の鞍)”という別称があることが頷ける。 右に目を転じると、山塊の盟主である最高峰のデュフールシュピッツェの頂稜部の岩塊がこれから向かうツムシュタインシュピッツェと肩を並べて高さを競い合い、すぐ隣に聳えるジグナールクッペの山頂に建つマルゲリータ小屋が朝陽に照らされて輝いている。 雲一つない快晴の天気に恵まれたこの展望の頂にいつまでも佇んでいたかったが、長居をしているとあと二峰登れなくなってしまうので、僅か5分ほどで山頂を辞した。


モルゲンロートに染まるモン・ブラン


リスカム東峰に朝陽が当たる


リスヨッホから見たヴァリスの山々(左端がマッターホルン・右端がヴァイスホルン)


リスヨッホ付近から見たリスカム東峰


リスヨッホ付近から見た最高峰のデュフールシュピッツェ(中央)とツムシュタインシュピッツェ(右)


リスヨッホ付近から見たツムシュタインシュピッツェ(左)とジグナールクッペ(右)


リスヨッホ付近から見たジグナールクッペ(左)とパロットシュピッツェ(右)


パロットシュピッツェの山頂


パロットシュピッツェの山頂から見たリスカム(遠景左がモン・ブラン)


パロットシュピッツェの山頂から見たジグナールクッペ


山 日 記    ・    T O P