メッテルホルン(3406m)

  8月27日、am5:30起床。 朝食に昨夜マーケットで買った韓国製のインスタントラーメンを食べる。 間もなくマッターホルンが淡く染まり始めた。 写真を撮ろうとベランダに出ると、すでに西廣さん夫妻も起きていて、ベランダで山を眺めていた。 今日の目的地であるメッテルホルンは、最初にスイスを訪れた時に田村(千年)さんから教えていただいたお勧めの山で、以前からその頂とそこからの展望には興味深々であった。 昨年の夏、私がオーバーガーベルホルンをガイドと登った日に単独で同峰に登った妻の話では、山頂直下の氷河のトラバースを除けば技術的に難しい山ではないらしいが、麓のツェルマットからの標高差は1800mほどあり、天気に恵まれることが必須条件である。 今年は例年に比べて雪が多いと見込まれるため、念のため登攀具を携行することにした。

  予定より少し遅れてしまったが、am6:30にホテルを出発。 まだ薄暗いメインストリートに観光客の姿は無い。 レストランの脇から狭い路地に入り、通い慣れたトリフトへのトレイルを辿る。 一週間ほど前、ツェルマットに着いた日にここで足慣らしをしたことも、すでに懐かしい想い出となっていた。 途中のエーデルワイスヒュッテのテラスからは、青空の下にブライトホルンが美しく望まれ、天気は昨日のイワン氏の予測やテレビの天気予報よりも良さそうであった。 足取りはにわかに軽くなったが、明日からの後半戦に体力を温存するため、意識的にペースを落としながら登る。 エーデルワイスヒュッテから樹林帯をしばらく歩き、氷河から流れ出している沢を渡って谷の左岸に取り付くと、見通しの良い谷筋の緩やかなトレイルからオーバーガーベルホルンと支峰のヴェレンクッペ(3903m)が神々しく望まれた。 早朝のためトレイルの前後にはハイカーや登山者の影は無い。 振り返ると、まだ陽の当たらない谷底のツェルマットの町、そしてゴルナーグラートの展望台を挟んで、左にモンテ・ローザ、右にリスカムの純白の頂が遠望された。

  am8:15、予定より少し早く山上のオアシスであるトリフト(ヒュッテ)に到着。 残念ながら青空は長続きせず、空の色は灰色に変わり始めた。 荒々しい岩峰のウンターガーベルホルン(3391m)が圧倒的な迫力で眼前に迫り、ガーベルホルン氷河の奥に鎮座するオーバーガーベルホルンの眺めが圧巻である。 麓から僅か2時間足らずでこんなに素晴らしいロケーションに出会えるのもトリフトの良いところだ。 山小屋の前のベンチで休憩していると、ヒュッテに宿泊していた二組のパーティーが相次いで出発していった。 一組のパーティーは私達と同じ歳ぐらいの中年の夫婦、もう一組のパーティーは私達より少し年配の男性の二人であった。

  山々を眺めながらのんびりと15分ほど休憩し、am8:30にトリフトを出発。 間もなくトレイルはロートホルンヒュッテとの分岐になり、『メッテルホルンまで2時間45分』という道標に従って右のトレイルへと進む。 妻の記憶どおり、この道標を最後にトレイル上には標識やペンキマークの類は一切無くなった。 予想どおり先行した二組のパーティーともトレイルを右に折れ、私達と同じくメッテルホルンを登るようであった。 今年は大雪のため頂稜部の氷河の状態が分からないので、同志がいることは心強い。 男性パーティーは荷物が少なく快調に飛ばし、間もなく私達の視界から消えた。 逆に夫婦組は荷物が大きく、ペースもゆっくりだったので、間もなく彼らに追いついた。 雑談を交わすと、お二人はイギリスから来られたとのことで、奥さんは南アフリカの出身ということであった。 階段状になっている岩を流れていく小沢を右手に見ながら、勾配がきつくなったトレイルをひと登りすると、再びトリフト同様気持ちの良い草原が現れた。 その先には目指すメッテルホルンと思われる山の頂が見えたが、“ガイド”の妻によると、見えている山はプラットホルン(3345m)という隣接峰で、メッテルホルンの頂はその陰にあるため、山頂直下の氷河の縁まで行かないと見えないという。 左上方にはツィナールロートホルンの頂が望まれ、振り返るといつの間にかウンターガーベルホルンの稜線上にマッターホルンの頂稜部(北壁)が顔を覗かせていた。 草原に引かれた緩やかな勾配のトレイルを、所々で写真を撮りながら鼻歌交じりに進む。 空の色が少しずつ濁っていくのが玉に傷だ。 30分ほど気持ちの良い草原の中を歩いていくと、トレイルは勾配を増して岩稜帯へと変わり、間もなく大きなケルンの積まれたテラスのような所に着いた。 ケルンはトレイルエンドを意味するものなのであろうか?。 足下には昔の氷河の名残であるエメラルドグリーンの小さな池が見えた。 妻の記憶では、ここから先は岩屑の中に踏み跡を探しながら、山頂直下の氷河の縁まで登るとのことであった。 ケルンの傍らで休憩していた男性パーティーと雑談を交わすと、お二人はオランダから来られたとのことであり、今日の登山は秋に予定しているヒマラヤのトレッキングに向けての高所順応が目的であるとのことであった。 オランダは国土が海面より低く、母国では山に登ることが出来ないので、スイスの低い山でも息が切れるという彼らの苦労話に笑いながら納得した。 彼らの瞳にはこの眼前の風景も私達が感じている以上に素晴らしいものとして映っているかもしれない。 間もなくイギリスペアも到着し、皆でしばらく情報交換をしているうちに、何か独特の仲間意識のようなものが芽生えてきた。

  ケルンからは過去に偵察を含めて2回辿ったことのある妻が先行して登り始めた。 妻の記憶では、山頂直下の氷河の縁まではここから30分ほどで着くとのことであった。 岩場のアルペンルート(踏み跡)は獣道を含めて幾つかあり、登り易い方のルートを選んで登る。 有り難いことにルート上に残雪は殆ど見られず、どんどん標高が稼げる。 不意にヴァイスホルンの白い尖った“角”が頭上の氷河の縁の上から頭を出した。 登るにつれて角はますます大きくなり、am10:40に同峰が眼前に大きく鎮座する峠のような氷河の縁に着いた。 氷河越しに隣接峰のプラットホルンの山頂の十字架とメッテルホルンの頂稜部のほんの一片だけが僅かに望まれた。 妻の話では、青氷が出ていた昨年と違い氷河上に雪が積もっているため、登り易そうに見えるとのことであった。 但し、最後の頂稜部への急な登りでは、逆にこの残雪が災いして登りにくそうであった。 昨年はここから山頂までさらに1時間近くを要したという。 先行者はいないが、昨日以前の入山者の足跡が氷河の縁を舐めるように雪上に刻まれ、登頂の可能性は高まった。 あとは天気が持ってくれることを祈るだけだ。 巨大な懸垂氷河を身に纏った眼前のヴァイスホルンの迫力ある姿にため息をつきながら、最後の登りに備えて行動食を頬張っていると、オランダ隊、イギリスペアと相次いで氷河の縁に着いたが、軽装のオランダ隊は登攀具を持っていないのか、ひと息入れただけでそのまま氷河上のトレイルを登って行った。 私達は念のためアンザイレンし、ピッケルを突きながらすでに視界から消えた彼らの後に続いた。

  10分ほどで氷河は傾斜を緩め、その先に銅鐸のようなユニークな形をしたメッテルホルンの頂稜部の岩峰がようやく見えた。 しばらく平らな雪原を進むと、先行しているオランダ隊が岩峰の取り付きから少し登った辺りでルートを探している姿が見えたが、間もなく良い踏み跡が見つかったようで安堵した。 私達はオランダ隊の直登ルートはとらず、妻の意見に従って岩峰の取り付きからは正しい踏み跡を探して左にトラバース気味にザレた岩屑の斜面を登った。 間もなくまばらな残雪の中に正しい踏み跡を見つけることが出来たので登頂を確信し、小刻みにジグザグを切りながら、意気揚々と指呼の間に見える頂を目指す。

  am11:45、ホテルを出発してから5時間余りで待望のメッテルホルンの山頂に辿り着いた。 「コングラチュレイションズ!」。 風の当たらない所で寛いでいたオランダ隊の二人と握手を交わし、お互いの登頂を喜び合った。 今日ばかりはガイドの妻に頭が上がらない。 すでにマッターホルンは雲の帽子を被ってしまったが、一人が立つのがやっとの狭い山頂の岩の上からの高度感ある360度の大展望は、曇天にもかかわらず田村さんが言ったとおり、決して期待を裏切ることはなかった。 周囲の4000m峰を眺めるにはちょうど良い高さだ。 皮肉なことに、昨年に続き今年も涙を飲んだ憧れのヴァイスホルンの眺めは最高であり、いつかの日か必ずその頂に立つことを心に誓い、何枚も同じような写真を撮った。 イギリスペアも間もなく頂上に着き、再び祝福の握手を皆で交わし合った。 それぞれの目的を達成したことで、一同皆満足げな表情になっていた。 意外にもさらに二組のパーティーが足下の氷河を登ってくる姿が見えた。

  いつまでも去り難い頂であったが、天気が崩れることが予見されたため、お互いの写真を撮り合った後、皆よりも一足早く山頂を辞した。 氷河のトラバースの下りは、総勢10人の足で拡幅されたトレイルにより歩き易くなっていた。 登攀具を外し、氷河の縁でヴァイスホルンに別れを告げた後、寒々しいマッターホルンの北壁を正面に見据えながらアルペンルートを下る。 氷河湖を見下ろすケルンを過ぎ、気持ちの良い草原が拡がり始めると、朝方は見られなかった顔の黒い羊の群れが所々に見られた。 正に神々しいという言葉がぴったりのオーバーガーベルホルンの豪快な展望は、最後まで私達を飽きさせることはなかった。 山頂からちょうど2時間でトリフトに到着。 ワタスゲの揺れる気持ちの良い草原に大の字になって寝転んでいたら、あっと言う間に30分も経ってしまった。 天気を心配している妻に促され、再訪を誓ってツェルマットに下る。 しばらくすると雲行きが急に怪しくなり、エーデルワイスヒュッテの手前で小雨がパラつき始めた。 運良く間もなく雨はやみ、pm4:00前にツェルマットに下山した。 肉屋の前で売られている焼きたての大きなソーセージを買い食いしながらホテルに戻ると、間もなく西廣さん夫妻もホテルに戻ってきた。 今日は先日大雪のため登れなかったオーバーロートホルン(3415m)に行かれたとのことであり、5日前に比べてトレイル上に雪は殆どなくなり、全く問題なく登ることが出来たとのことであった。

  ひと風呂浴びた後、ホテルの近くのイタリアンレストランで、西廣さん夫妻とツェルマット滞在中のささやかな打ち上げを行う。 気がつくと、これがツェルマットでの最初の外食であった。 今日のお互いの山行報告と明日からのシャモニでの行動予定を簡単におさらいした後、ツェルマット滞在中の想い出話に花を咲かせた。 何と言っても今夏の大雪は、ブライトホルンにさえ登れないのではと心配したほどの“珍事”であったが、過去の経験を最大限に生かしてサース・フェーまで足を延ばし、効率良く山に登れたことが本当に良かった。 西廣さん夫妻は目標のマッターホルンに登れず、さぞ心残りかと思っていたが、初めて見たアルプスの山に対する感動もさることながら、マッターホルンの眺めが良いホテルの部屋の居心地が良かったことや、ワインやチーズの種類が豊富であること等にも興味を持たれ、山のことしか頭にない私と違い、初めてのアルプスの旅そのものを充分に楽しまれているようで、ホスト役の私も少々肩の荷がおりた。 

  妻と節子さんは明日の移動の準備があるので田村さんとの懇親会には参加しないということで、私と西廣さんの二人で田村さんと居酒屋で閉店時刻まで延々と情報交換?を行った。 田村さんは若い頃に単身渡米し、そこから世界の各国を放浪して回り、最後に辿り着いたイギリスで現在のスイス人の奥様と出会われたとのことであった。 スキーや登山の武勇伝は勿論のこと、会社(アクティブマウンテン社)を立ち上げた経緯からヒマラヤで流行りとなっている公募登山隊の現状、果てはスイスでの生活の話まで、私達にとっては興味深々な話題ばかりで、あっと言う間に時が過ぎてしまった。 その中でも「旅行会社には今回の水害のようなトラブルはつきもので、そのトラブルをいかに上手く解決する方法や経験を沢山持っているかが商売の秘訣である」という田村さんの持論は、今回の山行も含めて、日頃から“上手くいくことが前提”で物事を考えているお気楽な私にとって、とても参考になる意見であった。 田村さんと再会を誓って別れ、日付が変わってからホテルに戻り、慌ただしく荷物の梱包をする。 明日は3年ぶりシャモニだ。


エーデルワイスヒュッテのテラスから見たブライトホルン


トリフトへ向かう谷筋のトレイルから見たオーバーガーベルホルン


トリフトヒュッテ


ロートホルンヒュッテとの分岐付近から見たブライトホルン(右)・リスカム(中)・モンテ・ローザ(左)


ロートホルンヒュッテとの分岐付近から見たツィナールロートホルン


トリフトから一段先の草原から見たオーバーガーベルホルン(中央左)


トリフトから一段先の草原から見たプラットホルン


ウンターガーベルホルン(右)の稜線越しに見たマッターホルンの頂稜部(北壁)


氷河の縁から見たプラットホルン(右)とメッテルホルンの頂稜部(左)


銅鐸のようなユニークな形をしたメッテルホルンの山頂


メッテルホルンの山頂から見たヴァイスホルン


メッテルホルンの山頂から見たツィナールロートホルン


メッテルホルンの山頂から見たオーバーガーベルホルン(中央奥)とプラットホルン(左下)


メッテルホルンの山頂から見たドム


山 日 記    ・    T O P