ブライトホルン(4165m)

  8月24日、am6:30起床。 ツェルマットに来てから初めて朝焼けのマッターホルンの姿をホテルの窓から拝むことが出来た。 予報どおりの快晴の一日になりそうで安堵する。 西廣さん夫妻は早起きをして、すでにベランダで朝焼けのシーンを鑑賞されていた。 初めて朝食のバイキングを慌ただしく食べ、身支度を整えてガイド氏との待ち合わせ場所である町外れのゴンドラ乗り場へ向かう。 ブライトホルンには過去に2度ほどガイドレスで登っているので、全くその頂に固執していなかったが、今回はガイドを雇用するほどの“非常事態”であり、かつ案内役の私としてはアルプスデビューの西廣さん夫妻には何としても快晴のアルプスの山の頂に立ってもらいたいと切望していたので、今日は何か独特の緊張感がある。

  約束のam8:00にゴンドラの駅に着くと、予想以上にサマースキーヤーの姿が多く見られ、これも大雪の影響かと思えた。 私達以外にも4〜5組のガイド登山のパーティーがあり、間もなく私達のガイドとなるベネディクト氏も現れた。 早速各々自己紹介しながら氏と握手を交わし、ゴンドラに乗り込む。 定員6名のゴンドラの中は事前のミーティングには恰好の場所であった。 がっちりとした体格の頼もしいベネディクト氏は39歳でガイド歴は20年、すでにマッターホルンを200回もガイドしたことがあるというベテランのガイドであった。 氏も今夏はこの大雪でガイド収入が減ってしまい、私達と同様に“被害者”の一人であった。 社交辞令にと、いつものように片言の英語で私達のアルプスの山の経歴を話す。 乗換え駅のフーリーでは、思わぬ雪のプレゼントに活気づいて繰り出してきた学生のスキーヤー達で溢れ返っていた。 どうやらこの先のロープウェイが故障したことが混雑に拍車をかけているようであった。 ベネディクト氏ら数人のガイド達がロープウェイの係の人に交渉してくれたので、後から着いた私達が優先的に乗れることになり事なきを得たが、もし予定どおりガイドレスだったら長時間ここで待たされ、ひどい目に遇うところであった。 トロッケナーシュティークでロープウェイを乗り換えると、車窓からは圧倒的なスケールでマッターホルンの東面の岩壁が迫り、オーバーガーベルホルンとツィナールロートホルンがようやくすっきりと望まれた。 終点のクライン・マッターホルンですし詰めのロープウェイから解放され、降車口にあるトイレの前でハーネス等を装着してアンザイレンする。 繋がれる順番は、先ほどの私達の話が通じたようで、予想どおりMさん、西廣さん、節子さん、妻、そして殿(しんがり)の私の順であった。

  am9:20、展望台の下の寒々しいトンネルを抜け、眩しいばかりの雪原に足を踏み出す。 いつもと同様に取り付きまではアイゼンは着けないで歩く。 過去に3回もここを通っている私達にとっては“通い慣れた道”であるが、他の三人にはこの広大な雪原の景色も新鮮なものとして映っていることであろう。 右手にはモン・ブランもはっきりと見え、予報どおりの快晴の天気にまずは安堵する。 大雪のため多少のラッセルは覚悟していたが、意外にもトレイルは安定しており、ブライトホルンの人気の高さをあらためて実感した。 先行者の数も多く、すでに20人位が取り付きに向かって前を歩いている。 しばらくするとブライトホルンの頂稜部に刻まれたトレイルがはっきりと見え、今日の天気とトレイルの状態から、いつものようにガイドレスでも登れたことが分かったが、先ほどのロープウェイ乗り場の件もあり、また今回はアルプスでのガイド登山が初めての西廣さん夫妻にとっては良い経験になるだろうということで納得する。 ベネディクト氏のペースは決して遅くはなかったが、いきなり富士山よりも高い所を歩き始めたにもかかわらず、皆の足取りは順調そのものであった。 雪原の上に浮かぶ双耳峰のリスカム、ポリュックス、カストールの頂稜部を正面に望みながら青空の下に快適な歩行が続く。 出発してから45分ほどで取り付きに到着し、氏の指示でアイゼンを着ける。 すでに下ってくる登山者の姿も見られ、一同登頂を確信した。 通常であれば取り付きから山頂までは、北側に大きく張り出した雪庇の方向に斜上してから右に大きく弧を描くように一回切り返すだけであるが、今日は最初にラッセルして山頂までトレイルをつけた猛者の意向に従って小さくジグザグを切りながら登り、最後は稜線に向かって直登気味に急な斜面を強引に登った。 稜線に飛び出した所がもう山頂の一角であった。

  am10:50、風は少しあるが快晴の天気に恵まれたブライトホルンの頂に無事辿り着いた。 一同疲れた様子は微塵もなく余裕の笑顔だ。 お互いに握手を交わし合い、興奮しながら登頂の喜びを分かち合う。 年初に西廣さん夫妻から打診があるまでは、まさかこのメンバーでしかもガイド登山で同峰を登ることになるとは想像もしていなかった。 案内役の私もとりあえず最低限の仕事を果たしたことで肩の荷がおり、3度目のブライトホルンの頂もまた新たな想い出となった。 ゴルナーグラートの展望台は遙か眼下に見え、昨日まで見上げていたマッターホルンやモンテ・ローザやドムも目線の高さである。 とりわけ西廣さん夫妻やMさんは目標である眼前のマッターホルンに魂が奪われていることであろう。 僅か1時間半ほどの気楽なガイド登山であったが、ここに辿り着くまでの道のりは長く、皆それぞれに心地よい達成感があったに違いない。 他に登れる山が無いことも手伝って、最盛期のように次から次へと登山者が登ってくる。 小広い山頂も新雪に足を取られ、数珠つなぎの6名の団体では身動きするのもままならないので、記念写真を撮り合った後、僅か10分ほどで山頂を後にする。 ベネディクト氏の提案で山頂から少し下った所の斜面を足で踏み固めて腰を下ろし、行動食を頬張りながらしばらくの間一同のんびりと寛ぐ。

  充分過ぎるほど休憩した後、下りの渋滞を避けるためベネディクト氏は先頭の私に、登ったトレイルを外し、アイゼンの爪を利かせながら雪の締まった広い斜面を斜めにどんどん下っていくようにと後ろから指示した。 スキーが趣味のMさんも内心思ったであろうが、ヒドゥンクレバスさえなければスキーには最高の斜面であった。 あっという間に取り付き付近まで下り、再び登ったトレイルに合流した。 取り付き付近でこれから山頂に向かう日本人のパーティーのガイド氏に声を掛けられる。 偶然にも下りのロープウェイの中でその方と再会することとなったが、シャモニ在住の白野民樹氏であった。 取り付きでアイゼンを外し、登山口のクライン・マッターホルンに向けて再び氏が先頭になる。 雪原を歩きながらすでに私の頭の中は明日の予定をどうするかで一杯だった。

  pm0:20、クライン・マッターホルンに到着。 ザイルが解かれ、各々ベネディクト氏にお礼を述べ、最後の記念写真を撮り合った後、感謝の気持ちを込めて50フランのチップを手渡す。 午後に予定があるという氏をロープウェイの乗車口まで見送り、倉庫に預かってもらったデポ品を回収して展望台に上がろうとしたが、停電によりエレベーターが動かず、今日のもう一つの楽しみであった展望台に行くことは出来なかった。 仕方なく再びトンネルを抜けて雪原に戻り、入口付近の日溜まりでランチタイムとした。 昨年観光した『氷の洞窟』(無料)も大雪の影響かクローズしていたため、食後はロープウェイの乗換え駅であるトロッケナーシュティークで途中下車し、駅舎の上のレストランのテラスで祝杯を上げた。 その車中で先ほどのガイドの白野氏らのパーティーと再会した。 お客さんの年配の男性の話によれば、昨年のモン・ブラン登山でたまたま氏と知り合い、今年はプライベートガイドをお願いしてマッターホルンを登りにこられたとのことであった。 私達もマッターホルンを登りにきたことを話すと、白野氏から最低あと一週間は登れないでしょうとのアドバイスがあった。

  ツェルマットに下山し、一旦ホテルに戻ってからアクティブマウンテン社の事務所に情報収集に伺う。 茂木さんがわざわざガイド組合に連絡をとって下さり、しばらくの間は計画していたリムプフィッシュホルンもモンテ・ローザもガイドが入らないことが分かったので、残りの滞在日をサース・フェー方面の山に活路を見い出すことにした。 昨年お世話になったガイドのイワン氏に茂木さんから連絡を取っていただき、サース・フェー方面の山の状況と明日と明後日の氏の都合を訊ねてもらったところ、私の希望するシュトラールホルンは駄目だが、アラリンホルン、アルプフーベル、ヴァイスミースならOKであるとのことであった。 またちょうど明日と明後日は今のところ予定が入っていないとのことだったので、少し考える時間をもらって事務所で明日からの計画を練ることにした。 今日のブライトホルンの状況を考えると、恐らくアラリンホルンはガイドレスでも大丈夫であろう。 但しヴァイスミースはクレバスが多いため、万が一アラリンホルンが登れなかったことを考えると、ヴァイスミースも逃してしまう可能性があり、ガイド料だけのことで登頂の有無に影響が出てしまっては本末転倒なので、とりあえずアラリンホルンはガイドレスで、ヴァイスミースはイワン氏を指名するという考えに落ち着いた。 イワン氏であれば多少の無理もきき、不測の事態にも対応してくれるメリットもある。 中途半端な依頼であったが氏は快く引き受けてくれ、さらに明日のアラリンホルン登山のために、早朝ツェルマットまで車で迎えにきてくれ、登山口のサース・グルントまで送迎して(もちろん有料であるが)くれるとのことであった。 話はとんとん拍子に進み、明日と明後日の予定は決まった。 但し唯一の問題は、ヴァイスミースの登山口となるホーザースまでのゴンドラが、架け替え工事のため上の区間が運休しており、中間駅のクロイツボーデンから標高差700mを登らなければならないということであった。 下の区間のゴンドラの最終便がpm4:30であるため、アラリンホルンからなるべく早く下山してこなければならないという制約がついてしまったが、他に良い計画も見当たらないので、過去の経験を活かしてこの計画を実行することにした。 ガイド料の700フラン(邦貨で約63000円)と手配料の140フラン、そして事務所のスタッフへのチップ50フランを支払いホテルに帰った。 西廣さん夫妻に明日以降の計画の説明を行い、山行の準備を整えてから夕食を自炊して早々に床に就いた。


ホテルの窓から見た朝のマッターホルン


ロープウェイの降車口からアンザイレンして展望台の下のトンネルを歩く


寒々しいトンネルを抜け、眩しいばかりの雪原に足を踏み出す


クライン・マッターホルン付近から見たモン・ブラン(左)とグラン・コンバン(右)


ブライトホルンの取り付きに向かって広大な雪原を歩く


ブライトホルンの頂稜部に刻まれたトレイルがはっきりと見えた


雪原から見たヴァイスホルン


取り付きから先行する大勢のパーティー


取り付きから見たカストール(中央)とリスカム (左奥)


取り付きからアイゼンを着けて登る


ブライトホルンの山頂


山頂から見たマッターホルン


山頂から見たヴァイスホルン(左)とドム(右)    中央の谷は氷河特急が走るマッタータール


山頂から少し下った所でのんびりと寛ぐ


クライン・マッターホルンに下山する


ガイドのベネディクト氏と


クライン・マッターホルン付近から見たブライトホルン


ロープウェイの乗換え駅のトロッケナーシュティークのレストランのテラスで祝杯を上げる


山 日 記    ・    T O P