デ ナ リ の 記 憶

   6月14日、私はマッキンリーのハイキャンプ(HC)5250mのテントの中で遅い朝を迎えた。 微風がHCの丘を吹き抜けて行く。 紺碧の空にデナリパス(マッキンリー稜線上の凹み)が大きく弧を描き、白一色の世界が広がっている。 “植村直己さんや山田昇さんのパーティーが烈風にあおられて帰らぬ人となったのはあの辺りだろうか・・・”。 私は目覚めたばかりのぼんやりとした頭で昨日の頂上アタックのことを思い返してみた。

  【遠くつらい頂上への道】
   デナリパス上部での観測機器の交換、設置の作業を終えてからもうどれくらい登っているだろう。 行けども行けども雪稜は続いている。 まるで終わりがないようだった。 内藤さんとアンザイレンで歩いていたが、隊の最後尾となっていた私は休憩時間をつめてまた登り出した。 もう高度6000mになっているだろう。 ただでさえ胸苦しさを感じる。 空気の薄さが思考まで止めてしまったようだ。 意識して腹式呼吸を行っても、スピードが上がらない。 無言の4呼吸が、いつの間にか“ラッセーラ、ラッセーラ、ラッセ、ラッセ、ラッセーラ”と、ねぶたの音頭に変わっていた。 沢山の鈴をつけて踊り回る“はねこ”のように足取りが少しリズミカルになったような気がした。 青森で見た張りぼての勇壮な若武者が現われては消えた。 しかし、それも長くは続かなかった。 雪壁は無情にもどこまでも私の前に立ちはだかっている。 “やはりサミットはそんなに甘くない。 ここを登るのは今日を限りなのだ。 頑張れ‘お母さん’ 頑張れ!”。 己に檄を飛ばした。 急斜面の雪壁を登る隊長の後姿が次第に離れていくのが分かる。 深い雪に足を取られて何度も転びそうになった。 “ついて行かなければ・・・、ついて行かなければ・・・”。 やっとの思いでカシンリッジが突き上げている稜線に飛び出した。 吹きっさらしの寒い稜線上で隊のみんなが待っていてくれた。 「あれが山頂だ!」。 隊長の氷柱を下げた髭が笑っている。 慎重に慎重にリッジを渡った。 幾つかの小さなピークも越えた。 朝の6時45分にハイキャンプを出て11時間が経っていた。 そして5時50分、「‘お母さん’山頂だよ、頑張ったね!」の声に迎えられて、マッキンリーの山頂に立った。 ここが北米大陸最高峰・マッキンリーの山頂だ。 「ありがとう、ありがとう!」。 誰、彼となく握手を求めた。 みんなのお蔭で山頂に立っことが出来た。 入山以来ずっと仰ぎ見ていたMtハンターやフォーレイカなどのデナリの山々が今やみんな足元に連なっている。 夢のようだ、夢ならいつまでも覚めないで欲しい。 マイナス30度の寒気の中でみんなの笑顔が一つになった。

< 坪山淑子さん  記 『女の挑戦・マッキンリー』 より引用 >


1998年6月13日登頂    第9次マッキンリー気象観測機器設置登山隊(右端が坪山淑子さん)


   息苦しくなるような記述で始まる坪山淑子さんのマッキンリーの山行記『女の挑戦・マッキンリー』を読むと、登山を志す者であれば誰もがまるで自分が当事者になったかのような緊張感と臨場感に包まれ、山頂に辿り着いた時の例えようのない達成感と安堵感を淑子さんと共有することが出来る。 山の会に入会して間もなく秋葉原のホテルで行われた淑子さんのマッキンリーの登頂祝賀会に参加させていただいたが、当時の私は海外登山はおろか海外旅行すら行ったこともなく、私には全く無縁の世界のことだと思っていた。 ましてや今回、淑子さんの足跡を辿りにその山に行くことになるとは夢にも思わなかった。

   山を登る理由や、登る山を決める理由は人それぞれであるが、その後経済的にもようやく海外の山に行けるようになった私は、淑子さんの影響を受けて、いつの間にかヨーロッパアルプスを中心に世界各国の山々に足繁く通うようになっていた。 北米大陸の最高峰で押しも押されぬ名山であるマッキンリー(6194m)にはいつの日か登ってみたいという漠然とした憧れと、とても自分の経験と実力では無理という思い、そして最後に自分への言い訳として6月に3週間の休暇は取れないという理由で先送りしていた。

   2003年の11月に山の師匠であった当の淑子さんが急逝されてから自分の心にポッカリと隙間が出来た。 気持ちの整理がつかなくなり、長年お世話になった山の会も休会させてもらった。 しばらくは辛い日々が続いたが、皆と一緒に乗り越えるしかなかった。 不思議なことに、淑子さんが亡くなられてからはマッキンリーに対する憧れが強くなっていった。 これは単にマッキンリーが世界的な名山であるという理由からではなく、私の脳裏にマッキンリーの山頂でピッケルを頭上に掲げる淑子さんの勇姿がいつまでも焼きついていたことに他ならなかった。 また、この辛さや悲しみを乗り越えるためにも相当大きなエネルギーが必要だったのかも知れない。 頼みの淑子さんからの経験談を直に聞くことは叶わなくなってしまったが、インターネットのお蔭で沢山の情報を得ることが出来るようになったことは幸いであった。

   2003年の正月に登ったアルゼンチンのアコンカグア(6959m)以外に6000m以上の山の登山経験が無かった私は、マッキンリーへのステップとして2006年の正月にAG(アドベンチャーガイズ)社が主催する登山ツアーでガイドの近藤謙司さんとエクアドルのコトパクシ(5897m)とチンボラソ(6310m)を登りに行ったが、両山とも直前に降った大雪による雪崩の危険性が高まったことで途中までしか登れず、標高は低いがエクアドル国内では有名なイリニサ(5263m)という山を登るに留まった。 しかしながら日本への帰路、近藤さんから同社が主催するマッキンリーの公募登山隊に誘われ、その場で参加を決めてしまったことが今回の山行の直接のきっかけとなった訳であるから、この登山ツアーも無駄ではなかった。

   以前そのAG社が主催するヒマラヤのチョ・オユーの公募登山隊の説明会に淑子さんと共に足を運び、その帰り道の居酒屋で8000m峰の夢を語り合ったことは今でも記憶に新しい。 そしてその一年後に淑子さんは見事そのチョ・オユー(8201m)の頂に立って夢を実現させ、次の目標へと繋げた。 私も自分のこと以上にその登頂を喜び、淑子さんとの最後の山行となった尾瀬の鬼怒沼でその土産話を伺ったが、やはり淑子さんにとって生涯忘れることの出来ない一番の想い出の山はマッキンリーではなかったかと思った。 その後、山の会の有志で淑子さんが未踏であった深田100名山の4座を登られ、山頂で散骨を行うという“代理登山”が行われたことをヒントに、淑子さんの一番の想い出の山と思われるマッキンリーで散骨が出来たら私自身のみならず淑子さんもきっと喜んでくれるに違いないと思った。


  【登山隊の目的と編成】
   私達の登山隊は、マッキンリーの山頂直下に設置されている気象観測機器の保守・データの回収とマッキンリー登頂を目的として結成された。 これは隊長の大蔵喜福さんが日本山岳会の協力を得て毎年行っているもので、今年で9年目となる。 事の発端は大蔵隊長の友人である山田昇さんや三枝さんが、マッキンリーで強風のため滑落死したことや、加藤保男さんがエベレスト登頂後に消息を絶ったことにある。 いずれも厳冬期の事故で気象遭難と考えられている。 このような事故を未然に防ぐためには生の気象データが必要であると考えた大蔵さんがアラスカ国立公園局と折衝を行って実現したものである。 私達『第9次マッキンリー気象観測機器設置登山隊』の構成メンバーは隊長以下、大学山岳部等青年組6名、熟年組3名である。 その中にあって女性隊員は私だけ、その上私が隊の最高齢(55歳)ときている。 隊員の皆さんに迷惑をかけないで登ることが最大の命題であった。

< 坪山淑子さん  記 『女の挑戦・マッキンリー』 より引用 >


   マッキンリー登山にはデナリ国立公園の入園料として徴収されるいわゆる入山料が210ドル、事前に登山申請を行い、登山基地のタルキートナから実質上の登山口となるランディングポイント(LP)までのセスナ機のフライト料金を払えば、単独でも入山は許可されている。 しかしながらアプローチの氷河歩きが長く、クレバスが多いこの山域では単独行は一般的ではなく、複数のパーティーがアンザイレンして登るのが通例である。 また一昔前は国際山岳ガイドの資格があればマッキンリー登山のガイドをすることが出来たが、現在ではアラスカの環境問題もあり、今回お世話になったAAI(アルパイン・アッセンツ・インターナショナル)社を含む7社の米国法人のみにマッキンリーの登山ガイドのライセンスが与えられているに過ぎず、毎年日本から大蔵喜福さんを始め色々な方が実質的なガイドとして入山されているが、これらは全て苦肉の策を講じて営利目的ではない登山隊という名目で登山申請をしているからに他ならない。

   昨今では一般的となっている『公募登山隊』とは、現地集合の個人レベルでの参加が前提となる多国籍の登山隊であるが、今回私が参加した公募登山隊とは、AG社が登山隊の定員に達するまで参加者を集め、その中にコーディネーターとしての日本人のガイドを一人参加させるという純粋な日本人隊であった。 6月の出発に向け年末にはすでに実質的な申し込みは終了し、3月にその説明会がAG社で行われ、6名の参加者が初めて顔を合わせた。 意外にも参加者(登山隊員)は昨今の登山ツアーでは珍しく、当時47歳の私が平均年齢を上回っていた。 説明会での机上講習の後、4月には隊長となるガイドの梶山宝伸さんの指導のもと登山隊員全員で八ヶ岳のジョウゴ沢・赤岳鉱泉のアイスキャンディにてクレバスレスキュー及び自己脱出の訓練、5月には丹沢の広沢寺の岩のゲレンデで登高器(ユマール)による固定ロープの登下降の訓練を行った。 また、その間に有志で昨年の大蔵さんの気象観測機器設置登山隊に参加された方の講演会に参加したり、情報交換会と称する夜の親睦会等で親交を深めていった。 これは私を始めとする登山隊員の総意によるもので、一般の公募登山隊にありがちな希薄な人間関係を無くそうという目的であった。 また、使用する衣類や装備品についてはメールでの情報交換が非常に役に立った。


赤岳鉱泉のアイスキャンディでの自己脱出の訓練


丹沢の広沢寺のゲレンデでの登高器(ユマール)による固定ロープの登下降の訓練


  【アラスカ登山基地へ】
  私達、第9次登山隊10名は390kgの荷物と共に5月28日に成田を出発した。 ソウル経由でアラスカのアンカレッジに着いたのが日付変更線の関係で同じ28日だった。 そこではまず食料品(60〜70kg)や凍傷防止のためのオーバーブーツ等の買出しを行った。 翌日はペミカン(肉や野菜の水分を油で飛ばしてラードで固めたもの。 重量が軽く保存も効く。 米国が戦争用に考案したものらしい)作りに当てた。 10日分の夕食の食材は思ったより多量で、半日近くガス台の前を離れることは出来なかった。 しかし、心はすでにマッキンリーに飛んでいた。

   アンカレッジからは白樺の新緑が鮮やかなハイウェイを約2時間走ってタルキートナの街に着いた。 タルキートナは中世アメリカを連想させるような西部劇の世界そのままの町の佇まいである。 ここのレンジャーステーションで入山手続きを行った。 いよいよセスナでランディングポイント(LP)入りだ。 しかし昼からの小雨でフライトは延期となり、とうとう2日間の停滞を余儀なくされた。

   3日目の朝、スキーを履いた4人乗りの小さなセスナ機に荷物と共に押し込められ、やっとフライト出来た。 空から望むデナリ国立公園は幾重にも重なる銀嶺と、その裾野を埋め尽くす白い氷河が果てしなく続いていた。 “大変な所へ来てしまった。 私が来るべき所ではなかった”。 不安が交錯し、電撃の如く体内を走り抜けた。 約40分で小雪のぱらつくカヒルトナ氷河(LP)上に降り立った。 秀麗なMtハンターが顔を出して出迎えてくれた。 今日はこのLPでテントを張ることになった。 広大な雪原のLPには幾つかの外国隊のテントが張られ、またデポ用の竹竿も数多く立っていた(このデポ分だけ登山者が入っているということか)。 ここデナリでは、持ち込んだものは全て持ち帰ることが厳しく定められている。 人の排泄物も“大”はビニール袋に入れてクレバスに捨てるという徹底ぶりである。

< 坪山淑子さん  記 『女の挑戦・マッキンリー』 より引用 >


   2007年5月31日、梶山隊長と6名の隊員である竹下さん、栗本さん、山田さん、細江さん、徳田さんと私は、妻らの見送りを受けて成田を出発。 今回は登る山が山だけに、妻のみならず両親や親戚も心配してくれ、ザックには御守りが3つも入ることになった。 シアトル経由でアンカレッジへと向かったが、テロ以来相変わらずアメリカの入国審査は厳しく、隊員の一人がパスポートの記載内容の不備で危うく入国出来なくなったり、税関で共同装備の日本食の一部が没収されたりと、のっけからつまづいた。 アンカレッジ空港にはマッキンリー登山に来る大半の日本人の面倒をみているエージェントの加藤さんが車で迎えに来てくれ、観光案内をしながらホテルまで送ってくれた。 天気は生憎の曇天であったが、想像していたよりも寒くはなく、春の北海道くらいの感じであった。 加藤さんから、今年のアンカレッジは春先から例年になく天気の悪い日が多いという悪い話を伺った。 マッキンリーのあるアラスカ州はアメリカでは一番面積の広い州で、日本の4倍もの広さであるが、人口は約65万人で、そのうちの約4割の27万人がこのアンカレッジに住んでいるらしい。 キャプテンクックが船の錨(アンカー)を置いた(レッジ)ことが地名の由来となっているというアンカレッジの市内を時差ボケの解消を兼ねて散策し、夜は日本食のレストラン『熊五郎』で親交を深めた。


マッキンリー公募登山隊(左から細江 ・ 山田 ・ 竹下 ・ 酒井 ・ 栗本 ・ 梶山 ・ 徳田/敬称略)


アンカレッジ空港に迎えに来てくれたエージェントの加藤さん(右から2人目)


アンカレッジの市内散策で訪れたキャプテンクックの上陸記念碑


   6月1日、午前中はアンカレッジ市内にある2軒のアウトドアショップ( 『 R E I 』 と 『 A M H 』 )を回り、足りない装備等を買い足す。 日本やヨーロッパでは取り扱いのない大きなサイズのギア類も沢山あり、とても参考になった。 午後は加藤さんの車でアンカレッジから北へ約190キロ離れた登山基地のタルキートナまで車で送っていただく。 その後加藤さんには滞在中色々な形でサポートをしていただくことになった。 タルキートナは1世紀ほど前のゴールドラッシュで栄えたらしいが、今では数百メートルのメインストリートに飲食店と土産物屋が数軒点在するだけのこぢんまりとした集落であり、開拓当時の面影が残っている片田舎の地味な観光地だ。 土産物屋で絵葉書や写真集を買い、タルキートナから少し離れたところにある今日の宿泊先のロッジに早めに着き、明日からの登山を前に隊員一同のんびりと寛ぐ。 今回の公募登山を主催しているガイド会社のアルパイン・アッセンツ・インターナショナル(AAI)社の所属ガイドであるデビットとエイ・ジェイをロッジに招き、夕食を共にする。 料理自慢の宿らしく、料理は値段の割りにとても美味しかった。 二人のガイドは共に若く、またアメリカ人らしくとても大柄な猛者だった。


アンカレッジ市内にある大型アウトドアショップ『 R E I 』


料理がとても美味しかったタルキートナのロッジ『 ファイアーウィード・ステーション・イン 』


ロッジの別棟のコテージで寛ぐ


A A I 社のガイド  デビット(左)/ エイ・ジェイ(右)


   6月2日、AAI社のガイド2人と共にタルキートナにある同社の大きな倉庫に行き、全ての衣類と装備品の点検を受ける。 少しでも軽量化した方が良いということで、嗜好品や着替え等は最小限に抑えるようにとの指示があったが、逆にオーバー手袋、ダウンジャケット、寝袋、マット、登山靴などは軽くて薄いものは駄目との指摘を受け、不合格となった装備品は半ば強制的に同社のものをレンタルさせられた。 点検が終ると、クレバスからの自己脱出についての実技テストがあり、事前の講習会での訓練の成果を披露することとなった。

   タルキートナのメインストリートにある有名な『マッキンリー・ピザ』で昼食のピザを食べ、国立公園管理事務所(レンジャーステーション)で事前の登録申請とのチェックを受けてから入園料を支払い、登山と環境に関する制約事項、特に排泄物の処理についてのレクチャーをレンジャーから受ける。 ここでCMC(クリーン・マウンテン・カン)という排泄物を入れるプラスティックの容器を一つ渡される。 途中何箇所か指定されたクレバスには捨てることが出来るが、アラスカの自然と環境を守る観点から、原則は全てを持ち帰ることが望ましいらしい。 今シーズンのマッキンリーへの入山予定者は1170人で、現在までの登頂率は44%であると掲示板には表示されていた。

   その足で町外れの小さな飛行場へ向かう。 タルキートナから約100キロ離れたマッキンリーまで人跡未踏の森や谷や氷河の全てを踏破するのは非現実的なので、全ての登山者はセスナを使ってのアプローチとなる。 だが、気象条件の厳しい山域を飛び、氷河の滑走路に降り立つセスナは、必然的に天気により運行が左右されるため、タルキートナで2〜3日足止めを食うことも珍しくないらしい。 当日の天気は薄曇りであったが、2機のセスナをチャーターし、待ち時間なく乗ることが出来た。 これも地元のAAI社に依頼しているお陰に他ならなかった。 一人当たり約50キロの荷物を積み込み、初めてセスナの助手席に座る。 いよいよ憧れのマッキンリーに向けての出発だ。 エンジンの音と振動が、期待と不安で高鳴る心臓の鼓動とシンクロしている。




A A I 社で衣類と装備の点検を受ける







A A I 社でクレバスからの自己脱出についての実技テストを受ける







タルキートナに向かう道路から見えたマッキンリー







タルキートナにある有名な『 マッキンリー・ピザ 』のピザは評判どおりとても美味しかった







国立公園管理事務所(レンジャーステーション)







CMC(クリーン・マウンテン・カン)という排泄物を入れるプラスティックの容器







タルキートナの飛行場からセスナに乗って入山する





   あっという間に離陸したセスナの機上からは、氷河からの白濁した水が流れる川や、真っ青な無数の小さな湖沼、緑の森、残雪の山々が眼下に一望され、目線の高さには視界一杯に無数の氷河の山々が遠望された。 そのほぼ中央に山頂を雲で隠した大きな山があり、すぐにそれがマッキンリーだと分かった。 “ああ、この雄大なアラスカの景色を機上から淑子さんも目に焼き付けたことだろう・・・”。 今回の山行はまさに淑子さんの足跡を辿ることが目的であるが、のっけからその一端に触れることが出来たような気がした。 セスナは時速100キロ以上の速さで飛んでいるはずだが、山のスケールが大きいため遠くの風景がなかなか変わらず、まるでセスナが止まっているかのような錯覚を覚える。 眼下に温暖化で後退した氷河が見え始めると、ようやく高い山々が間近に迫ってきた。 時折横風が強く吹くと、機体が一瞬ふらっと揺れる。 コックピットの高度計は3000m辺りを指していた。


曇がちな天気でセスナの機上からはマッキンリーの山頂はすっきりと望めなかった


峰々の間をかすめるように飛ぶ迫力のあるセスナのフライトに圧倒され続ける


   30分ほどの刺激的なフライトを終え、私達を乗せたセスナは、幅の広いサウスイーストフォーク・カヒルトナ氷河に下から坂道を登るような格好で着陸した。 ここがマッキンリーの実質的な登山口となる標高2134mのランディング・ポイント(LP)である。 緑濃い長閑なタルキートナの集落とは全くの別世界となった純白の氷河の真っ只中のLPには、東南の方角に秀峰ハンター(4441m)が屹立し、登山口としては充分過ぎるほどの迫力のある景観を誇っていた。

   温暖化の影響か、陽射しは弱いが想像に反してLPはとても暖かく、今日から2週間以上この雪と氷だけの世界に身を置くことに対する緊張感を和らげてくれた。 前のパーティーが使っていたテント場の跡地をスコップとスノーシューで整地し、AAI社が用意したテントを4張り立てる。 風雪に耐えられるように複雑な構造をしたテントの設営には、初めてということも手伝って1時間以上かかった。 登山に関するタクティクス(戦略)は全てAAI社及びそのガイドが決定するが、食事についても同社が用意した食材を使ってガイドが作るというのが同社の方針のようで、まるで“大名登山”のようで楽ではあるものの、逆に時間を持て余し気味であった。 テントは日本の規格では3人用であったが、今日は栗本さんと2人で使う。 栗本さんは今回の男性隊員の中では最高齢(58歳)であったが、モチベーションも一番高く、その点は本当にありがたかった。


マッキンリーの実質的な登山口となる標高2134mのランディング・ポイント(LP)


LPの傍らに屹立する秀峰ハンター(4441m)


   入山2日目(6月3日)、今日も薄曇りの天気だった。 せっかく昨日スムースに入山出来たにも係わらず、意外にも今日は休養(順応)日であるとガイドから指示があった。 お昼近くなり気温が上がってきたところで、ピッケルを使っての基本動作と滑落停止の訓練、ソリの曳き方、そしてクレバスからの引き上げの訓練を行い、さながら“登山教室”のような雰囲気であった。 出発前に各人の登山技術をガイドたちが知りたかったのだろう。 マッキンリー登山の一般ルートである『ウエストバットレス・ルート』は技術的には易しいと言われているが、高い山では天候等の条件次第で状況が一変するからだ。 夕方になってようやく神々しいマッキンリーの頂稜部が初めて望まれ、その雄姿に隊員一同の目が釘付けとなった。 ここからの標高差は4000mほどであるが、それ以上にその頂との距離を感じた。


LPに終日滞在し、滑落停止 ・ ソリの曳き方 ・ クレバスからの引き上げの訓練を行う


LPから見たマッキンリーの頂稜部(LPからの標高差は約4000m)


LPから見たフォレイカー(5305m) 手前が私達のテント


  【いよいよアタックの開始】
    6月2日、いよいよ登山開始。 私は40kg近い荷物を運び上げなければならない。 ザックに入りきらない荷物をソリに積んで、9時20分出発。 Mtフランシスの山裾を巻くように一旦氷河を下りる。 それからカヒルトナ氷河の緩い登りに入った。 ヒドンクレバス(クレバスの上に雪が積もっているもの)を踏み抜かないように、山スキーを履いての登高である。 河幅が3kmはあるかと思われる広大なカヒルトナ氷河をただひたすら登った。 幸いなことに天気は快晴、雪は雲よりも白く、空はどこまでも青い。 氷河の向こうにデナリの女神(マッキンリー)が気高く鎮座している。 時折、大きなブロック雪崩が不気味に地鳴りを轟かせていた。

   4時、2350mの氷河上でテントを張ることになった。 この時期、ここは白夜なのでまだまだ昼間のように太陽が高い。 今夜のメインデッシュは牛肉のステーキ。 さすがアメリカは肉食の国、アンカレッジで購入したステーキの厚さは7〜8cmは充分にある。 この大型ステーキ10枚を10人で平らげてしまった。 夕方、マッキンリーに笠雲がかかってきた。 ちょっと嫌な気分だ。
  翌日(6月3日)も快晴。 Mtフォーレイカが鋭角の美しい姿を見せているが、今朝もマッキンリーの山頂だけ雲が湧いている。 今日はここ2350mからデポキャンプ(DC)3440mまで高度差900m、道のり約6kmの行程だ。 陽が差してきて、気温はやっと0度になった。 白く美しいMtクロッソンが、いつしかカヒルトナドームへと山が変わっていた。 カヒルトナドームも厚く雪に覆われ、クレバスが大きく口を開いている。

   約8時間でDCに着いた。 ここは小広い雪原で、北面が岩屏風となっていて、風の影響が少ない格好のテント場だ。 雪のブロックを積み上げたおあつらえ向きの場所が空いていた。 「ラッキー」。 久々の夕焼けを見た。 カヒルトナドームをオレンジ色に染め、幻想的な風景が広がっていた。

< 坪山淑子さん  記 『女の挑戦・マッキンリー』 より引用 >


   入山3日目(6月4日)、この時期のアラスカは白夜なので、夜中でもヘッドランプが不要なほど明るい。 この特異な気象条件はアプローチからアタックまでのマッキンリー登山のタクティクスに充分活かされているようで、次のキャンプ地であるC1へは陽射しがあると暑くなる昼間の行動を避けて真夜中に起床し、テントを撤収して未明に出発することになった。

   ザックには個人装備が約15kg、ソリにはその他の個人装備の他、テント・食糧・燃料等30kg近くの荷物を積み、腰(ハーネス)ではなくザックにロープを結んで引っ張る。 さらにメインザイルでガイド1名と隊員2名とがアンザイレンし、スノーシューを履いて歩くため、まるで奴隷のように全く身体の自由が利かない。 このようなスタイルの登山は今まで経験したこともなく、また今後も滅多に経験することはないだろう。 身分は大名から一変して足軽のようになった。

   LPからは緩やかな下りがしばらく続いたが、前の人が曳くソリが後から本人にぶつからないように、後の人が前の人のソリをコントロールしなければならず、慣れていないことも手伝って結構これが大変だった。 早朝までは青空が覗いていたが、その後は終始曇りがちの天気となり、氷河上は次第に深い霧に包まれていった。 素晴らしい氷河からの景色を愛でることは出来なかったが、一方では雪が固く締ったままの状態で行動出来たため、1時間に1回程度の休憩を挟んで、5時間少々で風よけの雪のブロックに囲まれた各隊のテントが並ぶC1(2350m)に着いた。 C1といっても特に決まった場所にあるわけではなく、だだっ広い氷河のど真ん中のちょっとした平らな場所が例年自然とC1となるようであった。 小雪が舞う中、ブロックは積まずに整地だけをしてテントを4張設営する。 テントは今日も栗本さんと2人だけで使ったが、結局栗本さんとは最後まで一緒のテントだった。 C1からは巨大なパラソルのようなキッチンテントを設営した。 キッチンテントには床がなく、雪面を1mほど掘り下げてテーブルや椅子も雪で作る。 夕食は梶山隊長がフライパンで日本から持参した餅を焼いてくれたが、これが実に美味しかった。


マッキンリーの頂稜部に取り付いた不気味な笠雲


LPを未明に出発し、C1へ向かう


正面のコルの手前がC1    近そうに見えて結構遠い


終始曇りがちの天気で、次第に深い霧に包まれていっ


霧の中、LPから5時間少々でC1(2350m)に着く


C1に設営したテント    食糧を入れたダッフルバックにソリを被せる


   入山4日目(6月5日)、次のキャンプ地であるC2へ今日も未明に出発したが、のっけから濃い霧に包まれてしまった。 晴れていればこの辺りからマッキンリーの頂稜部とその登攀ルートであるウエストバッドレスが見えるはずだったが、昨日同様に写真の被写体が終始見つからず、重い荷物に辟易しながら黙々と奴隷のように歩みを進めるだけだった。 各人を繋ぐザイルの間隔は15mほどであるため、会話をすることも出来ない。 斜面の勾配は昨日よりも少し急になり、途中からスノーシューのクライミングサポートを上げて登る。 休憩を挟んで4時間少々登ったところで急速に霧が晴れ、青空の下に初めて氷河からの素晴らしい景色を見ることが叶った。 後続のパーティーとの差が開いてしまったため、しばらく足を止めて周囲の雄大な風景の写真を撮る。 そこから1時間ほどでC2(2850m)に着いたが、天気が良くなったので煩雑なテントの設営も苦にならなかった。 昨日のC1と同様に、C2もだだっ広い氷河のど真ん中のちょっとした平らな場所に設けられていて、氷河とその周りを囲む純白の山々が創り出す極地の風景に、ただ溜息をつくばかりであった。 LPからは近すぎて山頂が見えなかった秀峰ハンター(4441m)がその全容を惜しみなく披露し、皆で記念写真を撮り合う。 風もなく暖かいので、キッチンテントでコーヒーやお茶を飲みながら寛ぐ。 荷上げは辛いが、下部の氷河のアプローチでのテント生活は楽しいものだ。


C1からMCの間で使用したキッチンテント    中心に太いポールがあり、見た目よりも雪や風に強い


C1からC2へ登る    標高差は約500m    昨日同様天気は悪い


総勢9名なので、ガイド1人に隊員2人の編成で3パーティーとなる


通称『 スキー・ヒル 』と呼ばれる所で急速に霧が晴れた


後続のパーティーとの差が開いてしまったため、しばらく足を止めて周囲の雄大な風景の写真を撮る


C1から5時間ほどでC2(2850m)に着く


キッチンテントでコーヒーやお茶を飲みながら寛ぐ    隊員一同とても元気だ


C2はだだっ広い氷河のど真ん中にあり、天気が良ければまるでオアシスのようだ


テントメイトの栗本さんと    結局栗本さんとは最後まで一緒のテントだった


C2から見たハンター(4441m)    白夜のため夜の11時でも明るい


   入山5日目(6月6日)、今日は通称『デポキャンプ』(DC)と呼ばれる次のキャンプ地を目指す。 早朝はカヒルトナ氷河を挟んで対峙しているカヒルトナ・ドーム(3818m)とカヒルトナ・ピーク(3912m)の頂上にも朝陽が当たり、好天の兆しが感じられたが、結局今日も行動中はずっと曇天であり、途中からは霧も濃くなった。 もちろん周囲の風景はろくに見えず、昨日同様ただひたすら重荷を背負って奴隷のように歩き続ける。 最後の1ピッチではホワイトアウト寸前の状態になったこともあり、2時間も休まずに歩き続けたため、ザックが肩に食い込み発狂しそうになったが、ザイルとソリで体をがんじがらめに縛られているため、一瞬たりとも足を止めることは出来ない。 自分一人だけではなく、他の隊員も同じように頑張っているということだけが唯一の心の支えだった。 先行していた紅一点の竹下さんの歩みが捗らなくなり、途中でこのパーティーを追い越すことになった。 中高年の女性にはこの荷上げは体力的に相当厳しいだろう。 当時55歳であった淑子さんも良くこの荷上げの辛さに耐え、頑張ったものだとあらためて感心する。 まさに今日は“雪中行軍”という感じだった。


朝の4時にC2から今日辿る氷河を見上げる


C2から昨日辿ってきた氷河を見下ろす


C2(右下)とハンター


C2からDC(デポキャンプ)へ登る


   小雪の舞う中、デポ品を埋めた目印の竹竿やスキー板が乱立するDC(3350m)に到着。 結局C2からは4時間の行動だったが、最後の1ピッチが長かったことが原因でへとへとに疲れ、しばらくの間はテントを設営する気力もなく、ソリに積んだ荷物の上に座り込んで頭を垂れていた。 さすがの若い細江さんや徳田さんも疲れた様子だった。 その間にガイドのデビットが周囲にブロックが積まれた空のテントサイトを見つけてきてくれたので、整地を行ってテントを設営する。 煩雑なテントの設営も今日で3回目なので、だいぶ慣れてきた。 意外にもデビットから明日は荷上げを行わず、休養(順応)日にするとの指示があった。 嬉しい反面、アタックの予備日が1日減るので複雑な心境だ。 MCに上がる前に完全に体を高度に順応させておきたいというのがAAI社のタクティクスなのだろう。 LPからDCまで終始天気には恵まれなかったものの、セスナでのアプローチにも無駄がなく、あらためてここまでの順調さを実感した。


今日も天気が悪く、行動時間は4時間だったがとてもハードな1日だった


小雪の舞う中、テントを設営して一息つく


デポキャンプの名前の由来どおり、竿の下に各パーティーのデポ品が埋めてある


『モーターサイクル・ヒル』と呼ばれる登り坂ではスキーやスノーシューを外して登るパーティーが多い


  【寒さと烈風に大苦戦  BCへ】
   入山4日目(6月4日)、夜半から雪となり、視界は全く利かない。 今日はDCから9日分の食料と観測機器の荷上げをする予定である。 時計を見計らっていた隊長から「1時出発」の号令が出た。 青年組が食料等の荷上げを行い、私達熟年組は高度順化を兼ねて個人装備の荷上げを行うことになった。 今日からはスキーを脱いで、アイゼンとピッケルの世界に入った。 DCからは階段状に踏まれた急斜面を直登した後、雪壁をトラバースする。 例年このトラバースの所は蒼氷となっていてとても危険な場所らしい。 今年は幸いにも新雪が歩き易くしてくれた。 登ること4時間、ウィンディー・コーナーの岩陰に観測機器、食料等をデポしてDCのテント場に向けて急ぎ戻った。 内藤さん(山渓・編集部)が水分不足から熱中症を患い、40度近い熱が出てしまった。 夕食も食べられない状態でとても心配だ。

   入山5日目(6月5日)、朝から小雪が舞い、強風が吹き荒れている。 いよいよBC(4330m)入りだ。 昨日と同じコースなので、心理的不安は少ないが風が強い。 トラバースを過ぎる辺りから、吹き飛ばされないように何度も耐風姿勢を取った。 風速20mはあるだろう。 気温はマイナス6度、体感気温はマイナス26度位になっているはずだ。 隊長の口髭にも長い氷柱ができた。 厚手のヤッケを着ていたがとにかく寒い。 がたがたと震えが止まらない人もいた。 急遽ビバーク体制に入ることにした。 雪の急斜面をならして、どうにかテント1張りを立てることが出来た。 これでとりあえず風を防ぐことが出来る。 10人が肩を寄せ合い、膝を抱えてやっと入れた。 まるで天国のように暖かい。 しかし、風は容赦なくテントを叩きつけている。 押し潰されそうだ。 “ポールが折れなければ良いが・・・”。 テント内で待つこと5時間、悪魔の咆哮が収まったようなのでBCに向けて出発した。 ウィンディー・コーナーはその名のとおり、アリューシャンに吹き抜ける風の通り道のようだ。 “これがマッキンリーの風か!”。 ウィンディー・コーナーを回り込んで、やっと風が弱くなってきた。 しかし先はまだ長い。 蒼氷の急斜面をトラバースしてアイスフォール帯を渡る。 高度が上がるにつれて息苦しさが増してきた。 辛い。 でも“こんなことで音を上げるものか”と自分を励ました。 へとへとに疲れ果てて9時にやっとBCに着いた。 熟年組は夕食も取らずにシュラフにもぐり込んだ。

< 坪山淑子さん  記 『女の挑戦・マッキンリー』 より引用 >


   入山6日目(6月7日)、今日は図らずもDCでの休養日となったが、一日中雪が降り続いていたので気温は上がらず、また午後からは激しく降り積もったので、時々テントの外に出て雪かきをしなければならなかった。 快適に休養日を過ごすことは出来なかったが、もし今日行動していたら昨日以上に休憩もろくに出来ず、悲惨な目に遭っていたに違いないので、結果的には休養日に相応しい日となった。 本当にここまでは全てが順調だったが、気象条件の厳しいアラスカの天候が今日の天気を境にさらに悪化するのか否かは神のみぞ知るところであった。 いずれにしても今回の登頂の成否については、淑子さんが歓迎して下されば叶うだろうし、もしそうでなければ叶わないだろうという考えは入山前と変わらなかった。 狭いテントに押し込められていたものの、同室の栗本さんと山のよもやま話しなどをしていると退屈なこともなく、ストレスを感じることは全くなかった。 ただ、凍傷の前兆なのか手の指先全部が紫色に変色しているのが唯一の気掛かりだった。

   マッキンリー登山はセスナの着陸地点であるランディングポイント(LP)からの下部の長い氷河のアプローチ(C1)〜(C3)と、通称『メディカルキャンプ』(MC)と呼ばれるベースキャンプ(4330m)から上部の雪稜の登攀の2つのステージに分かれている。 通称『デポキャンプ』(DC)と呼ばれるC3(3350m)は各登山隊が長い氷河のアプローチを終え、MCに上がる前に不要となった装備(スキー・スノーシュー・ソリ等)と帰路の食糧と燃料をデポ(雪の中に埋めていく)することからネーミングされたものである。 そしてこのDCとMCとの間には悪名高い『ウィンディー・コーナー』と呼ばれる風の強い場所がある。 この時の強烈な体験談については以前淑子さんからも直接伺った記憶があるが、その当時は全くの他人事だと思っていたことは言うまでもない。


前日の夕方から雪が降り続き、テントが埋まってしまった


一日中雪が降り続いていたので、時々テントの外に出て雪かきをする


   入山7日目(6月8日)、まだ幸運が続いているようで、雪は止み薄日が射していた。 今日は次のキャンプ地であるMCに上がるための高度順応と荷上げを兼ねて、ここから標高差で750mほどの所にあるデポ地点まで往復することとなった。 目の前には『モーターサイクル・ヒル』と名付けられたスキー場のスロープのような緩く広い斜面があり、そのほぼ中央部には一筋の明瞭なトレイルが先行パーティーによってつけられていた。 荷上げがなければ短時間で標高が稼げそうな快適なトレイルである。 しかし、モーターサイクル・ヒルの上から右へと進路を変え、しばらく稜線を登った先にそのウィンディー・コーナーがある。 その名のとおり、地形的に常に風の通り道となっている所だ。

   今日はこれまでとは違って遅い出発となった。 これからは寒さに合わせて気温が上がる時間帯に行動するというわけだ。 昨日の降雪による雪の抵抗を考えてソリは使わず、アタック時に用いる羽毛服や手袋、オーバーシューズ等の個人装備と食糧をザックに詰め込み、登山靴にアイゼンを着けてダブルストックで登る。 ザックの重さは20キロほどであるが、ソリとスノーシューが無いだけで何かとても身軽になったような気がする。 DCからMCまでのボッカは荷物を分散して運ぶので、昨日までの荷上げより楽かも知れない。 問題はウィンディー・コーナーの通過である。

   モーターサイクル・ヒルへ上がるトレイルは上部に行くにつれ見た目よりも急になったが、歩くペースはそれほど速くないので問題無い。 それよりもウィンディー・コーナーの風の脅威が常に頭の中を支配していた。 モーターサイクル・ヒルへは1時間足らずで着いた。 絶好の休憩場所と思われたが、風が少し出てきたためか、先頭のエイ・ジェイは足を止めることなく前へ進んだ。 モーターサイクル・ヒルは幅の広い尾根の末端という感じで、その先の斜面は進行方向に向けて左側に傾斜していた。 ソリを使った場合必然的に左側の斜面にソリがずり落ちる形になるため、やっかいだろう。 天気は悪くないが雲が多く、晴れているという感じではない。 風は次第に強まっていったが、マッキンリーではまだそよ風くらいだろう。

   上に行くにつれてさらに強まると思われた風も弱まり、左側への傾斜が緩まった場所でようやく休憩となった。 振り返ると、だだっ広いカヒルトナ氷河から屹立するカヒルトナ・ドーム(3818m)が目線の高さになり、ようやく景色が立体的に俯瞰されるようになった。 前方の行く先には、両側から岩峰が迫るウィンディー・コーナーの入口と思われる峠のような所が見えた。 ここからは傾斜もだいぶ緩やかになり、再び風が強まらないことを祈りながら、だんだんと肩に食い込んでくるザックの重さに耐えながら再び黙々と登る。 最初に見えた峠のような所まで登ると傾斜はさらに緩まり、その先にはまた同じような景色が展開していた。 1時間以上登り、再び傾斜がきつくなり始めた所で、落石に備えてヘルメットを被る。 前方に見える顕著なコルこそがウィンディー・コーナーの入口だった。


DCは標高が11,000フィートのため、通称『イレブン』とも呼ばれている


モーターサイクル・ヒルを登り、『ウィンディー・コーナー』の上部(約4100m)までの荷上げをする


ザックの重さは20キロほどあるが、ソリが無いだけでとても身軽になった


   間もなくウィンディー・コーナーにさしかかると、一時吹き止んでいた風が再び吹き始めた。 ジャケットのフードを深く被り、頭を垂れて足元だけを見ながら歩く。 入山以来初めてルート上に岩の地肌が見えた。 風で雪が飛ばされているのだ。 雪と氷の塊のように思えたマッキンリーもその下には岩があったのだと妙に感心した。 ルート上の所々に蒼氷が見られ、見ているだけで寒々しかった。 幸いにも風は時折風速10m以上吹くこともあったが、それ以外はウィンディー・コーナーにしては通常よりも弱めで、耐風姿勢を取ることもなく、僅か数10分で無事通過することが出来た。

   ウエストバットレスの側壁に沿って左に回りこむと視界は広がり、前方に大きな山の塊が霧の中にぼんやりと見えた。 マッキンリーの頂稜部であろうか?。 間もなく、DCから4時間半ほどで標高約4100mのデポ地点に着いた。 梶山隊長の話ではここからMCまでは1時間半ほどの行程とのこと。 デビットとエイ・ジェイと梶山隊長が素早くスコップで深さ1m・直径2mほどの穴を掘り、皆で担ぎ上げた荷物を埋めた。 結局その間も霧は上がらず、残念ながら山頂方面の景色はお預けだった。

   しばらく休憩した後、空身でDCへと下ったが、帰りもウィンディー・コーナーの風が弱くて助かった。 明日もこの程度の風であれば幸いであるが、今日のようにまた淑子さんが守ってくれるだろうか。 荷物のない下りはまさに極楽である。 天気は次第に下り坂となり、DCに着く頃には再び小雪が舞い始めたが、デポ地点から僅か1時間少々でDCに着いてしまった。 夕食前のミーティングで私達の登山隊の名称が私の発案で『チーム・カミカゼ』と決まり、MCからの本格的な登山活動でこの名前が無線交信や各方面との連絡等で使われることになった。


ウィンディー・コーナーでは風が少し強まった


DCから4時間半ほどで標高約4100mのデポ地点に着く


デポ地点からDCに下る『チーム・カミカゼ』


   入山8日目(6月9日)、いよいよ今日は次のキャンプ地であるMCに上がる。 夜中の雪は舞った程度で積るほどではなかったが、まだまだ天候は安定していない。 今は雪も止み、上空には僅かばかりの青空も覗いているが、カヒルトナ・ピークには笠雲が取り付き、天候の悪化を告げている。 モーターサイクル・ヒルの上にも不気味な雲が湧き上がっている。 しかしながら、ここまで隊員一同の健康状態は誠に良好で、高山病の症状が出たり風邪や体の不調を訴える人は誰もおらず、唯一私の指先の色が紫色に変色したまま治らないのが玉に傷だった。

   相変わらずのんびりムードで朝食を食べてから、荷物を整理してテントを撤収し、スノーシュー等のデポ品を埋め、正午前にようやく出発となった。 天気は朝方より少し回復し、昨日よりはだいぶ良くなった。 デビットとエイ・ジェイだけが空のソリを重ねて曳く他は、昨日と同じ20キロほどの荷物をザックに背負うだけである。 ウィンディー・コーナーの風の心配を除けば、ほぼ昨日と同じスケジュールでMCに行けるはずなので気は楽だ。

   幸運なことに今日も風は弱く、また次第に青空が広がり始めたので、太陽の陽射しが身も心も暖めてくれる。 さらにあり難いことに今日も淑子さんのご加護によりウィンディー・コーナーでの風は弱く、相変わらず荷物の重さにだけは閉口するが、昨日同様にDCから4時間半ほどでデポ地点に着くことが出来た。 前方にはウエストバットレスの雪と岩の巨大な壁が威圧的な面持ちで聳えていた。 しかしながら、まだここからは山頂は見えていなかったことが後で分かり、あらためてこの山のスケールの大きさを思い知らされた。


スノーシュー等のデポ品を埋め、DCからMCに登る


すっきりと晴れてはいないが、入山してから一番天気が良くなる


昨日よりも風は弱く、次第に絶好の登山日和となった


ウィンディー・コーナー直下で落石に備えてヘルメットを被る


ウィンディー・コーナーを過ぎると前方にウエストバットレスが威圧的な面持ちで聳えていた


   意外にもデポ地点ではスコップ等のギアの一部をピックアップしたのみで、埋めた荷物をソリで運び上げることはしなかった。 梶山隊長から、明日MCから有志で“逆ボッカ”をする旨の説明があった。 デポ地点からは標高差で250mほど緩やかにひと登りするだけとなったが、前を行く竹下さんのペースが上がらなくなり、途中から栗本さんと私の小隊が先行し、デポ地点から1時間半ほどで待望のMCに着いた。 インターネットの情報どおり、MCには沢山のテントと各国から訪れている大勢の登山者で賑わっていた。 日本人のパーティーの姿も散見されたため、後続隊がMCに着くまでの間に栗本さんと情報交換に伺ったところ、宇波さんと本多さんという方々から、ここ一週間以上ずっと天気が悪く、自分らも含めて他のパーティーもMCでの停滞を余儀なくされているという貴重な話を聞くことが出来た。 ようやく明日から天気が快方に向かうとのことらしく、明日からハイキャンプ(HC)に上がられるという。 現在のMCの盛況ぶりはこのためだったようだ。

   間もなく後続隊がMCに到着し、今日の荷上げの終了と『チーム・カミカゼ』の全員が揃って無事“スタートライン”に着くことが出来たことを皆で喜び合った。 山頂に辿り着けるか否かは山の神と淑子さんに委ねるしかなかったが、入山前の最低限の目標として何とかMCまで行き、淑子さんが感じたその雰囲気や感動を味わい、またその風景を見たいと切に願っていたので、スタートラインと言えども本当にここまで来れて良かったと思った。


デポ地点ではスコップ等のギアの一部だけをピックアップした


DCから4時間半ほどで標高約4330mのMC(メディカルキャンプ)に着く


MCでお会いした宇波さん(右)・本多さん(中)と情報交換をする


   ウエストバットレスの懐に抱かれたMCは広い雪原の中にあり開放感に溢れている。 LPでは遥か高く見上げていたハンター(4441m)が目線の高さになり、カヒルトナ氷河を挟んで鎮座しているフォレイカー(5304m)にも威圧感がなくなってきたような感じさえする。 しばらく休憩した後、テントサイトの整地とブロック積みを行う。 あまり良い場所ではなかったので、現在MCにいるAAI社の第2次登山隊(私達は第3次)が明日HCに移動した跡地にテントを移設させることとなった。 整地とブロック積みで体は温まったが、夜8時を過ぎるとMCの背後のウエストバットレスに太陽が遮られてしまい、とたんに寒くなった。 明日のテントの移設を考えてキッチンテントは設営せず、肩を寄せ合いながらテントの外で夕食を食べる。

   明日から天気が好転する兆しなのか、時間が遅くなるにつれて空の色は青みを増した。 夜10時でも真っ青だ。 単に天気が良くなったということだけでなく、高度が上がったことにもよるのだろう。 明日以降の天気はどうなるか分からないが、ここまで辿り着けた達成感と安堵感に浸りながらテントの脇で仁王立ちし、入山以来初めて見ることが出来た紺碧のアラスカの空とウエストバットレスの白い山肌を眺めながら一人悦に入った。 当時の淑子さんはきっとそれ以上の想いがあったことだろう。


MCには天候待ちで停滞しているパーティーが多く、テントサイトの整地とブロック積みに苦労した


夜の10時でも晴れていればウエストバットレスの稜線は明るい


  【風速30mのウィンディー・コーナー】
    入山6日目(6月6日)、今日は初めての休養日。 しかし元気な人は2日前にウィンディー・コーナーにデポした物を“逆ボッカ”に行くことになった。 BCでは小雪が舞い、僅かに風が吹いている。 体調の悪い新津さん(横国大山岳部)も逆ボッカに加わった。 ウィンディー・コーナーに近づくにつれ、昨日の風を思い起こさせるような強風が吹いていた。 観測機器・食料等のデポ品を回収した。 遠藤さん(上智大山岳部)のザックは自分で持ち上げられないほどの重さになっていた。 30kgはゆうに超えていただろう。 青年達のザックも皆同じように重い。 皆さんに感謝、感謝。

   風は次第に強さを増し、悪魔が暴れだしたようだ。 風速30mはあるだろう。 耐風姿勢を取って、風の通過を待った。 しかし、一向に風力の弱まる瞬間がない。 後で聞いた話だが、ヒマラヤ等の高所の風も連続して吹き続けるらしい。 やむなく意を決して「えい、やー」と足を一歩踏み出す。 体勢を整えてまた一歩踏み出す。 こんなことでは遅々として進まないが、とにかく足を出さなければならない。 その上、ザックを背負っての前傾姿勢は非常に腰が痛んだ。 今までにこんな過酷な体験をしたことはない。 「これ以上歩けないよー」。 心の中でもう一人の私が叫んでいる。 緊張の糸が今にも切れそうだ。 早くこのコーナーを脱出したい。

   どれほどの時が経ったのであろう。 6時30分、やっと小雪の舞うBCに戻り着いた。 さっきまでの烈風が嘘のようなBCだ。 ウィンディー・コーナーの恐ろしさを再認識した1日だった(私達より10日前に日本を出発した保科隊が、天候不順のため未だBCで停滞していた)。

   入山7日目(6月7日)、夜来の雪が一段と激しさを増し休養日となった。 1日中雪かきで過ごした。

   入山8日目(6月8日)、昨日の雪も上がり、BCのテント場はふっくらとたおやかな丘に変貌した。 これまで停滞を余儀なくされていたパーティーが一斉に上部のHCに向けて動き出した。 ウエストバットレスを黒い人影が登って行く。 昨日の大雪で消されたトレースが肉眼でも見えるほどはっきり付けられた。

   私達は今日も休養日だ。 2日連休となった。 新津さんはまだ調子が戻らないらしい。 赤沼さん(燕山荘主人)もテントから出て来ない。 内藤さんは相変わらず食が細い。 私も朝目覚めた時、激しい頭痛に襲われた。 高山病の始まりか?。 保科隊が登頂を断念して、明日下山すると言ってきた。 とても残念だ。 Mtハンター、フォーレイカが白銀に輝いている。 名残を惜しんでいるようだ。

< 坪山淑子さん  記 『女の挑戦・マッキンリー』 より引用 >


   入山9日目(6月10日)、昨夜は入山以来最も冷え込みが厳しく、テントの中の気温はマイナス14℃で尿瓶の“中身”も凍っていた。 我慢出来ないほどの寒さではなかったが、寒さに弱い私にとってはこれから先のことが思いやられる。 今日は休養(順応)日だ。 MCは傍らに巨大なウエストバットレスの雪壁があるため、風も弱いが陽が当たり始める時間も遅い。 すでに未明から空は明るいが、テントサイトに陽が当たり始めるのは朝の9時半頃からなので、MCでの滞在中はこの時間からが活動の開始時間となる。

   今日は昨日の夜から続いている快晴で、またもや素晴らしい紺碧の空の下にハンターやフォレイカーの雄姿を眺めることが出来た。 そんなお気楽な感情とは無縁に、悪天候のためずっとMCで停滞を余儀なくされていた大勢のパーティーが一斉にウエストバットレスの稜線を目指して登って行く姿が見られた。 稜線に上がるルート上には明瞭なトレイルが印され、上部のフィックスロープが張られている場所も手に取るように分かった。 先頭はすでにここから2〜3時間ほどの稜線に着き、核心部のフィックスロープの手前で順番待ちをしているパーティーを含めるとルート上には50人以上の人が見られ、さらにこれから荷上げに出発するパーティーも大勢いた。

   意外にも途中の大きなクレバスの下にはスキーのシュプールが沢山見られた。 停滞中に荷上げに使ったスキーで遊んだのか、初めからスキーが目的だったのかは分からないが、本当に外国人は遊び上手だとあらためて感心する。 嬉しいことに私のみならず隊員一同の健康状態はMCでも良好であり、梶山隊長が初めてパルスオキシメーターで血中の酸素飽和度を計測すると、いつも低数値であるという竹下さんを除いて皆90前後もあり、ここまでの順応が上手くいったことを物語っていた。 もちろん食欲も旺盛である。


MCで入山以来初めての快晴の天気となる    フォレイカー(5304m)の眺めが素晴らしい


悪天候で停滞していた大勢のパーティーが一斉にウエストバットレスの稜線を目指して登って行く


昨日の賑わいは一変し、MCのテントや登山者の数は激減した


隊員一同の健康状態はとても良く、食欲も旺盛だ


   朝食後は逆ボッカ組とテント移設組とに分かれて行動する。 若い徳田さんや細江さんと共に逆ボッカ組に指名され、テント移設組に見送られてウィンディー・コーナー上部のデポ地点に荷物を取りに下る。 今日は風も無く、アタック日がこんな天気だったら嬉しくなるような登山日和だ。 正面にフォレイカーを終始望みながら、鼻歌交じりに下って僅か30分ほどでデポ地点に着く。 荷物は20キロを少し超えるくらいで、ここ数日から見れば驚くほどの重さではないが、精神的にも逆ボッカは疲れるものだ。 今日は天気が良いので本当に助かる。

   1時間少々の苦行でMCに戻ることが出来たが、しばらくの間はザックの上に腰を下ろして動けなかった。 テント移設組によって設営されたテントやそれを囲む雪のブロック、そしてキッチンテントは正に磐石の体制で、BCとして相応しいものに仕上げられていた。 結露で濡れたシュラフやシュラフカバーをテントの上で干し、夜の寒さに備える。 話には聞いていたが、陽射しがあって風のないMCは正に天国である。 ただ、指先の変色が治らないことが唯一の気がかりだった。

   夕食の後のミーティングでは、意外にもデビットから明日は荷上げは行わず、休養を兼ねてユマール(登高器)を使っての登下降と、確保支点へのメインザイルの掛け替えの訓練を行うとの指示があった。 個人的には明日荷上げを行って、明後日を休養日にしてくれた方が良いと思ったが、全てはこの山のことを知り尽くしたデビットに任せるしかない。 紺碧の空の色はますます濃くなり、明日も快晴の天気となることを予感させた。


ウィンディー・コーナー上部のデポ地点に食糧と燃料を取りに行く逆ボッカ組に指名される


正面にフォレイカーを終始望みながら鼻歌交じりにデポ地点に下る


荷物は20キロを少し超えるくらいだが、精神的にも逆ボッカは疲れる


A A I 社の前のパーティーがHCに上がったので、テントをその跡地に移設する


キッチンテントもA A I 社の前のパーティーのものを借り受ける


快適なキッチンテントで寛ぐ栗本さん、山田さん、竹下さん


   入山10日目(6月11日)、夜の冷え込みはそれほどでもなく、快適に眠ることが出来た。 早朝は青空がほんの少しだけ覗いていたが、予想に反して天気は曇りがちであった。 この天気では昨日HCに上がったパーティーも頂上へのアタックはしないだろう。 デビットはこの天気を予測していたのだろうか?。 結局昼前から雪が降り始め、図らずもテントの中での休養を余儀なくされた。 雪が小降りになったところを見計らって、少し離れた場所にあるメディカルセンターを訪ねてみる。 名前の響きとは裏腹にメインのテントの内部はとても簡素で、目立った機材は殆ど無く、3〜4人のレンジャーが中でお茶を飲みながら歓談していた。 入口にあった天気予報の掲示板には、低気圧に覆われているため今日も明日も曇りがちであると記されていた。 昨日の好天は山の神の気まぐれだったのだろうか?。

   昼食後しばらくすると雪が止んだので、テントの傍らにスノーバーを打ち込み、長方形にザイルを張って、オーバー手袋やミトン等をした状態でスピーディーにユマールをザイルにセットしたり外したりする練習と、スノーバーの先に付けたカラビナを確保支点に見立て、メインザイルを掛け替える練習を行った。 天気も僅かばかり快方に向かっているように見えたが、果たして明日は予定どおりHCへの荷上げに行くことが出来るのだろうか?。


レスト日にテントの中で寛ぐ細江さん、山田さん、竹下さん


シーズン中はMCに常設されているメディカルセンター


長方形にザイルを張り、ユマールでの登下降と確保支点へメインザイルを掛け替える練習を行なう


  【ウエストバットレスの雪壁に挑みHCへ】
    入山9日目(6月9日)、今日はBCからウエストバットレスを登って、5250mのHCに荷上げだ。 トレースのしっかり付いた雪原を登ること2時間、急斜面のウエストバットレスには300mの長いフィックスロープが張られている。 ユマールを使っての登高だが、大渋滞していた。 上部の蒼氷は極低温で氷結しているのでとても堅氷だ。 アイゼンの爪を研いでおいて良かった。

   5015mのコルに着いて赤沼さんの調子が悪くなってきた。 井ノ口さん(法政大山岳部)も単身戻ってきた。 呼吸が苦しいようだ。 赤沼さんと井ノ口さんの2人が下山することになり、私と内藤さんは先に進んだ。 緊張のためか、それとも高度のせいか、私も胃が痛み出した。

   小さなピークを越えた5200mの所で、先行していた隊長達がHCへのデポを終えて戻ってきた。 元気になった新津さんも一緒だ。 私達はここに個人装備をデポして下山にかかった。 下山は極めて楽だったが、胃痛はますますひどくなっていた。

   入山10日目(6月10日)、昨日の荷上げの疲れが残っているので、今日は休養日となった。 昨日から調子が悪かった井ノ口さんが、ゼイゼイ、ゴボゴボと雑音の混じる呼吸をしている。 メディカルセンターで診察を受けたところ、肺水腫と診断された。 思わぬアクシデントでHCへ向けて登る組とDCへ下る組の2隊に分かれることとなった。 井ノ口さんの介添えとして赤沼さんが付くことになった。 全員登頂を夢見ていたので、とても残念で慰めの言葉も見つからない。

   入山11日目(6月11日)、赤沼さんと井ノ口さんの見送りを受けて、8人でHCへ向けて出発した。 「今日は学生達に遅れを取らないよう、ピッチを上げて登ろう」。 コルに着く頃には、心臓が早鐘を打っていた。 できるだけ疲れた様子は見せたくなかった。 それを知ってか知らずか、隊長から「このペースで登れれば大丈夫だ。 明日のマッキンリーも登れるだろう」と嬉しいお言葉を頂戴した。

   コルからはリッジの登り下りが続く。 最近、ここで滑落死した人がいたらしい。 足を滑らせたら1000m下の氷河、いや2000m下まで止まらないだろう。 フィックスロープを張って慎重に渡った。 マッキンリーはその全容を現して、私達を手招きしているようだ。 明日はいよいよあのピークに立つのだ。 えも言われぬ感動が体中を走った。

< 坪山淑子さん  記 『女の挑戦・マッキンリー』 より引用 >


   入山11日目(6月12日)、メディカルセンターの天気予報ははずれ、足下のカヒルトナ氷河は厚い雲海の下で見えないものの、上空は早朝から快晴の天気になった。 一昨日同様、まだMCにこれだけのパーティーがいたのかと思うほど、HCを目指して登るパーティーは多い。 いよいよ私達も今日からが本番だ。 荷上げとは言え、未知のルートに対する期待と不安とが交錯している。 しかし1シーズンに2回マッキンリーをガイドしているデビット達は全く慌てるそぶりもなく、出発は10時半を過ぎてしまった。 今日の荷上げはアタック時に使う衣類等の個人装備と食料や燃料で20キロ弱ほどである。 強烈な陽射しで体感気温は上昇し、途中でジャケットを脱ぎたくなるような暑さとなった。 入山以来一番の暑さだろう。 前を登るパーティーの歩みが遅いため所々で立ち止らなければならなかったが、AAI社の方針なのか、この山での暗黙のルールなのか、トレイルを外して追い抜くことはしなかった。 指呼の間に見えるフィックスロープの取り付き点まで2時間たっても着かず、肩にザックが食い込んでくるが、休憩することなく取り付き点まで我慢して登る。 水筒はザックの中なので、何度もストックで雪を拾いあげて口に含む。 スローペースではあるが、本当に高所に順応しているのだろうかと疑いたくなるほど足が重い。

   ようやくフィックスロープの取り付き点に着き、順番待ちを兼ねた休憩となる。 ここからストックをピッケルとユマールに持ち替えるため、周囲には沢山のストックがデポしてある。 意外にも、取り付き点に皆より少し遅れて到着した竹下さんにデビットが梶山隊長を通じて下山を勧める提案をした。 本人も他の隊員一同もデビットの突然の発言に驚いたが、とりあえずまだ今日は荷上げなので、パーティーのメンバー構成を急遽代え、梶山隊長と竹下さんと私とでパーティーを組み、最後尾でフィックスロープの登攀をすることとなった。 最高齢でしかも女性であるため、荷物の重さが大きな原因となっているのだろう。 思わず同じような境遇であった淑子さんにその姿をダブらせる。 しかしながら私自身も精一杯なので、それを助けるだけの余裕がないことが悲しい現実である。 フィックスロープの直前で3日前にMCで出会った本多さんと宇波さん夫妻が相次いで下山してきた。 すれ違い際に本多さんから宇波さん夫妻共々無事登頂されたとの朗報を頂き、登頂を祝って見送った。

   フィックスロープに取り付くと、霧のため周囲の状況が良く分からなくなってしまった。 天気は再び悪くなってしまうのだろうか?。 昨日の練習どおり、前を登る竹下さんと「スタート!、ストップ!」とコールを掛け合いながら、左手でユマールの掛け替えを繰り返し、右手のピッケルはダガーポジションで急な雪壁を登って行く。 ロープの一部は凍っているため、ユマールが全く利かない時がありもどかしいが、足場がそれなりに出来ているので不安は感じなかった。 総延長が200m以上あると言われるフィックスロープを1時間以上費やして登り、MCから4時間余りでウエストバットレスの稜線上のコル(4940m)に躍り出た。 稜線上では風が強いことを覚悟していたが、予想に反して風は殆どなくラッキーだった。 しばらく稜線を登った先で先発隊が休憩していたが、私達のことを30分近くも待っていたとのことで驚いた。 再びデビットは梶山隊長を通じて、竹下さんにここからエイ・ジェイと共にMCに下ることを強く勧めた。 背負っている個人装備をデポしたり、他の隊員に振り分けることもしなかったので、事実上竹下さんの頂上アタックが出来なくなったこととなり、隊員一同辛い気持ちになったが、一番辛いのはもちろん彼女自身だったに違いない。


雲海に浮かぶフォレイカー


ウエストバットレスの稜線上のデポ地点まで個人装備 ・ 食料 ・ 燃料をボッカする


ウエストバットレスへの登りから振り返り見たMC


フィックスロープの直前で相次いで下山してきた本多さんと宇波さん夫妻とすれ違う


約200mのフィックスロープ    右が登り専用 ・ 左が下り専用


フィックスロープを登る


ウエストバットレスの稜線上のコル


   エイ・ジェイと一緒に下山することとなった竹下さんに見送られて先へと進むが、荷物の重さだけではなく、心まで重たくなった。 デビットの説明では今日はHCまで上がらず、ここから稜線を1時間ほど登った所で荷物をデポするとのこと。 ウエストバットレスの稜線は所々が岩場となっていたが、インターネットの情報どおり新雪直後とか風が強いという悪条件の場合以外では全く難しくなく、重い荷物が無ければストックだけでも登れそうな感じだった。 しかし、5000mを越える高度と肩に食い込む重い荷物はそれを許さない。 相変わらず霧のため視界は悪く陽射しもないが、風が無いことが本当にあり難い。 荷物の重さに辟易しながらも、今後の天気次第では今いる所が正に“最高到達点”になってしまう可能性もあるので、一歩一歩に思いを込めて登る。

   このルートの初登頂者の名前を冠した『ウォッシュバーン・サム』という顕著な岩塔の手前のちょっとした平坦地がデポ適地になっていて、先ほどのコルから1時間半ほどでようやく今日の苦行(荷上げ)も終った。 私達が休憩している間にデビットと梶山隊長がデポ用の穴を素早く掘り、個人装備と食料や燃料をデポした。 時間はすでに夕方の5時半になっていたが、空身での下山は本当に極楽そのもので、あっという間にコルまで下った。 しかし、その先のユマールを使ったフィックスロープの下降は、初めての経験ということも手伝って意外と難しく、最後の下山時に重い荷物を背負って下降する時のことが思いやられた。 MCに近づくと、とうとう雪が舞い始め、あっという間に数センチ積った。 天気はまだ安定期に入っていないのかと落胆したが、夜の9時を過ぎると再び朝と同じくらいの青空となった。 本当にアラスカの山の天気は気まぐれだ。

   夕食後のミーティングでデビットから正式に竹下さんへの下山勧告があった。 理由は単に竹下さんの登高ペースが隊のペースよりも遅いということだけのようだった。 男性の隊員はいつもバテ気味の私を除いて皆元気で体調も良かったので、今までの3名×3パーティーという編成を、梶山隊長と竹下さんをマンツーマンのパーティーにして、残りを4名と3名のパーティーにすれば良いのではないかと思ったが、AAI社の方針ではそのような別行動は許されないのだろう。 デビットからの下山勧告は、シシャパンマやチョ・オユーといった高所の登山経験がある竹下さんにとっては本当に青天の霹靂だったに違いない。 隊員一同竹下さんを慰める言葉も見当たらなかった。


稜線は所々が岩場となっていたが、新雪直後とか風が強いという悪条件の時以外は難しくない


ボッカは辛いが、今いる所が“最高到達点”になる可能性もあるので、一歩一歩に思いを込めて登る


『 ウォッシュバーン・サム 』という顕著な岩塔の手前のちょっとした平坦地がデポ地点となった


MCに下る手前から雪が舞い始め、あっという間に数センチ積った


   入山12日目(6月13日)、ありがたいことに天気は昨夜のまま変わらず、快晴の朝を迎えた。 風もここでは全く感じない。 予定どおり今日HCへ上がることになった。 ここまで順調にきているので頂上アタックの予備日はまだ3〜4日あるが、AAI社の方針ではHCには最大3泊くらいしかしないようであった。 つまり、頂上アタックを含め、これが最初で最後のHC行きとなるわけである。 幸運なことに、昨日登頂に成功したAAI社の第2次隊のパーティーが今日HCから下山してくる(竹下さんはこのパーティーと一緒に下山することとなった)ため、MCの私達(第3次隊)のパーティーのテントとHCの第2次隊のパーティーのテントを撤収せずに交換することになった。 つまり、HCにテントを上げなくて済むばかりか、すでにHCにはテントが設営されている状態になっていることになり、その思いがけない朗報に身も心も軽くなった。 しかし、もし今日HCに辿り着けなければ今晩以降の私達のテントは無いわけであるから、見方を変えれば退路を絶たれたことにもなる。

   HCから下山してくる第2次隊のパーティーとの連絡や打合わせ、荷物のパッキング、そして竹下さんとのお別れを惜しんでいるうちに、出発はお昼になってしまった。 日本の山では考えられないが、ここでは午後3時が正午くらいの感じだ。 竹下さんに見送られ、最低限の目標だったMCから次の目標のHCへと向かう。 悲しそうな素振りは微塵も見せず、笑顔で見送ってくれた竹下さんと一緒の隊員であったことを誇りに思った。 テントはなくなり、個人装備と燃料や食料の一部は途中まで荷上げしてあるので荷物はだいぶ軽くなったが、それでもまだ15キロほどある。 しかし、辛い荷上げも今日限りなので、ここは頑張るしかない。 反面、ウエストバットレスの稜線での風の心配を除けば昨日と同じスケジュールでHCに行けるはずなので気は楽だ。

   昨日同様フィックスロープの手前で休憩となる。 今日も天気が良いため、荷上げやHCに上がる沢山のパーティーでフィックスロープは渋滞気味だった。 気温の上昇による霧で視界は一時遮られたが、稜線に上がる手前で紺碧の青空は戻り、MCから4時間弱でウエストバットレスの稜線上のコルに着いた。 今日こそは稜線上でマッキンリーの強風の洗礼を受けることを覚悟していたが、今日も穏やかで風は殆どなく本当にラッキーだった。 そして何よりもこれで何とかHCに辿り着けそうになったので安堵した。 遥か眼下となった長大なカヒルトナ氷河のみならず、稜線の反対側の足下の氷河も一面厚い雲海で埋まり、そのスケールの大きさに5000m以上の高度を感じる。 コルの上部でしばらく休憩した後、デポ地点の目印であるウォッシュバーン・サムの岩塔を目指す。 昨日は霧で視界が悪かったが、今日はウエストバットレスのルートの状況が良く分かる。 足下にはMCのテント村も米粒のように見える。 しかし、まだ肝心の山頂らしき所は見えず、この山の奥深さをあらためて感じた。


MCから下山することになった竹下さんとのお別れを惜しむ


竹下さんに見送られHCへ向かう    ザイルパートナーの栗本さん(右)と細江さん(左)


荷上げやHCに上がる沢山のパーティーで今日もフィックスロープは渋滞気味だ


   昨日よりも少し時間がかかったが、コルから2時間弱でデポ地点に着き、個人装備と食料や燃料を積み増す。 ザックの重さはこれまでにない25キロ以上になったが、この程度でへこたれていては登頂はおぼつかないばかりか、アタックメンバーから外されると自らに言い聞かせて、HCまでの最後の荷上げに耐える。 ゆっくりではあるが喘ぎ喘ぎ1時間半近く登り続け、まだ明るい夜の8時過ぎに待望のHC(5250m)に着いた。

   予想以上に広く開放的な絶好のキャンプ地には、打合わせどおり立派なブロックに囲まれたAAI社の第2次隊のパーティーのテントが3張あり、辿り着けた安堵感と重荷から解放された喜びと疲れで、その前に着くやいなや崩れ落ちるようにへなへなと座り込む。 気象条件が悪ければテントの設営も大変困難になるので、偶然とはいえ今回のAAI社の計らいは本当にありがたかった。 HCでは気象条件が厳しい(風が強い)ため、キッチンテントは設営しないので、夕陽で暖をとりながら立ったままフリーズドライの夕食を食べる。 夕食後デビットから予定どおり明日は休養(順応)日にする旨の指示があった。 疲れもピークに達していたので嬉しい反面、もし明日が最後の好天で明後日以降天気が崩れた場合は、登頂(アタック)のチャンスを逃してしまうので、もし明日も好天が続くようであれば是非アタックしたいと願ったが、全てはAAI社の方針とデビットの判断に委ねるしかなかった。 テントの数が一つ減ったので、今日から細江さんが同じテントの住人となった。


ウエストバットレスの稜線(ウォッシュバーン・サムの岩塔直下のデポ地点付近)の登高


デポ地点から見下ろしたMC(左下)


ウエストバットレスの稜線(デポ地点からHCへ)の登高


HCから見た山頂方面    左に登攀ルートであるデナリパス(5547m)への明瞭なトレイルが見えた


高いブロックに囲まれ磐石の体制のHCのテント(翌日の撮影)


    入山12日目(6月12日)、隊長に起されて6時起床。 熟年組で一番の早起きはいつも隊長だ。 外は晴れ、風が少し吹いている。 朝、外国隊2〜3パーティーが山頂に向けて出発して行った。 大蔵隊長は「この風は嫌だな・・・」と言って動こうとしない。 そのうち風が強くなり、目の前のデナリパスもガスの中に消されてしまった。 1日中、テントの中でゴロゴロしていた。 風は一向に静まってくれず、「夕方5時までに風が止んだら観測機器だけでも設置に行きたい」という隊長の願いは聞き届けられなかった。 朝出発した外国隊は登頂を断念して戻って来たようだ。 上部はもっと風雪が激しかったのだろう。 隊長の判断の良さに敬服した。 そして隊長がついに決断した。 「この風はもうすぐ止む。 明日、観測機器の設置とアタックを行う。 明朝4時起床!」

< 坪山淑子さん  記 『女の挑戦・マッキンリー』 より引用 >


   入山13日目(6月14日)、シュラフから顔を出すと昨日以上の好天だった。 空には雲一つ無い快晴で、おまけに風も全く無かった。 休養日としても最高の日和となったが、こんなに良い天気は気象条件の厳しいこの山で明日も続くとは思えず、何とも言えない複雑な心境だった。 HCはMCほどの広大さは無いものの、下からでは想像出来ないような開放感に溢れたオアシスのような所で、また今日のように天気に恵まれれば、辿ってきたウエストバットレスのルートや長大なカヒルトナ氷河を上から俯瞰し、ハンターやフォレイカー等の周囲の秀峰を眺める絶好の展望地であり、最終キャンプ地としては申し分ないロケーションを誇っていた。 明日の登攀ルートであるデナリパス(5547m)への明瞭な一筋のトレイルが見える。 大きな山ゆえ、入山前は山頂へのアタックが出来るかどうかさえも予想がつかなかったので、HCまで辿り着けたのみならず、淑子さんも見たこの素晴らしい眼前の景色を見れたことで、当初の目標は充分に達成出来たという謙虚な気持ちと、ここまで来たら何が何でも山頂まで辿り着きたいといういつものような頂への強い憧れとが交錯している。 しかしながら、淑子さんが歓迎して下されば素人の私でも山頂に辿り着くことが叶うだろうし、もしそうでなければ叶わないだろうという考えは依然として変わらなかった。 ただ山頂はこのHCからでは見えないので、明日は何とか山頂が見える所まで登り、その場所で今回の一番の目的である淑子さんの散骨を行いたいと切に願った。 それが山頂であれば何も言うことはない。

   気温はもちろん零下であるが、陽光に暖められたテントサイトはまるで天国のようだった。 シュラフやシュラフカバー、インナーブーツ等を干し、隊員一同思い思いに明日のアタックへの準備や休養、テントの周囲の散策をして山頂への思いを馳せる。 DCからずっと気になっていた指先の変色は治ることはなかったが悪化することもなく、高度や寒さの影響はあるものの凍傷ではないという確信が持てた。 意外にもデビットから明日のアタックは早朝からではなく、トレイルに陽が当たり始める9時以降となるとの指示があった。 デビットは山頂までの往復に12時間位を考えているようだ。 結局、今日は一日中雲一つ無い快晴の天気が続き、夕陽も夜の10時過ぎまでテントサイトを照らしていた。 周囲の山々にも雲は取り付いておらず、もしかしたら淑子さんの計らいで本当に明日もこの絶好の天気が続くかもしれないという希望が湧いてきた。


最終キャンプ地としては申し分ないロケーションのHC


山頂へアタックするパーティーが次々とデナリパス(左上のコル)へ登っていく


HCから見たハンター(4441m)


HCから見たフォレイカー(5304m)



LP(ランデイングポイント)から辿ってきた長大なカヒルトナ氷河


HCから見たMC


昨日登ったウエストバットレスの稜線(左下の急峻な雪壁と右上の岩稜上に登山者が見える)


一日中快晴無風の天気となり、テントサイトはまるで天国のようだった


  【頂上アタックの日】
    入山13日目(6月13日)、隊長の予想どおり快晴・微風でアタック日和となった。 レーション(行動食)をポケットにねじ込み羽毛服上下を着込んで6時45分に出発した(この日下のBCではマイナス26℃を記録)。 私は空身であったが、青年組の何人かは観測機器等の入ったザックを背負っていた。 急勾配の雪壁を喘ぎ登ってデナリパスに出た。 ここを回り込むように登ると、岩稜の上に銀色に輝くポールの観測機器があった。

   「これだ。 これが大蔵隊長が命をかけて守り続けている機器なんだ」。 誰もいない厳しい気象条件下のマッキンリーで刻々と移り変わるデータを記録しているのだ。 風向計が音も無くゆっくりと風に向かっていた。 とってもいとおしい。 「どんなに寒かったであろう。 烈風に振り回されて辛い時もあっただろう。 壊れずに良く耐えて頑張ってくれた。 本当に偉かったね」。 胸に熱いものがこみ上げてきた。 隊長は私の10倍も100倍も喜んでいるに違いない。 1年分のデータ(気圧・気温・風速・風力等)の回収、機器の修理、新たなコンピューターの設置等の作業を行ってマッキンリー山頂に向かった。

   デナリパス上部での観測機器の交換、設置の作業を終えてからもうどれくらい登っているだろう。 行けども行けども雪稜は続いている。 まるで終わりがないようだった。 内藤さんとアンザイレンで歩いていたが、隊の最後尾となっていた私は休憩時間をつめてまた登り出した。 もう高度6000mになっているだろう。 ただでさえ胸苦しさを感じる。 空気の薄さが思考まで止めてしまったようだ。 意識して腹式呼吸を行っても、スピードが上がらない。 無言の4呼吸が、いつの間にか“ラッセーラ、ラッセーラ、ラッセ、ラッセ、ラッセーラ”と、ねぶたの音頭に変わっていた。 沢山の鈴をつけて踊り回る“はねこ”のように足取りが少しリズミカルになったような気がした。 青森で見た張りぼての勇壮な若武者が現われては消えた。 しかし、それも長くは続かなかった。 雪壁は無情にもどこまでも私の前に立ちはだかっている。 “やはりサミットはそんなに甘くない。 ここを登るのは今日を限りなのだ。 頑張れ‘お母さん’ 頑張れ!”。 己に檄を飛ばした。 急斜面の雪壁を登る隊長の後姿が次第に離れていくのが分かる。 深い雪に足を取られて何度も転びそうになった。 “ついて行かなければ・・・、ついて行かなければ・・・”。 やっとの思いでカシンリッジが突き上げている稜線に飛び出した。 吹きっさらしの寒い稜線上で、隊のみんなが待っていてくれた。 「あれが山頂だ!」。 隊長の氷柱を下げた髭が笑っている。 慎重に慎重にリッジを渡った。 幾つかの小さなピークも越えた。 朝の6時45分にハイキャンプを出て11時間が経っていた。 そして5時50分、「‘お母さん’山頂だよ、頑張ったね!」の声に迎えられて、マッキンリーの山頂に立った。 ここが北米大陸最高峰・マッキンリーの山頂だ。 「ありがとう、ありがとう!」。 誰、彼となく握手を求めた。 みんなのお蔭で山頂に立つことが出来た。 入山以来ずっと仰ぎ見ていたMtハンターやフォーレイカなどのデナリの山々が今やみんな足元に連なっている。 夢のようだ、夢ならいつまでも覚めないで欲しい。 マイナス30度の寒気の中でみんなの笑顔が一つになった。 そして登頂という夢のような栄誉をいただくことが出来た。 大蔵隊長、ザイルパートナーの内藤さん、赤沼さん、それから隊員の皆さん、本当にありがとうございました。

< 坪山淑子さん  記 『女の挑戦・マッキンリー』 より引用 >


   入山14日目(6月15日)、気持ちの整理もついていたせいか、あるいはテントを叩く風も無かったためか、夜中に尿意で目覚めたものの良く眠れた。 淑子さんの足跡を辿りたいという強い思いが通じたのか、逆に淑子さんが私を呼んで下さったのか、嬉しいことに昨日と変わらない素晴らしい青空が広がっていた。 思わず歓声を上げ、躍り出したくなるような気持ちを抑えるのに苦労する。 もう何も迷うことはない。 山頂でピッケルを頭上に掲げる淑子さんの勇姿も鮮明に脳裏に焼きついたままだ。 “淑子さん、待っててください!。 今、私もそこに行きます!”。

   すでに何組もの先行パーティーがデナリパスに向けて陽の当たり始めた明瞭なトレイルを登って行くのが見える。 デビットには栗本さん、細江さん、そして私が、エイ・ジェイには徳田さん、山田さん、梶山隊長が、それぞれアンザイレンし、予定より少し遅れて10時過ぎに出発。 7時の気温はマイナス20℃だったが、陽が当たってくれば寒さは感じない。 快晴無風の天気のお陰で緊張感やプレッシャーというものはあまり無く、ここまで辿ってきた長い道のりを噛みしめながら、その集大成として一歩一歩淑子さんの待つ山頂に向けて登って行く。 気圧はさらに低くなっていくが、羽毛服・羽毛のミトン・ビバーク用の3Lサイズの雨具・行動食・1Lのテルモスだけとなった軽いザックのお蔭で、今までのような辛さはない。 これ以上望めないと思える絶好の登山日和に、逆に何か不測の事態が起きるのではないかと疑いたくなってしまうほどだ。

   デナリパスに上がる手前には何箇所にもわたって確保支点が設けられており、強風やルートの状態が悪い時の登攀の困難さが想像出来る。 渋滞気味であったにもかかわらず好天に恵まれたため、デナリパスまで概ね予定どおりの2時間半で着くことが出来た。 MC手前のウィンディー・コーナー同様、風の強い場所として悪名高いデナリパスも、今日は不気味なほど風が弱く、相変わらず私一人余裕はないが、隊員一同の足並みは快調で、登頂の可能性はにわかに高まった。 淑子さんが私達の隊を暖かく迎えてくれたのだ。

   デナリパスでほんの少しだけ休憩した後、所々で岩が露出している顕著な雪稜に取り付く。 すぐに短いフィックスロープも見られたが、幾つかの岩場の基部を左から巻いた後は、幅の広い緩やかな雪の斜面となった。 帰路に立ち寄ることが出来たが、そのうちの一つの岩場の上に大蔵さんが設置した気象観測機器が置かれていた。 下部の氷河上と同じように、再び要所要所にレンジャーやガイド会社が立てた目印の細い竹竿が見られるようになり、アイゼンの爪跡のトレイルも明瞭である。 相変わらず風も無く天候が安定していたお陰で、デナリパスから1時間ほど登ったちょっとした平坦地で図らずも休憩することとなった。 高度計の針は電池の消耗で作動しなくなってしまったが、標高はすでに5800mくらいだろう。


快晴無風の天気のお陰で緊張感やプレッシャーというものはあまり無い


ガイドのデビットと栗本さん、細江さん、そして私がザイルで繋がる


デナリパスに上がる手前には何箇所も確保支点が設けられているので渋滞気味だった


デナリパス(中央)を通過して顕著な雪稜に取り付く


デナリパスからは幅の広い雪稜を幾つかの岩場の基部を左から巻いて登る


雪稜は徐々に広く、また勾配も緩くなっていく


デナリパスから1時間ほど登ったちょっとした平坦地で2回目の休憩となる


   前方には悪天候の時に山頂と誤認し易いと言われるアーチデコンズタワーの小さなピークが見えた。 先行パーティーのお陰で、これから辿るルートの状況も良く分かる。 傾斜は緩くなる一方だったが、行動食でお腹を満たし過ぎたのか、6000m近い高度のせいか、足取りがだんだんと重たくなってきた。 波打つような凸凹の緩斜面をだらだらと越えて行くと、トレイルは一旦下りとなり、足下には『フットボール・フィールド』と呼ばれる広大な雪原が広がっていた。 その雪原の向こうにはネットの写真で見た幅の広い巨大な雪壁となっているマッキンリーの山頂が大きく望まれ、その迫力とスケールに思わず息を飲んだ。 “何と大きな山であろうか!”。 淑子さんもここからあの神々しい頂を見据え、渾身の力を振り絞って最後の雪壁を登られたのだろう。 雪原までは僅か数十メートルの下りだったが、もし天候や体調が悪ければ、その威圧的な姿に圧倒され、ここから引き返すことになるだろう。

   雪原へと下ると、そのほぼ真ん中辺りで最後の休憩となった。 すでにMCを出発してから5時間半が経過していた。 デビットから、あと1時間で山頂に着く(実際には渋滞により2時間以上かかった)ので、不要な荷物(ザック)をデポし、羽毛服をジャケットの上から着ていくようにとの指示があった。 眼前の雪壁を登り詰め、頂上へと向かう最後の稜線(カシンリッジ)で風に吹かれなければ、本当にもう山頂も夢ではない。 相変わらず寒くはなかったが、羽毛服を着込み、行動食をお腹に詰め込んで、羽毛のミトンとカメラと淑子さんの遺骨だけをポケットに入れて、いよいよ最後の雪壁の登りにかかる。 上部に行くにつれ雪壁は見た目よりも急になり、足は上がらず息だけが上がるが、幸か不幸か先行パーティーの渋滞により、カシンリッジまで登るのに1時間ほどかかった。


先行パーティーのお陰でこれから辿るルートの状況が良く分かる


標高6000m付近でようやく真のマッキンリーの山頂が正面に見えた


『フットボール・フィールド』と呼ばれる広大な雪原へ下る    山頂は幅の広い雪壁の左端


羽毛服を着込み、カシンリッジへの雪壁を喘ぎ登る


   意外にもカシンリッジとの合流点はちょっとした広場のようになっていて、何組かのパーティーが休憩していた。 山頂方面に目を遣ると、指呼の間に写真で見た山頂直下の巨大な雪庇が見えた。 ほんの一瞬風を感じたものの、すぐにそれも収まり、ようやく100%登頂を確信した。 山頂に伸びる雪稜は急に痩せ細り、相変わらず先行パーティーにより渋滞していた。 山頂の写真を撮ると一瞬気持ちが緩んだのか、不意に目頭が熱くなり、目から涙が溢れてきた。 まだ山頂に辿り着いた訳ではないが、その夢が叶うことが時間の問題となり、山頂を待たずに淑子さんと二人だけで感動を分かち合うことが出来たのである。 願いは叶った。 素人の私の身を案じて、最後の最後までこのような素晴らしい天気を用意してくれたのも淑子さんをおいて他になかった。 きっと淑子さんはデナリ(先住民がマッキンリーにつけた名称で“偉大なるもの”の意)の山の神になられたのだろう。 下山してくるパーティーとの行き違いもあり、あと僅かばかりとなった山頂への登攀は遅々として捗らなくなったが、もうそんなことはどうでも良かった。 今の私にはもはや山頂さえも不要だった。 淑子さんがこの最後の雪稜を辿られた時の情景や、山頂に立たれた時の感激の場面を思い浮かべながら一人悦に入った。 そして今までとは別人のように、最後はまるで雲の上を歩くような軽やかな足取りとなり、万感の思いを込めて夢にまで見た憧れのマッキンリーの頂に辿り着いた。 時刻は夕方の6時25分、HCを出発してから8時間を超える長い道のりだった。


カシンリッジとの合流点はちょっとした広場のようになっていて、何組かのパーティーが休憩していた


カシンリッジとの合流点からは指呼の間に山頂直下の巨大な雪庇が見えた


山頂に伸びる雪稜は急に痩せ細り、先行パーティーにより渋滞していた


憧れのマッキンリーの山頂に辿り着く


   ふと我に返り、山頂に導いてくれたデビット、ザイルパートナーの栗本さんと細江さんと交互に握手を交わし、肩を叩き合ってお互いの登頂を讃え合い、登頂の喜びを新たにした。 残りの隊員達のパーティーは、カシンリッジとの合流点で休憩していた他のパーティーが割り込んだため、すぐには山頂に到着しそうもなかった。 当時の淑子さんと同じくピッケルを頭上に掲げたポーズで写真を一枚だけ撮ってもらい、早速淑子さんの散骨をさせていただく。 気持ちが昂揚していたのか、快晴無風とは言えマイナス20℃の世界で3重の手袋を外し、指先の症状のことも忘れて、素手でご主人の晃三さんから託された細かな骨を山頂の片隅の雪の中に祈りを込めて埋めさせていただいた。 「本当にここは素晴らしい所ですね!。 今日は良い天気をありがとうございました!」。 淑子さんも見た紺碧の空の下、入山前の感傷的な気持ちに苛まれることなく、爽やかな気持ちで淑子さんに語りかけることが出来たことが自分でも嬉しかった。

   間もなく到着したエイ・ジェイの率いる山田さん、徳田さん、そしてしんがりの梶山隊長と皆で再び登頂の成功を祝い、猫の額ほどの狭い山頂で何枚も記念写真を撮った。 唯一、苦楽を共にしてきた竹下さんがいないことが本当に悔やまれる。 長く遠かった道のりの果てに、ようやく辿り着いた愛しい山頂からの眺めは正に筆舌に尽くし難く、周囲に聳える無数の白い山々と、この山を源とする全ての氷河が眼下に納まり、唯一この場所がその展望を可能にしていることを教えてくれた。 これほどまで感動的な頂が他にあっただろうか?。 “夢のようだ、夢ならいつまでも覚めないで欲しい”。 傍らにいる淑子さんと共に私も心の中で呟いた。 そして、もう二度と来ることは叶わない山頂を辞する時、淑子さんに再び語りかけた。 「お会い出来て嬉しかったです!。 安らかに、いつまでもここで夢の続きを見ていて下さい!」。

   淑子さんの眠るデナリの頂は、私にとっても一番の記憶に残る場所となった。


山頂の片隅で淑子さんの散骨をさせていただく


猫の額ほどの狭いマッキンリーの山頂


(左から)梶山 ・ 山田 ・ 酒井 ・ 徳田 ・ 細江 ・ 栗本 ・ エイ・ジェイ ・ デビット(手前)/敬称略


快晴無風の山頂で何枚も記念写真を撮る  (左から)酒井 ・ 山田 ・ 栗本 ・ 細江 ・ 徳田/敬称略


山頂から見たフォレイカー


山頂から見たハンター


夜の11時前にHCに戻る


山 日 記    ・    T O P