ピスコ(5752m)

   7月7日、意外にも夜中に頭痛はなく、軽い動悸で何度か目が覚めただけだった。 不気味なほど風がなかったが、寒気の影響かテント内の気温は5度しかなく、テントには霜が付いた。 朝食はロナウが気を遣ってお粥を作ってくれたが、私以外のメンバーの体調は万全のようで不評だった。 昨日よりもさらに雲が多く、天気はどうやら下り坂のようだ。

  いよいよ今日から3泊4日でピスコ(5752m)を登る。 初日の今日はB.C(4630m)まで登山道を標高差で700mほど登る。 明日はB.CからH.C(4850m)まで登山道を登り、明後日の未明にH.Cから山頂にアタックする予定だ。 B.Cまでは荷上げにロバが使えるので、身の回りのものだけを担いでいく正に大名登山だ。

   8時過ぎにセボヤパンパのキャンプ場を出発し、アグリを先頭に顕著な尾根筋の登山道を登る。 ロバが通るだけあってトレイルは明瞭だ。 セボヤパンパからは昨夏行ったラグーナ69という神秘的な湖にも行けるので、そちらに向かう人も多く見られた。 所々に大きな松の木があり、単調なトレイルの良い目標となる。 急ぐ必要は全くなく、又まだ順応途上なので1時間に200mほどの標高差を稼ぐペースでゆっくり登る。 雲は多めながらも登山道からは昨日と同様にワスカラン北峰(6664m)、ワスカラン南峰(6768m)、チョピカルキ(6354m)、ヤナパクチャ(5460m)、そしてピスコが順次望まれた。 荷上げのロバと共にワラスを早朝に出発したマックスが私達に追いついてきた。

   勾配が少し急になり、ジグザグを繰り返しながらしばらく登ると眼前が急に開け、だだっ広い牧草地の一角に飛び出した。 そのほぼ中央が各隊のテントが張られたB.Cで、セボヤパンパから4時間ほどで着いた。 青い色の可憐なペンカペンカの花が群生し、開放感のあるB.Cはロケーションも申し分なく、ピスコはもちろんのこと、4つのピークを持つ神々しいワンドイの東峰(6000m)、北峰(6395m)、西峰(6356m)が間近に仰ぎ見られ、傍らの丘の上にはペルーで一番古いという立派な石造りの山小屋(ペルー小屋)が建っていた。

   先行していたスタッフ達によりすでにテントは設営されており、食堂テントで昼食を食べる。 昼食後にパルスで計測した血中酸素飽和度は私が62、妻が64で、脈拍は私が80、妻が85だった。 最近日本人のお客さんが増えたのか、マックスは日本語の習得にやっきになっていて、その姿がとても滑稽だった。 午前中は曇りがちだった天気は午後になると次第に回復して良い天気になった。 食休みをした後、高所順応のためH.Cへの登山道をさらに1時間近く登ったが、B.Cまでで酸素を使い切ってしまったようで、足が重たい。 目標としたモレーンの背まで上がると、ピスコとワンドイが眼前に大きく迫り、チャクララフの頂稜部も間近に仰ぎ見られた。 順応が目的なのでモレーンの背に30分以上滞在してからB.Cに下る。


未明には氷点下の気温となったセボヤパンパのキャンプ地


雲は多めながらも登山道からはワスカラン北峰(右)やワスカラン南峰(左)などの山々が望まれた


途中からピスコが見えるようになる


チーフガイドのマックス(中)と途中で合流する


B.Cまでの登山道は明瞭で歩き易い


チョピカルキ(6354m)


B.Cの手前からはワンドイ東峰(右)とワンドイ北峰(左)が大きく望まれた


B.Cの手前から見たピスコ


広く開放感のあるB.Cはロケーションも申し分ない


可憐なペンカペンカの花


B.Cから見たピスコ


B.Cからモレーンの背へ登る途中から見たワンドイ西峰(6356m)


モレーンの背から見たピスコ


モレーンの背から見たチャクララフの頂稜部


ペルーで一番古いという石造りの山小屋(ペルー小屋)


モレーンの背からB.Cに戻る


B.Cから見たヤナパクチャ(5460m)


   7月8日、まだ順応が不十分なことに加え、昨日の最後の散歩が堪えたようで、夜中に動悸で何度か目が覚めた。 早朝、アマゾン側は厚い雲海に覆われていたが、上空は快晴でワンドイの素晴らしい朝焼けの景色を堪能する。 B.C(4630m)からピスコの山頂にアタックすることも可能だが、私達はもう1つ上のH.C(4850m)からアタックすることにしているため、午前中にH.Cに移動する。

   B.Cから昨日登ったモレーンの背まで1時間弱で登る。 展望の良いモレーンの背で山々の景色を充分堪能した後、浮石の多いザレた急斜面を100mほど下り、ケルンに導かれながら大小の岩の散在するモレーン帯を抜けてH.Cまで登り返す。 H.Cの直下にはエメラルドグリーンの美しい小さな氷河湖(ピスコ湖)があり、迫力あるワンドイの景観に圧倒されながら再び明瞭になった登山道を登っていくと、下からは想像できないほど広く平らなスペースのあるH.Cに着いた。 B.Cから氷河の舌端の直下にあるH.Cまでは累積標高差が300mほどだったので、充分休憩を取りながらでも3時間ほどの道程だった。

   H.Cの傍らに石のテーブルと椅子があり、車座になって昼食を食べる。 食欲はあるが相変わらず体調はあまり良くなく、いつものようにカラ元気に振る舞って過ごす。 スタッフ達は昨年とほぼ同じ顔ぶれだったが、3時のティータイムにあらためて自己紹介をしあって親睦を深める。 マックス・アグリ・ロナウ以外は、エルセリオ・ロベルト・フリオ・マルエル・ルカス・ミゲルの6人だ。

   昨日とは反対に午後に入ると寒気の影響か天気は下り坂となり、気温は5度位まで下がった。 テントは一つ減り、私達二人と島田さんが同じテントの住人となった。 H.Cなので夕食はアルファー米を自炊するのが一般的だが、ここは水も取れるため、ロナウがスパゲティー(カルボナーラ)を作ってくれた。 夕焼けもなく明日の天気が心配されたが、予備日はないため、天気に関係なく明日は頂上アタックとなる。


朝陽に染まるワンドイ東峰(右)・ ワンドイ北峰(中)・ ワンドイ西峰(左)


早朝、アマゾン側は厚い雲海に覆われていた


ペルー小屋とチャクララフ西峰の頂稜部


ワンドイ北峰(6395m)


朝食は定番のパンケーキ


午前中は快晴の天気になる


B.Cを出発する


モレーンの背から見たワンドイ東峰(右)とワンドイ北峰(左)


モレーンの背から見たワンドイ北峰(右)とワンドイ西峰(左)


モレーンの背から見たワスカラン南峰 ・ 北峰(右)とチョピカルキ(左)


モレーンの背から見たピスコ


モレーンの背から浮石の多いザレ場を下る


エメラルドグリーンのピスコ湖とピスコ


H.C手前から見たピスコ


H.Cはテントが相当数張れる広さがあった


石のテーブルと椅子で車座になってティータイムを楽しむ


ガイド以外のスタッフ達とあらためて自己紹介をし合う


H.Cから見たチョピカルキ


   7月9日、夜中の1時半前に起床。 B.Cとの標高差は200mほどしかないが、夜中は軽い頭痛が続いて全く眠れなかった。 また、鼻づまりも酷く、狭いテントで妻や島田さんにも迷惑を掛けてしまった。 一方、嬉しいことに空には満天の星で風もなく、予想以上に暖かい。 石のテーブルに用意されたスープとクッキーを食べ、2時半過ぎにH.Cを出発した。 軽い頭痛や動悸は、深呼吸を繰り返し体を動かすことで解消した。

   氷河の取り付きまで僅かに登山道を登り、氷河の取り付きからアイゼンを着けてアンザイレンして登る。 パーティー編成は、チーフガイドのマックスに島田さんと妻と私とエルセリオ(途中でロナウと交代)、ガイドのアグリに中山さんと鈴木さんと林ガイドとロナウ、そして殿(しんがり)が平岡さんとロベルトである。 エルセリオとロベルトは下山時にスキー滑降する鈴木さんと林ガイドのスキー板を担いで登る。 上方にはすでに先行パーティーのヘッドランプの灯りが揺れている。 氷河上はさすがに気温は低いが、風もなく登るにはちょうど良い。

   少し傾斜のある取り付き付近を過ぎると、その後は幅の広い雪稜を緩急を繰り返しながらひたすら登る。 さすがに人気のある山なので、多くの登山者によって踏み固められた明瞭なトレースがあり、順応不足の体にはとても助かる。 三日月が頭上でこうこうと輝き、ワンドイのシルエットが暗闇から浮かび上がってくる。 ペースは非常にゆっくりで、途中で何組かの若者を中心としたパーティーに道を譲る。 山の西側斜面を登るため山頂直下まで陽が当らなかったが、6時過ぎには周囲が明るくなり、昨日までに見えていた山々に加え、初めて拝む憧れのアルテソンラフ(6025m)、カラツ東峰(6020m)、カラツ西峰(6025m)、アルパマヨ(5947m)、キタラフ(6036m)などの山々のピークが淡く染まり始める。

   後続のアグリ達のパーティーとの差が開いてきたので、途中の休憩時にスキーを背負ったエルセリオに代わってロナウが私達のパーティーに入ったが、ロナウは何とGパンをはいていた。 島田さんのペースが非常にゆっくりでヤキモキする反面、歩きながら写真が沢山撮れて良かった。 ソフトクリームを重ねたような山頂方面に通じる雪稜の景観がユニークだ。 大きなクレバスのある山頂直下で、それまで雪稜に隠されていたチャクララフ(6112m)が見え始め、眼下にはブルーの水を湛えた神秘的なラグーナ69(湖)も見えた。


H.Cから氷河の取り付きまで僅かに登山道を登る


人気の山なので多くの登山者によって踏み固められた明瞭なトレースがある


ワンドイのシルエットが暗闇から浮かび上がってくる


黎明のカラツ東峰(中央右)とカラツ西峰(中央左)


アルテソンラフとアルパマヨ(左端)


朝焼けに染まり始めるワンドイ東峰(右)とワンドイ北峰(左)


休憩地点とそこから登り始めるアグリと平岡さん達のパーティー


山の西側斜面を登るため山頂直下まで陽が当らない


アマゾン側の雲海とコントライェルバス


ワンドイ東峰(右)・ ワンドイ北峰(中)・ ワンドイ西峰(左)


山頂手前の緩斜面


   山頂直下の急斜面を初めてスタカットで登り、8時半前に快晴無風の山頂に辿り着いた。 眼前にはピスコ東峰(5700m)と双耳峰のチャクララフが大きく迫り、プカフィルカ西峰(6039m)やコントライェルバス(6036m)なども遠望され、期待どおりのブランカ山群随一の大展望に興奮が覚めやらない。 私達のみならずロナウも初登頂となり、マックスから祝福されていた。 すでに他のパーティーは全て下山してしまったので、図らずも山頂は私達のパーティーだけで貸し切りとなった。 マックスと周囲の山々の山座同定を行い、写真を撮ったりビデオを回したりしながらアグリ達のパーティーを待つ。 初めて高所登山を経験する鈴木さんは相当疲れた様子だったが、中山さんや林ガイドと一緒に30分ほど後に山頂に着いた。 天気と展望が良かったのみならず、メンバー全員がこの素晴らしい頂に登頂出来て本当に良かった。


山頂直下の急斜面をスタカットで登る


ピスコの山頂


山頂から見たカラツ東峰(中央右)・ カラツ西峰(中央左)・ キタラフ(右)


山頂から見たワスカラン北峰(右)・ ワスカラン南峰(中)・ チョピカルキ(左)


山頂から見たアルテソンラフ(右)・ アルパマヨ(中)・ キタラフ(左)


山頂から見たピスコ東峰(右手前)・ アルテソンラフ(左)・ プカフィルカ西峰(中央奥)


山頂から見たチャクララフ


山頂から見たラグーナ69(湖)


ピスコの山頂での島田さん


ピスコの山頂での中山さん


ピスコの山頂での鈴木さん


全員が登頂したピスコの山頂


   結局、記念写真を撮り合ったりしながら1時間ほど山頂に滞在して下山する。 下りは私が先頭になる。 鈴木さんと林ガイドは山頂直下から氷河の取り付きまでスキーで滑ったが、雪質もちょうど良くて気持ち良さそうだった。 むろん私もスキーで滑りたかったが、本命のアルパマヨのために自重した(高所でのスキーは酸素を消費する)。 山頂から氷河の取り付きまで2時間足らずで下り、H.Cで装備を解いて荷物を整理してB.Cまで下る。 午前中の良い天気が嘘のように、午後に入ると天気が崩れ始め、いつの間にか上空は鉛色の空となった。 最後に浮石の多いザレた急斜面をモレーンの背まで100mほど登り返すことには閉口したが、雨に降られることなく3時前に快適なB.Cに着いた。 夕食もさることながら、おやつに出た炒りたてのポップコーンがとても美味しく、久々にお腹のことを気にせずに食べた。


スキーで滑降する林ガイドと鈴木さん


雪稜の中間部から山頂方面を振り返る


雪稜の下部から山頂方面を振り返る


氷河の取り付き


登山道を下ってH.Cに戻る


午後に入ると天気が崩れ始め、いつの間にか上空は鉛色の空となった


炒りたてのポップコーン


   7月10日、ようやく順応したのか、それとも疲れていたせいか、久々に朝まで熟睡出来た。 昨日の午後からの悪い天気は変わらず、小雪が舞い、早朝はピスコも霧に包まれていた。 今日がアタック日でなくて本当に良かった。 昨夜の打ち合わせどおり、朝食後にスタッフ達にチップを手渡すセレモニーを行う。 昨年同様、彼らの献身的なサポートには本当に頭が下がる思いだ。

   8時半過ぎにB.Cを出発。 天気は相変わらず曇ったままで、周囲の山々は見えない。 足を止めて写真を撮ることもなく普段のペースで下ったので、登山口のセボヤパンパのキャンプ場に僅か1時間半ほどで着いた。 相変わらず日本語の勉強に余念がないマックスに、林ガイドが持っていた電子辞書をプレゼントした。 迎えに来たエージェントの車に乗り、今日宿泊するワラスのホテルに向かう。 ユンガイの町まで悪路を揺られながら下り、その先の河原で下車してランチタイムとする。 2時にワラスに到着。 今日から2泊するワラスのホテル『コロンバ』は、高い塀に囲まれて入口の門も狭く、外見は冴えないが、中に入ってみると庭も広く開放的で、とてもリラックス出来る良いホテルだった。 各々の部屋に別れてシャワーを浴びて一息入れる。

   中山さん・鈴木さん・林ガイドが明日帰国するので、本来なら最終日にやる『パチャマンカ』の宴をスタッフ達と一緒に今晩行うことになり、夕方の5時に町外れのマックス家の別荘に行く。 パチャマンカとはケチュア語で“大地の鍋”を意味するこの地方の伝統的な料理方法で、地面に掘られた大きな竈の中にアルミホイルで包んだ肉や魚(トゥルーチャ)、そして色々な種類のイモと豆を熱く焼いた沢山の石やユーカリの葉と香草と共に埋め、蒸し焼きにするパーティー料理だ。 別荘の庭にある専用の調理場でホスト役のロナウ達がしている仕込みから制作過程を皆で興味深く見学する。 地面に埋めた食材が蒸し上がる頃にマックスの姉のベロニカや昨年お世話になったコックのラウルも会場に現れた。 ピスコサワーで乾杯し、美味しい料理に舌鼓を打ちながら皆で楽しい時を過ごす。 肉や魚はもちろんのこと、サツマイモの甘さが絶品だった。 流しのフォルクローレの演奏が途中から始まり、打ち上げの宴はさらに盛り上がった。 これも全員がピスコに登頂出来たお蔭だろう。


献身的なサポートをしてくれたスタッフ達にチップを手渡す


B.Cで全員の記念写真を撮る


普段のペースで登山口のセボヤパンパのキャンプ場に下る


ワラスのホテル『コロンバ』


地面に掘られた大きな竈で石を焼く


食材にする色々な種類のイモ


アルミホイルで包んだ肉や魚を竈の中に埋める


竈の中から蒸し上がった食材を取り出す


ラウルと再会する


蒸し上がった料理(魚の下がレタスで巻かれた鶏肉と牛肉)


ピスコサワー


ピスコサワーで乾杯し、皆で楽しい時を過ごす


流しのフォルクローレの演奏で打ち上げの宴はさらに盛り上がった


山 日 記    ・    T O P